2018/03/21

稚鮎釣りとふきのとう

B_dsc_5326


稚鮎釣りに行ってきました。
茨城では春を告げる釣りの風物詩です。実は稚鮎、漁協によってまったく見解が異なっていて。。

茨城=合法
神奈川=違法

です。でも釣りすぎないという最低限のルールは守らないとね。

B_dsc_5324


朝6時。金丸釣具店。なんか自分3週間前も大洗に居た気がするんだけど。気のせいかしら。
仕掛けは地元で買った方がよく釣れるというのが持論。

B_dsc_5328


超一級の釣り場。場所の詳細は教えられないですが、大洗では稚鮎の沸き場として有名です。ヒントは某工場裏。

B_dsc_5330

群れにあたると一度に5~6匹釣れます。チカという別の魚(けっこうこれも美味しい)交じりでけっこうコンスタント
に釣れるんですが、近くでセイゴが跳ねたんだよね。それと同時に竿がギュンっとしなって仕掛け持ってかれた。そこで納竿。

B_dsc_5345


釣果稚鮎34尾。


B_dsc_5336

せっかくなので丸五水産さんで海鮮丼食ってきました。
おかしいな・・・3週間前もこの辺歩いていたような。デジャヴかしら。

その後昔釣りをした海門橋下のシーバススポットなどを偵察しながら那珂湊へ。

B_dsc_5338


B_dsc_5341


B_dsc_5342

那珂湊はあんこうづくしでした。あんこうの丸干しって初めて見た。てかあんこう1匹まるごと3500円で売ってるのはやっぱ那珂湊だけだなぁ。


B_dsc_5344

今回釣り用の真空パネルクーラーボックスを持ってきていたので、目光の干物とアジの干物を買ってきました。10枚入ってそれぞれ500円という安さ。


B_dsc_5348

釣った稚鮎はから揚げにしていただきました。スナック感覚で食べられる。ほろ苦さが最高です。


ほろ苦いつながりで。。。

B_dsc_5368


深谷の実家でふきのとうを収穫してきたので、そっちは天ぷらでいただきました。

B_dsc_5377

最近は食に対して季節感というのがなくなってきている時代。でもほろ苦い揚げ物とビールというのがどうも自分のDNAには刻まれているようで、そういった感覚は大事にしていきたいと思っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/18

ガルパンおじさんと行く大洗あんこう鍋ツアー(朝編)

B_dsc_5229


朝ハナ。

奇しくもこの大洗Blogは3部作になってしまった。
そのくらい書くことが多すぎて、どれから書いていいのかわからないのだ。
この「師匠のコラム」Blogは2004年から書き続けているが、3部作構成で書いたのは実に
穂高岳縦走以来である。

どれくらいの濃度だかおわかりいただけただろうか。

B_dsc_5226


大勘荘さんの朝食。しらす、納豆、めんたいこ(かねふくさん??)という地のものを生かした朝食。これだけ見れば一般的な分量の朝食だが。。

B_dsc_5227

でーん

朝からあんこう雑炊デース
昨日我々が食ったうち一つの鍋を残してあるのはここに理由がある。


B_dsc_5228


昨日の夜食べたのと比較するとあっさり目。でもこれが朝食にベスト。昨日飲んだ体に染み渡る。

B_dsc_5232

その後、街中へ再度繰り出し、GPOが究極のモブキャラのパネルを紹介。
「農業科」
こんなキャラいたっけ???


B_dsc_5236


ふとGPOがあいさつをすると、イベントスペースらしきところがあって中を見せてもらえることに。
もはや地元で顔の知れた人である。ガルパン麻雀大会なるイベントが行われていたらしい。

