2017/10/21

ゼロから始めるミニベロ生活~バイクフライデー ポケットロケットに1年間乗ってみて

B_dsc_4112


バイクフライデー ポケットロケットが納車されてから1年と1か月が過ぎました。
土曜に自動車が使えなくなった自分にとっては最強の移動ツールとなったわけで、頼りにしているツールです。なんとなくこの1年で思ったことを。


B_dsc_3205


■輪行するなら間違いなくおすすめします、じゃ、ブロンプトンと比べてどうなのか。

上記写真は総武線、君津駅で撮影
バイクフライデーは限りなく分解に近いですが、かなりコンパクトになります。
よく比較されるのがブロンプトンですが、うちのお向かいさんがブロンプトン乗りでして、僕が思ったところをまとめると以下。

・ブロンプトンの良いところ
乗り心地が良いです。一瞬で畳めます。バイクフライデーは慣れた人で5分~10分。ブロンプトンは1分もあれば畳めます。そして畳むとバイクフライデーより小さい!

・ブロンプトンの悪いところ
パーツが専用の為、アップグレードはほぼ不可能と言ってよいといえます。
はっきり言って速度は出ません。とは言えミニベロ同士の比較の話です。クロスバイクよりかは早いですが。


・バイクフライデーの良いところ
速度がかなり出ます。巡行で25キロくらいは余裕です。物見山の高坂下りで時速51キロ出ました。はっきり言って原チャと同じです。また、パーツはロードバイクのパーツを使っているのでかなり応用が利きます。自分はシマノの105(ブレーキだけアルテグラ)を使っています。金さえあれば全デュラエース・・・やらないけど。

・バイクフライデーの悪いところ
畳むのは、はっきり言って分解です。ブロンプトンよりは時間がかかります。とは言え、700Cのロード分解するよりは圧倒的に早いです。ブロンプトンとロードの中間点にあります。乗り心地はブロンプトンのほうが良いと思います(個人的な意見です)そして、速さの裏返しなんですが、乗りこなすまでめちゃくちゃ怖い。慣れるまで時間がかかりました。

B_dsc_3412


■ロードバイクかミニベロか

性質がまったく違うので、この比較自体どうなんだと思いますが、全くロードバイクとは比べ物にならないくらい遅いです。ただ、ミニベロの世界では、バイクフライデーはおそらく世界最速レベルだと思います。効率よく遠くまで行くことができるでしょう。速さを求めないけど、携帯してできるだけ遠くまで旅したいという人には最適だと思います。
人に抜かれてストレスを感じる人は700Cのロードバイクを買ってください。僕は入間川サイクリングロードでバリバリ抜かれてます(笑)


■ミニベロの特徴

前述したとおりタイヤが小さいので、衝撃がほぼ吸収されないまま体に伝わります。これは相当疲れます。また、ハンドルがクイックなので「ちょっと乗ってみてもいい?」と言うことで他人に試走してもらうとほぼ100%の人が「よく運転できますね。怖くないですか?」「このチャリ超怖ぇ!」という反応をされます。
また、ロードバイクが惰性で進んでいく所も、小径車はまったく転がらないです。途中で止まってしまいます。つまり、こぎ続けないといけないということです。これはかなり疲れます。
登り坂は最強に苦手です。箱根登った時は幾度となく足をつきました。ミニベロで箱根はもう行かない(笑)


ただし、畳んだら小さいので、電車で邪魔とかなんか言われたことはありません。
ちなみに畳んだ時の本体保護具は全て100均で買っています。ハンドルポストのカバーにはメガネケースを使ってます(笑)クランク部分の保護具は家具用の椅子ソックスをつかっています。


B_dsc_0865


■結局どうなのよ

んじゃ結局どうなのよ?という話ですが、僕はこの自転車を買った理由がありました。
僕は鉄道の旅行が好きで、昔福井に一人で旅行に行ったことがあったんです。夜行で福井まで行って永平寺から東尋坊、東尋坊からあわら温泉を経由して福井に戻り、夜行で帰ってきました。
バスの乗り継ぎが死ぬほど大変なんですよ。そして観光地は割とぎゅう詰め。そして本数がない。バス1時間半待ち・・・とか。その時間を削れればもっといろんなところに行けるのに。。と常々思っていました。
小豆島に行った時もそうです。土庄港でフェリーの到着の関係でバスを逃してしまい、次のバスまで2時間30分。徒歩で2時間かけて宿まで行った記憶があります。