B_dsc_5234


B_dsc_5237

牌はちゃんと彫られていてモウパイもできる。
てか指の腹でプラウダの校章が把握できるのか(笑)!!
そして特殊な役があるそう。

「共産圏」
「廃校」

スタッフの方がおっしゃってました。「むしろどんどんツイッターで呟いてください。ここでこういったイベントをやっていることを広めてほしいんです。」

あ、この一言にすべてが凝縮されているなと思いました。

B_dsc_5242

その後大洗まいわい市場で買い物をして帰宅。

今回2回目だったので、ある程度耐性ができていてもう驚かないと思っていましたが、驚きどころか、ここまで大洗にガルパンが浸透しているのを見ると、これは自然なことなんだなと思うようになりました。
ただ、前もGPOが言っていましたが、これは大洗だからこそできる事だと。

美味しい食事と街歩き、実はフェリーも寄港できる大型港だが漁師町としての鄙びた感じ、「あんこう」という観光の目玉、実は東京から特急で1時間半で着ける利便性の良さなどのインフラが整ったうえでアニメと強調したことで、アニメの風景をリアルにトレースしている。そんなことを思いながら帰りました。

実は帰るときにちょっとトラブルがあって、乗ろうとした特急が運休になってしまった。僕らはGPOより先に大洗を後にしたのですが、GPOに電話したところ大混乱の水戸駅の中ですみやかに次の特急を手配していただきました。すさまじい速さのヘルプデスク対応でした。

これはよく鍛えられたGPO、つまりツアーガイドで大洗おじさん無しにはありえないツアーだった。2日間案内をしてくれた「あ●てな氏」に感謝。

またあんきも食いたい。来年も来よう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/10

ガルパンおじさんと行く大洗あんこう鍋ツアー(大勘荘:夜編)

B_dsc_5203


秋の日のヴィオロンのためいきの ひたぶるに身にしみてうら悲し 鐘のおとに胸ふたぎ 色かへて涙ぐむ 過ぎし日のおもひでや げにわれは うらぶれてここかしこ さだめなくとび散らふ落葉かな。

ノルマンディー上陸作戦の折、英BBCでこの「落葉」が3回流れたら開戦の合図とされたらしい。
俺たちが風呂から上がって部屋でまどろんでいるときに、なんか開戦の合図が聞こえたような気がしたんだ。

食堂に向かった我々は驚愕した。
そこにはまるでニミッツ級を彷彿とさせる学園艦船盛りが置いてあった。艦載機何機のってんだよ・・・

てか船首にアジがいるんですが見えない。
そのくらいホウボウとヒラメがでかすぎる。(ちなみにイカも乗ってます)

B_dsc_5204

大勘荘のあん肝。
このあん肝を食べたらもう都内の飲み屋であん肝食えなくなるよと事前に聞いていたが、これは大洗でしか絶対に食べる事ができないと確信しました。常温にさらすとオレンジ色のあんきもの脂の旨味が染み出してくる。これは捌いてすぐのあんこうでないと絶対にない。新鮮なあんこうなんてここでしか食えない。

口の中で溶ける。溶け味はチョコレートのよう。至高。すいません。語彙力がないのでうまく表現できません。
ガルパン的に言うなら
「あんきもはいいぞ」・・・って感じです。

B_dsc_5206

そして茨城の郷土料理「あんこうの共酢」です。いろいろな部位を湯引き?したものをあんきもとみそと酢をちょうどよいバランスで混ぜ合わせた「酢味噌」でいただくものです。ちょっと味噌を焼いてる?かな。余すところなくあんこうをいただけます。これを肴に日本酒だなぁ。なんて思っていたら。

「あるよ」

GPO改め大洗おじさんはさすが用意周到である。この肴にあう日本酒を事前に準備していた!細かくは書けないけどきちんと料理とのマリアージュも考慮している!

B_trdsc_5211


大勘荘マスターと談笑する大洗おじさん
背中には「WE NEED ANKIMO」の文字が。

B_dsc_5208

そして主力「あんこう鍋」の登場です。
そして予想以上に濃さを感じない味付け。優しい味で体が温まります。

だがこのあんこう鍋の真骨頂はこの後にある。

B_dsc_5212

あんきもを一つ残しておいて、それも鍋に。そしてつぶして濃厚な「あんこう雑炊」を作るのだ。
見てくださいこのオレンジ色の脂。


B_dsc_5213

ああ・・・旨いなぁ。
こんなにたくさん食べたのにまだ雑炊が入ってしまう。
ちなみに鍋は二つ出ていて、一つは晩飯の雑炊に。もうひとつは翌日朝食の雑炊に。
素晴らしい宿ですね。昨年行った肴屋本店さんもよかったのですが、
肴屋本店さんは「割烹」大勘荘さんは「漁師メシ」といった感じでしょうか。
これぞ漁師町で食べる料理といえます。本当に美味しかったです。


B_dsc_5215

夕食後、新劇場版で船舶課が集う「DONZOKO」のモデルとなったドルフィンさん(カラオケバー)に行ってみました。というか、GPOは行くべきベストの時間をすでに計算済み。行ったら残1テーブル(一つは予約済み)という。


B_dsc_5218

風紀委員長が閉じ込められていたトイレ。みんなでデッキブラシ持って便所掃除しようぜ。


B_dsc_5223

しかし客層が濃い。当初アニソン縛りかと思った。でも途中からBOOMとか歌いだして安心した。
安心して尾崎豊歌いました。

まさかここでテレビ版スパイダーマの歌を聞くとは。「チェンジ!やっぱうどん」とか言ってしまう自分たちもどうかと思いますが(笑)

まるでアキバに居るようだった。てか、アニヲタってみんな歌うまい。すげーメタル声が出る若者とかいてレベル高ぇ。
いや、ここは大洗だ。大洗。

しかしこれ、地元の人も来るから客層にも気を使いつつ。。

ダメです!ガルパニウム粒子が濃すぎてステージが見えません!

そしてどれくらい飲んだのかよくわからないまま、そしてシステムもよくわからないままドルフィンを出て大勘荘に向かうが、なぜかアントンさんとAyaタソが戻ってこない。
あれ?ということで急きょGPOが救出に向かい、ガソリンスタンド近くで無事保護。

良く鍛えられたGPOはガルパニウム粒子の濃い大洗のルートファインディングも完璧である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/03

ガルパンおじさんと行く大洗あんこう鍋ツアー(昼編)

B_dsc_5144

9月中旬。よく鍛えられたガルパンおじさん(以下GPO)から、1通のツイッターダイレクトメッセージを受け取った。
昨年に引き続き、大洗あんこう鍋ツアーやるから行かない?今度は大勘荘さんで。
2月の予定を9月に決める。そのくらい土日の大洗は厳しいってことか。

前回あまりの衝撃にほぼ1か月くらい脳にガルパニウムが残っていた。
だからさすがに2回目は驚かないと思ったんだ。

馬鹿め!2度も騙されるか!(だましてない)

ちなみに1回目はこれこれを参照。

ガルパンが何なのか、大洗が今どうなっているのかは上記を一度読まれたし。


B_dsc_5119

朝8時。上野駅。まさか早くもオレの脳にランディーローズが降臨し、クレイジートレインを歌い始めるのか!?と近寄ってよくみたら刀剣乱舞だった。

茨城はそっち方面でも魔境になりつつある。

B_dsc_5124

大洗のインフラガルパン化については前回のBlogにも記載したとおりだが、とうとうマンホールまでガルパン化していた。下水道まで進出。


B_dsc_5131

B_dsc_5127

まず我々は宿泊先の大勘荘さんに荷物を置かせていただきました。前回、今回のツアーを企画したよく鍛えられたGPOは2017年なんと60日を大洗で過ごしたとのこと。その約2/3を大勘荘で過ごしており、ゴルフバッグなども倉庫に預けている。もはや移住では?という話もしましたが、東京に仕事で通うのは不可能らしい。(試算済)
受付にガンダムの巨大プラモ(デンドロビウム)が置いてあった。ちなみになんでマジンガーZなのかというのも聞いてみたら大勘荘のマスターがマジンガーZ好きらしいです。