携帯できる移動手段があれば・・・

バイクフライデーはまさに夢のようなツールです。上記の要望をすべてかなえることができます。もちろん荷物にはなりますが、重量10キロ以下です。
近所の輪行の場合は片道の交通費を浮かせることもできます。自転車で行って電車で帰ってくることができれば旅行全体のコストダウンにつながります。

速さを求める人には向かないと思いますが、遠くに旅行をする人には良い、というのが僕の結論です。もちろん総額27万円(円ドルレートによって違う)は決して安い買い物ではないですが、燃料が自分の脂肪と炭水化物で速くて遠くまで行けるなんて、なんて素晴らしいんでしょう。

ということで、買ってよかったな。と思っています。

速度が出るので安全には絶対注意ですね。自動車に乗っている人は自転車(しかも小さい)だと思って交差点とか平気で右折してくるので。

まあ安全には気をつけつつ、これからもこいつを使ってミニベロ生活を楽しみたいと思っとります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

輪行で行く!富岡製糸場

久々に山行って呼吸したいなぁと思っていた9月の土日。
子供連れて山に行こうかなと思ってましたが、
「卒園した幼稚園の運動会でおともだちと走りたい」というご意見があり
予定がまったくフリーになってしまった中年アカウントがここにいます。

B_dsc_4205


どんな低山だろうと絶対に一人では山に登らないのが僕のポリシーですので、急きょアテのない旅に。
本当に何も考えずに川越駅でポケットロケットを展開していると
「哲郎、森林公園行きに乗りなさい」というメーテルの声が聞こえた。

お金もあまり持っていなかったので、片道500円くらいで行けるところはどこだろう・・・と見ていたら、寄居という字が見えた。あ、とりあえず寄居行くか。


B_dsc_4206


寄居から少し自転車を走らせていると「富岡」という字が見えた。あー254号か。つまり川越街道。川越街道をまっすぐ行くと群馬だもんなー。36キロくらい。ちょうどいいかな。と思い、一路富岡へ。

B_dsc_4209

地味に長い登り道。でも寄居を過ぎるとあっという間に高崎なのね。
寄居から児玉に入ると左側に赤城乳業の工場(平日は工場見学を受け付けしています)や、クリアクララ(クレヨンしんちゃん)の工場があります。

右に赤城の広大な裾野、左に榛名、さらに左に浅間と妙義、荒船。群馬三山を一望できる風景。家がなかったらたぶんめちゃくちゃ美しい景色なんじゃなかろうか。と思いながら上信電鉄沿いに富岡を目指す。

B_dsc_4211

14時、富岡製糸場到着。突然観光地が現れた感ある。富岡製糸場のまわりはお土産やさんが沢山あり、観光バスが次々とくる。チャリで来ると、一ついいことがあります。それは駐車場の入場待機列に並ばなくてよいことです。さっさと停めて鍵を2か所つけ、入場。

入場しようとチケットを買ったが、価格設定がおかしい。大人1,000円 子供250円。
たぶんこれ、子供が進んで「あたし富岡製糸場行きたい!」なんて言わないよね。富岡製糸場よりは群馬サファリパーク行くでしょ。なので端から子供の価格設定なんてあってないようなもんなんじゃないかな。(個人的な意見です)

B_dsc_4212

時間を見ると、14:30からガイドツアーの受付。こういう工場見学モノってただダラダラ見るより、ガイドがあったほうが絶対楽しい。よく美術館とかでもイヤホンマイク貸与してくれて、ガイドを流してくれたりするサービスあるけど絶対この方が楽しいのでみなさんやってみてね。

※実は博物館とか巡るの好きです。


B_dsc_4214

日本では2か所しかないフランドル積み(フランス積み)と呼ぶらしい。確かに2段目と3段目のレンガの長さが違う。これが長年この建物を維持してきた秘訣の一つらしいですよ。間はセメントでなくて漆喰で固められている。


B_dsc_4216

なんと縦の柱と梁は木材が使われているそうです。柱はなんでも妙義山から伐採してきた杉の柱が使われていて、屋根の全重量を杉の柱が支えているという特殊な構造。この柱が衝撃吸収をしてくれるおかげでレンガ部分も維持してくれているそうです。これはガイドいなかったらわからないよねぇ


B_dsc_4220


織機というと「トヨタ」というイメージが強いですが、富岡製糸場の機械は日産製らしいです。正確には日産の全身「プリンス」製らしいですが。

B_dsc_4221

工場内はトラス構造を取っており全体的に明るいです。理由は、電気のなかった時代に数ミクロンの糸を見分ける作業をするには外の明かりが必要だったわけで。という理由などきいていてもなるほどねーと思いました。ちなみに今の9:00-17:00の労働時間の基礎を作ったのはこの工場(所説あり)らしいです。

いやーガイド楽しかった。200円払う価値あります。富岡行った際にはぜひおすすめします。


B_dsc_4226

実は寄居でスマホを見ていたときに、富岡に永井食堂の「もつっこ」が売っているという情報をキャッチしていまして。最近輪行する際にはクーラーバッグ持っていくようにしているので、持ち帰りも問題なし。ということでお土産買いました。(オレしか食わないけど)


B_dsc_4228


B_dsc_4229


帰りは日和りました。上信電鉄。
吉井駅近くで時刻表見たら、あと15分で電車出る。そのあとは45分後。
駅まで10分、畳み時間5分という超緊急対応でしたが、やればできるもんですね。初めての5分畳み成功です。日々の練習の甲斐がありました。

電車は元西武線。萌え列車でした。

B_dsc_4230


高崎からは快速で大宮まで。始発なのでグリーン車のいい座席が取れおつかれビィィィル。
輪行だと、疲れたら電車に乗るし、動きたいところは自転車で移動するというメリットがあるので旅の自由度がめちゃくちゃ上がります。

これが僕がバイクフライデー・ポケットロケットを買った理由です。

バイクフライデーの「フライデー」は別に金曜日という意味ではなくて、ロビンソン・クルーソーに出てくるフライデーから来ています。

"BIKE FRIDAY"の名は、「ロビンソンクルーソー漂流記」に登場する
キャラクターで愛すべき親友であり、有能な相棒である"Man FRIDAY"から
着想を得て初期の協力者ポール・ムーアによって提案されました。

これからもよき相棒といろいろなところに行ってみたいですね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/01

山フェス@ばるきど

B_dsc_4152


「目の前の山に登りたまえ。山は君の全ての疑問に答えてくれるだろう」
ラインポルト=メスナー

今、自分の目の前に登山口がある。ここは東神奈川と東白楽の中間地点。今年になって移転したきっちんばるきどだ。

B_dsc_4134

中に入ると、そそり立つ槍の穂先ならぬマグナムボトルの倍はあろうスパークリングが待ち受けていた。
そう、今日は有志による集まり「山フェス」である。神奈川と水道橋の山と酒が好きな連中が集まった。というわけだ。いや、厳密には山というか、アウトドア全般。かな。


B_dsc_4161

最高の酒とスペイン料理。まさに代表格の「アルボンディガス」だ。だがこれに収まらない。これを・・・


B_dsc_4162


パスタに乗せて食うという!なんという贅沢品。

僕はばるきどに来るたびにマスターのayaタソにいろいろ料理を教えていただくのだが、今回は不思議な味のサラダドレッシングの作り方について聞いたのだ。サバ缶の汁と醤油、オリーブオイルと生クリームで作るんだって。今度やってみようかしら。

B_dsc_4164

ビンゴ大会が行われました。これがハズレ無し。びっくりするほどハズレ無し。
の中で、

メスティンいただきました!!
(超大当たり)

しかもただのメスティンではない。バリを取った後にブラックアルマイトで加工した特注品だ。世界に2つしかない。使うのがもったいないなと思いつつも、製作者から使ってみてインプレッションをどこかで書いてほしいとのこと。ありがたく使わせていただきます。

諸事情により自分は一次会で退席となりましたが、楽しい時間と最高のお酒、最高の料理をいただきました。
あの費用でこれだけのものは食えないよなぁ。

主催者のnaoさんとシェフayaタソには感謝です。本当にありがとうございました。

また第二回も是非やりたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/17

横田基地日米友好祭2017(後編)

B_dsc_0113_2

当日朝。
実は当日朝までオレはドナルド・トランプを信じていた。

朝一で飛ぶブルーインパルス。これは実は横田基地のイベントで飛んでいるわけではないのだよ。
八王子市の市制●●周年のイベントらしいですよ。

牛浜駅から続く列に並ぶ。前に横田に来たのは確か2014年だった。混んでいるのは確かだけど前ほどの混雑は感じられない。どうも自衛隊小松基地の基地祭とも被っており自衛隊の戦闘機もほとんど来ないらしい。

でも、 僕は前向きにとらえようと思いましたよ。
こういう時こそ地上展示をじっくり見るのだ。
そして輸送機の魅力を見出すのだ。

B_dsc_0121


そんな僕の思いを汲んでくれたのか、珍しいものを見る事ができました。
C-130のプロペラヴェイパーです。LCLA(Low-Cost,Low-Attitude)の資材投下をじっくり見れました。

ただし

航空自衛隊だがな(白目)