B_dsc_5128

大勘荘の看板犬「ハナちゃん」(女子)
実は僕イッヌ好きです。かわいい。

B_dsc_5136

注)とうふ屋です。外見アニメイトにしか見えない。

B_dsc_5137

海産物屋さんの中央にはねんどで作られた巨大なスーパーギャラクシーが置いてあった。
回りにおいてあるのはジェット燃料のドラム缶ではない。
たいみそと鰹の塩辛である。

B_dsc_5139


B_dsc_5142

昨年も訪問した肉の「ウスヤ」さんは隣の古い家がなくなっていてテントになっていました。そしてなんと、前回はなかったビールが販売されてました。揚げ物にビール。これは夢だね。しかもテントがいい風よけになって、これは長居しちゃうなぁ。
ここのハムカツは絶品です。

ちなみにうちらが居る間にサイクリストが同じようにハムカツを食べていたんですが、前はなかったサイクルラックがウスヤさんの横に据え付けられていました。ガーミンのサイクルコンピュータつけたバリバリのカーボンロード乗りでしたが、持っていたサコッシュに知波単の校章がついていたのを僕は見逃していない。

サイクリストGPOだった。


B_dsc_5156

大洗シーサイドホテルの横にはKV-2が撃った弾の跡がつけられてました。確か2017年春に別件(稚鮎釣り)で来た時にはなかったのでそれからアップデートされたのね。前は偶然ビニールシートがかかっていて云々の話があったけど、つまりホテル側もガルパンに乗ったのね。

B_dsc_5160

大洗のいわゆる一般的な観光地「神磯」まで来てみました。この日は海が穏やかで前回のような東映波ザッパーンという雰囲気ではなかったです。最近転落事故が2件起きているそうで、周囲に立ち入り禁止の看板が出ていました。磯釣りやる人ならわかるんですが、磯って猛烈に滑るんだよね。海苔みたいな海藻が岩の表面にあるから。あーいうところ歩くときはスパイクシューズがホントは必須なんです。


B_dsc_5148

そのあとホテルの中に入り、パネルやらお土産やらトイレやらを済ませているとき、フロントからビシッとスーツを着た若旦那が駆け寄ってきた。そして我々を引率する良く鍛えられたGPOに声をかける。

「あ●てなさん!まだケーキありますよ!」

すげぇぇぇ!名前呼ばれたぁ!!

これには本当に驚いた。まあもっとも本人が一番驚いていたが。
なんとバレンタイン企画で出しているケーキ(実は売り切れ直前だった)を出していただける超VIP待遇。もはやガルパンおじさんを超えた「大洗の名士」である。

昼にホテルでケーキなんてなんと優雅なセレブ時間。

だがBGMはなぜかあんこう踊り

シュールな時間。だがこのアンマッチさが良い。そしてこのケーキめちゃくちゃ美味しかった。

B_dsc_5171


B_dsc_5173

その後、カジマさんに行きズワイガニたっぷりコロッケをいただきました。カニ25g入ってるって。店頭で揚げたて状態でいただけます。タルタルつけ放題。
これはここでしか食べられないなぁ。

そう、いろいろ回っていて思ったんですが大洗の店の人もGPOも礼儀正しい人が多いよね。写真撮ろうとするとよけてくれたり良い写真が撮れるようにしてくれたり。いや、パネルだけの話ではなくて。


B_dsc_5182


B_dsc_5187


また少し歩いてヴィンテージクラブ「むらい」さんへ。ここはいわゆる酒屋さんなんですが横にカウンターがあるいわゆる「角打ち」スタイルのお店です。ギネスをいただきます。半地下にはワインセラーがあり、中を見せていただきました。

安いんだよ。意外と。しかも珍しいというかあんま見たことないワインが。1300円の赤ワインボトルとちょっとしたおつまみ。チーズ生ハム巻きをいただきます。ジャズを聴きながら過ごす優雅な午後。

だがちょっと視線を変えるとガルパンの色紙。横にはMG42機関銃。
アンマッチなのかこれが通常なのかよくわからなくなってきた。いや、きっと慣れたのだ。でもここのワインは美味しかった。


B_dsc_5189

次は普通のガルパンおじさんは行かないところへご案内します。ということで軽く丘を登る我々。動きやすい服装で来てくださいってのはこのことだったのか。


B_dsc_5191

なんと大洗を一望できる。なんという景色。こんな場所があったのか!これは普通のヲタは来ないな。
ガルパンではうさぎさんチームが打合せをしている場所らしいんだがそれはよくわからない。(覚えてない)
とにかくこの景色は歩いてしか来ることができない。知る人ぞ知るスポットというべきか。

その後山を下り、大洗で人気のビワミンを飲んだあとに宿である大勘荘へ。

実に10;00から17:00までの食べ歩き、だったが正直一つ言えるのは

ガルパン云々ではなく大洗観光

ということである。

そしてガルパンおじさんの進化系は

「大洗おじさん」

であることを理解した。きっかけはあくまでガルパンではあるが、大洗の隅から隅まで歩き倒さないとわからない、しかも自分の口にしないとわからない情報までがすべてインプットされているのだ。

そして大勘荘の夜を迎える・・・(夜編へ続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/02/25

家族スキー@上越国際スキー場

B_dsc_5029

上越国際スキー場に家族で行ってきました。
去年から家族で行くのは上越にしています。その前は宝台樹とか行っていたのですが、やっぱ宿の目の前がゲレンデなら酒も飲めるし、道もよく融雪など手入れされているし雪質よりコンフォート優先での選択。


B_dsc_5042


B_dsc_5036


湯沢着くとあいにくの天気でね。。猛烈な雨でした。
でもゲレンデついて滑り出すと雨も小雨になってきてだんだん天気も良化傾向。ちょっと滑ってメシ食って。といった感じです。
次女はスクールに入れました。教育はアウトソーシングするに限ります。
自分も昔石打のスクールでボーゲン卒業した覚えがあるのですが、やっぱりプロに教えてもらったほうが上達は早いですよ。当たり前だけど。

B_dsc_5063

長女は余裕で滑れるのでリフト乗って中級者コースへ。
そうしたらだんだん天気が晴れてきて、魚野川を見下ろす爽快な景色が広がりました。
これは気持ちいい。
雪質は雨上がりだから。。んー。まあアレですが。

B_dsc_5068

スキーつけてよちよち歩いていたのがスクールに2時間くらい入れただけでボーゲンもばっちりですよ。
しかも曲がれるようになっていて、これは少しびっくりした。


B_dsc_5070


夜は上越国際、レストランすべて飲み放題プランなのでビールやらオリジナルカクテルやら作れていろいろ遊べます。和食、洋食、イタリアン、中華など選べます(基本すべてバイキングです)

子供連れにはバイキングという選択肢は最適です。意外と地のものもあるので、楽しいですよ。


B_dsc_5088

2日目は午前中リフトに乗って林間コースなどを滑ってみました。一部20度前後の中級っぽいところがあるのでそこは次女担ぎで。それ以外は全く問題なかったです。

一応大別当コースが唯一の上級コースなので、長女、次女、まきおで下の初級コースをすべっている間に大別当コースを滑り降りてきました。昨日の雨が凍ってアイスバーンバリバリでした。ボーダーがかなりコケてました。

もう普通に娘たちが滑れるようになったので、来年は次女が中級を滑れるようになれば、リフト一人で乗ってガンガンいけるようになると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/21

新年登り初め。大山2018。

B_dsc_4885

朝7:35 大山ケーブルカー下バス停。
今まで高尾山→陣馬山縦走が年初登り初めでしたが、毎年ってのもなんか飽きた感があるので今年は大山に登ることに。
埼玉県民にはあまり馴染みがない丹沢なのですが、神奈川県民はほとんどの人が登ったことがある山だそうで。


B_dsc_4897


B_dsc_4900


最初のケーブルカーあたりまでは高尾ライクなお土産屋さんが立ち並ぶ観光地なのですが、途中男坂、女坂を選択するあたりから延々と石段を登る山道になります。これは大山阿夫利神社下社まで続きます。行は女坂を選びましたがそれでもかなりきっつい勾配の階段でした。(男坂は後述)