B_dsc_4087


今回の目玉、RQ-4グローバルホークです。無人偵察機で、現在北朝鮮方面の偵察が行われています。離陸と着陸は横田基地から遠隔操作で行いますが、それ以外の飛行についてはアメリカ本国から操作しています。よくイラクとかで使われている無人攻撃機MQ-9リーパーと勘違いされる人がいますが、RQ-4はあくまで偵察任務だけで武装はありません。

上部にエンジンがつけられるのは、射出座席がないからです。独特な形状ですよね。のっぺり。そして翼端がめちゃくちゃ長いです。


B_dsc_0141

奥のほうに旅客機が駐機していて、その前に通常配備のRQ-4が止まっていたので比較してみましたが、旅客機の翼より長い。グライダー性能を生かして偵察任務にあたるこの航空機の特徴が出ていますね。


B_dsc_4066


今年は銃火器の展示がとても充実していました。なんと触らせてくれます!乗らせてくれます。やっぱりいろいろ中止になった影響から考えてるんだろうな・・・と米軍のサービス精神というか、そんなところを感じました。

実はコックピットにも入らせてくれるんですが、いつもより待機列は短かった気がします。

B_dsc_4059


ほかにも軍用犬の展示など、模擬銃撃戦をやってました。空砲ガンガン撃ってましたがぜんぜんビビらないのね。ワンコ凄い!

いろいろ地上展示をじっくり見ました。それはそれで楽しかったよ。


さ、一通り見たら、アメリカンフードタイムだ。

B_dsc_4093


ビイイイイイイル。これができるのが米軍基地祭の醍醐味。

B_dsc_4094


B_dsc_4100


途中アントンさん(鹿島から!)と合流し、食いながら航空機展示エリアとお店のエリアを物色。
途中でukmメンバーのT.Kawakami氏と鳩村氏にもお会いする。

チーズナチョスはちゃんとチリビーンズ使ってて美味しかった。(手がべちょべちょになるけど、アメリカ人はそんなの関係ねぇ!)
ターキーレッグもザ・肉って感じで美味しかった。どこぞの肉フェスの肉より美味い気がする。なんだろうこの独特の味付け。

B_dsc_4095


色水。
いや、ゲータレード。もう何とも言えない色の飲み物だらけです。
某氏から「トイレマジックリン」との指摘が。たしかに。

B_dsc_4102


アントンさんも謎の飲み物を買ってました。緑茶With GINSENG and Honey その名もアリゾナ。


B_dsc_4101


ほかにも謎お菓子。アメリカ人おそるべしです。
ファットなメニュー。全部食ってたら確実に太ります。一通り見終わって、16時前に撤収しました。

当初の目的とだいぶ変わってしまいましたが、これはこれで楽しかった。空いてたし。日差しもきつくないし。この記事を書いている今日、つまり9月16日、17日と2日間で行ってますので、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。
珍しいもの見れますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横田基地日米友好祭2017(前編)

B1b_lancer_2


9月第三週は仕事で忙しく憂鬱な毎日を送っていた。
そんなある日何気なくツイッターのTLを眺めていたら、あるキーワードが。
横田基地でB-1Bランサー展示

マジか!三沢で展示とは聞いていたが・・・
俺が幼稚園の時ビッグワンガムで作ったアレだ。ていうか爆撃機が東京上空を飛行するなんて胸が熱くなるな。一生のうちにこんな機会が訪れるとは・・・

だが、俺は展示機一覧を見逃さなかった。

AH-1Z
・・・

マジか!


Composite_training_unit_exercise_co

これは行くしかない。こないだ配備されたRQ-4無人偵察機は当然見れるものと思っていたが、まさかここまでの超絶ラインナップとは!

wkwk止まらないまま迎えた金曜日の朝。「あー早く今日終わらねーかな。そうすればランサーが待っている」
川越市発の東上線に乗り込んだ。しばらく走ってふじみ野を超えたあたりだろうか。

「北朝鮮が日本に向けてミサイルを発射し、Jアラートが・・・」

Free_l


また撃ったのか。。。いよいよ本気で始まるんじゃないか。いや待てよ。明日の横田は大丈夫か??