道中、七不思議など。
写真の仏像は弘法大師が道具を使わず爪を使って一晩で彫り上げたそうです。

B_dsc_4903


下社の茶屋に到着。ルーメソ。

B_dsc_4908


B_dsc_4917


B_dsc_4918


江戸時代、大山講といういわゆる大山詣でをする「講」という宗教を飛び越えたいわゆる「サークル」のようなものがあったそうな。その数なんと70万世帯。鉄道が発達するにつれその数は減っていったが、今でもその信仰はあるといわれています。整備されているとはいえ、その石段などもおそらく江戸時代に作られた石段が今でも残っているように思われます。きれいな石段ではないけど、まさに古代遺跡のような趣がありました。

そういえば下社の横に大きな「川越」って書かれた酒樽の巨大モニュメント(4メートルくらい?)があったので横に書かれている字をみてみたんだけど、埼玉県入間郡川越町って書かれてた。市制が引かれる前に来ていたんだなぁ。と。

大山って富士山に似てる。ひたすら登る山。尾根というものがない。

石段石段また石段。それを乗り越えた先に頂上がありました。

B_dsc_4925


B_dsc_4926


B_dsc_4927


B_dsc_4928


11時ごろにはもう山頂に到着していたのですが、ここからベンチ上は早くも各自の山飯が展開されます。(早速飲んでるし)
鴨肉のロースト、鍋奉行など。
自分はチキンカツカレーでした。(アマノフーズの限定品)フリーズドライだけどな!

B_dsc_4931


頂上は高校生部活ジャージ軍団に占拠されていたので飯くったあとに登頂記念写真撮影など。

B_dsc_4935


B_dsc_4940

下りは見晴台経由で下山。行とは違うルートだったんですが、ガスってたのが本当に残念でした。大山って整備されているから良いけど結構急峻な山で、ところどころ落石と崩落が見られました。都度直しているし金網などで整備しているけどこっちの見晴台経由は割と本気の山だなと。

登りは女坂でしたが下りは男坂で降りてきました。男坂は一段あたりの高低差が高く、しかも逆層スラブ状の階段なので、下りはすげー危ない。気が抜けない。階段下るのにこんなに汗かいたの初めてかもしれない。

16:30下山。けっこうゆっくりペースの登山でした。

B_dsc_4956

下山後は電車で町田に移動。馬肉の超有名店 柿島屋。事前にogrさんが予約していただいていました。
思ったより早くついたので先に入れるかどうか聞いてみたところ、予約時間に来てくださいとのこと。ビールが我慢できないこの人たちは某●高屋にてビール一杯で時間をつなぐ。みんなアルコール欲しさに腕がプルプル振るえてきたところで予約時間の18:30を迎える。


B_dsc_4948

馬刺し。店のオススメはわさび醤油で、とのことだったのでホントかなーと疑いながら一口口に入れたところ、理解。馬刺しというよりはマグロの赤身のようだ。臭みをごまかすニンニクや生姜は必要ない。
でもニンニク生姜を食べるとまた別に落ち着く(あーこの味だ)みたいなところが、やっぱりうちら庶民なんだなと思いました。


B_dsc_4951

サクラ鍋。野菜の隅でしゃぶしゃぶして食べる。少し赤身が残っているくらいが柔らかくてうまい。生卵をつけていただきます。肉2回も変えちゃったよ(金額が心配)

B_dsc_4953


〆はそば。いわゆる肉そばです。
隣の鍋は雑炊にしてました。どっちも旨い。

馬肉には赤ワインが合う。ついつい赤ワインが進んでしまいます。

B_dsc_4954


デザートは梅酒ゼリーでした。すっきりさっぱりしました。いやー柿島屋最高だなー。基本料金2950円からのスタートだから金額が怖ぇなぁ。よく飲むし食べるしこれは8,000円コースかなー、とか思っていたら5,000円ちょっとだった。え?安くね?

いや、満足でしょう。おなか一杯だし。しかも馬肉って脂身が少ないから胃もたれしないんだよね。良い肉だったし最高かよ。


ということで山というよりは肉か!という感じになりましたが、今年もまさに山と食欲という感じのスタートになりました。ビールの為に登るというスタンスは変わらない人たちなのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/03

あけましておめでとうございます

B_dsc_4792


あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

かつてはジャニーズカウントダウンライブを見ながら「おめでとうございます」なんてBlog書いていましたが、今となっては体力の限界というか、睡魔には勝てず紅白も最後まで見ることなく朝7:00までご就寝という43歳です。(今年で44)

今年は年末に長女がインフルエンザ、次女がウイルス性胃腸炎という散々な状況となり、娘たちは全く外に出られない年末年始となってしまいました。
DVD漬けの寝正月でありながら親は感染しないように神経質ともいえるくらいの消毒を繰り返しながらおせちを作ったり雑煮を作ったり大掃除をしたり・・・と家の半径数キロ圏内からほとんど出ないお正月3が日を迎えています。

実は昨年はお参りに行った際に「某D社との取引を増やして稼ぐ」という割と露骨なお願いをどこの寺社でもお願いしていたら、はっきり言ってその通りになりました。が、企業風土の違いや特徴あるご担当者さまなど裏目もあったのが事実です。

というか、新年のお参りは効きますね。

ということで今年は奇をてらわずに普通のことをしながら、健康に留意して稼ぐことをお参りしてきました。
あと、この年齢になると新しいことを覚えることをしなくなり、感覚の違うものに対して抵抗を持っていきます。

今年はどちらかというと自己投資というか、体づくりだったり知識の摂取だったり、そういうことにもどんどん取り組んでいきたいと思います。

あ、チャリも登山もよろしくお願いいたします。
(酒はほどほどに)

ということで今年もよろしくお願いいたします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/29

ふだん靴を買い替えた(遅記事)

B_dsc_4478


新旧靴並べてます

実は僕普段靴、トレランシューズを履いています。
トレランやんないけど。

でもトレランシューズって最強です。

・雨に濡れない(ゴアテックス)
・走れる
・かなり滑らない(グリップがある)
・軽い

実はふだん靴として履いていたニューバランスのトレランシューズのソールがすり減ってしまい、とうとう浸水するようになってしまった。早く買い替えなきゃと思っていたのです。


B_dsc_4475

最初メレル系のヤツを買おうかなと思ったのだが、石井スポーツ川越店でノースフェイスの旧カラーのものがいわゆるガレージセールで売られていました。たまたま通りかかっただけだったんだけど、試しにはいてみようかな、と思った。こういうのって出会いだと思ってます。履いてみたらジャストフィット!なんだろうこのフィット感。

僕はいわゆる甲高幅広ですから靴選びは大変なのです。

お金もってなかったんですが、すぐ銀行でおろして購入しました。


B_dsc_4477


ソールは信頼のビブラムソール。
休みのたびに履いていますが、とても気に入っています。快適。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/17

高水三山というより飯と酒

B_dsc_4621

去る12月9日。高水三山に行ってきました。
朝8:00 某ホモビデオで有名なIXBT駅をクールに出発。
アクエリアスを飲みながら腰に手をあて「あ~うめぇなあ!」
なんて言ってない。

ていうか寒い。


B_dsc_4635

登山道はどうも昨日雪が降ったらしく、ところどころ白い。そしてよく滑る。しかしいい天気です。風もないし最高。
何気に山登るの久しぶりです。

B_dsc_4641


B_dsc_4643

岩茸石山山頂は結構な人だかりでした。どうもツアーの人が2~30人いるらしく。話を聞いてみると下山後沢井ガーデンに行くような話をしていたから、ほとんど同じルートみたい。
山頂で軽食。

B_dsc_4652

自分の息と風の音しかしない。静かな山の中にいると心が研ぎ澄まされてきます。山はいい。


B_dsc_4656

下山後、恒例の東峯園で昼食。


B_dsc_4661


B_dsc_4663

かた焼きそばとチャーハン。かた焼きそば、太い麺とあんが絶品です。チャーハンも某●高屋などで出てくるようなチャーハンではなくどこか懐かしい、唯一無二のチャーハン。ちなみに酢豚も頼んだのですが、ここの酢豚にはきゅうりが入っています。


B_dsc_4666


B_dsc_4673


その後10分ほど歩いて沢井ガーデンへ。みんなどれだけ飲むんだという酒量。一升瓶5本あけるとか頭おかしい。

B_dsc_4674

ゆうゆうと流れる川を見ながら、豊かな時が過ぎていきます。


B_dsc_4682

その後有志で立川で2次会。
今流行のチーズダッカルビとか。いやー沢山飲みました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/04

入間基地航空祭2017

B_dsc_0281


今年も入間基地航空祭にやってきました。
1980年から毎年来ているので今年で僕にとっては37年目にあたります。ブルーもF-86セイバーの時代からずっと見続けてきました。

B_dsc_0005


毎年来ている僕は少しの変化も見逃さないのだよ。
みんなが展示機のF-15やF-2に気を取られているときに、基地から一番真逆の位置にとんでもないものを見つけた。YS-11EBだ。
(航空自衛隊で現在4機運用中のこの航空機は、日本の周辺国のレーダー電波、無線電波を収集するのが目的とされていますが詳細は一切非公開となっています)
もとは純国産旅客機YS-11だぞ。魔改造極まれり。

うおお国産コブラボール・・北朝鮮待ったなしだなと思った瞬間でした。

B_dsc_0076

毎年イキッてるT-4も今年はなんと7機編成。7機ってなんだよ。ブルーインパルスだって6機編成だぞ。と思ったら意味があった。ちょっと早いクリスマスツリーを表現したんだそう。教育係の彼らはもとF-4やF-104のパイロット達だ。じいさんパイロット達がクリスマスツリーを考えてこの編成を考えたと思うと感慨深いと思いませんか。


B_dsc_0159


B_dsc_0170

C-1。いよいよ見れなくなるかなと思いましたがまだ現役です。入間基地航空祭の醍醐味は輸送機によるアクロバット飛行にあると言っても過言ではありません。C-1は輸送機なので後方視界がほとんどありません。編隊飛行をやるにも相当なテクニックが必要と思います。つまり大型トラックでドリフトかましてるようなもんです。


B_dsc_0204


B_dsc_0318

B_dsc_4405


恒例のブルーインパルス。今回撮影したポジションがよかった。実は入間基地って南から北に離陸するのが常なんですが、今日は風向きの影響か北から南に向かって離陸なのね。スモークテストからずっと見ることができました。今年はまたほぼ無風だったのでスモークの残り具合と消え味も最高でしたね。

B_dsc_0364


B_dsc_0382


B_dsc_0403


B_dsc_0415


今回何がよかったって、戦闘機の離陸ポイントをしっかり抑えられたことですよ。いや今まで何者かに遮られて離陸するところってなかなか撮れないんだよね。今年は米軍ヘリの前に陣取ったんですが、まさにベストポジションでした。戦闘機の音は、ブルーインパルスと全く違います。あれこそ猛獣の咆哮です。まさに兵器。

惜しむらくは、自分、こないだ撮影した設定で「室内の状態」にしたまま一眼持ってきちゃったんだよね。外だと気が付かないんだこれが。いや、フルオートで撮ればよかった。あーでもフルオートにしちゃうと背景に照準があってしまったりと航空機撮るにはいろいろ不都合が・・

反省。航空機写真道も奥が深いのだよ。

今年はこういうイベントは晴れがなかったので、実はちゃんと飛んでいる戦闘機を見たのは今年最初で最後かもしれません。F-15のアフターバーナーも見れて、大満足でした。


B_dsc_4409


B_dsc_4408

最後に、米軍ヘリのパイロットが今年一番のナイスガイでしたよ。
子供たちに自作ペイントのメットをかぶせてあげてました。アメリカ人らしいサービス精神あふれる一コマでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ゼロから始めるミニベロ生活~バイクフライデー ポケットロケットに1年間乗ってみて