TLを見ると

グアムからB-1Bが出発したらしいんだけど引き返した
F-2が三沢に帰った
オスプレイの横田基地展示中止
A-10の横田基地展示中止


ええええええええええ


台風の影響という意見もあるが、これは間違いない
北朝鮮のミサイル発射の影響だ。


俺はこの日ほど黒電話頭のあのカリアゲデブを恨んだ日はない。
俺のこの43年間の夢をたった一発のミサイルでブチ壊しにしやがった。絶対に許さねぇ。

後編に続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/10

富士火力演習2017

今年も富士総合火力演習に行ってきました。
今年は例年と違い、リハーサル(土曜)の開催を見に行く機会がありました。
全体の流れは例年と特に変わっていません。つまり島嶼防衛です。

そういえば今年はプレミアムフライデーを取得して御殿場に前泊して火力バスで行きました。

B_dsc_0097

今回の目玉は16式機動戦闘車です。通常の車輪に105㎜ライフル砲を積んだ、74式の代替でC-2で空輸することを想定しているそうです。動き早い。さすがに撃たなかったけどね。


B_dsc_0099

あとはAAV7(水陸両用輸送車)ですね。これもブンブン走り回ってました。一般的にこういう車両って動き遅いような勝手なイメージありますが、相当早いですよ。

B_dsc_0047

ほかはほぼ同じメニューです。
迫撃砲飛んでいくとこ撮れた。


B_dsc_0050

時々霧になる。


弾着ーーーー 今っ

今年は航空機(回転翼を除く)が1機も飛ばなかったのが残念でしたが、毛が逆立つような音圧を今年も感じることができて大満足でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/16

過食道‐伊豆2泊3日

B_dsc_3747

混むと思って夏休みを少し前に取ったのだよ。(仕事が大変でしたが)
今年も伊豆に向かうことにしました。今までは素泊まりで自炊コースだったんですが、昨年泊まった宿で大量の虫刺されにあってしまい、今年は金にいとめをつけず海近くの比較的綺麗で食事の美味しそうな宿を選択しました。


B_dsc_3749

前々日に台風が来て、中央道大月IC付近で土砂崩れ。普段なら2時間で着くはずの沼津に5時間以上かかって到着。てか圏央道で厚木までウチから夜中なら40分で着くってのに圏央道が渋滞ってありえねぇだろ。

沼津でまずは腹ごしらえ。結構お高かったのでカサゴのから揚げをシェア。これで十分。
二度あげしてるんですが、バリバリに砕ける。揚がり方が最高だった。

ここから伊豆縦貫道をひたすら南に向かう

B_dsc_3755


B_dsc_3758


B_dsc_3761


16:30頃に伊豆松崎に到着。伊東園松崎ホテル。早速海ビイィィィル。
夕焼けに照らされた海っぺりに足湯があり、ゆったりと過ごせる宿でしたよ。


B_dsc_3759

卓球をやろうと思ったんですがあいにく予約ですべて埋まっていて次に空くのが夜10時とか。なのでエアホッケーやりました。どうでもいい話ですが、私だーたかはエアホッケー超得意です。人生過去4敗しかしたことありません。(高校の時毎日やってた)


B_dsc_3765


B_dsc_3767

伊藤園松崎ホテルの何がいいって、アルコール飲み放題、寿司と刺身食べ放題という異常っぷりです。質はまあ確かにファミリ‐向けホテルのバイキング感ありますが、地元名産の塩鰹を使ったうどんや茶漬けなど、やはり地のものを使った料理がふんだんで自由に作ることができます。楽しい。


B_dsc_3774

さんざ食ったら眠くなり、気づいたら朝状態でした。朝5時から恒例の散歩です。てかこの港、世界の中心で愛を叫ぶのロケ地なのね。

着いた瞬間にこの港アオリイカ釣れそうだなーと思ってましたがやっぱりいた。てか子イカだらけじゃないかこの港。これは秋エギ持ってきたら爆釣するんじゃないか。イカ。


B_dsc_3778

朝食もやり放題です。ただ洋食のバイキングは少なめ。お茶漬けが楽しいですよ。漬けが別皿であったので漬けにだし汁をかけてお茶漬け作ってました。


B_dsc_3797

2日目は毎年来ている海、岩地海水浴場に来ました。大型車が絶対入れない海で荒らされていない。西伊豆のコートダジュールと呼ばれているウチにとってはお気に入りの海です。シュノーケリング。イカやら2メートル近いウツボやら、真鯛やらを見ました。
(あんま有名になりすぎると困るんですけどね)


B_dsc_3783

目視で魚が見れるところってじつはあんま無い。沖縄の本島くらいの透明度あるし、ルリスズメダイなんかの南洋系の魚も多くみられます。

B_dsc_3802


B_dsc_3803


B_dsc_3804


自分はサビキ釣りで小物と遊んでました。
ネンブツ鯛 キタマクラ ミツボシクロスズメダイ・・・
「念仏 北枕 黒雀」 縁起でもねぇ・・・さすがお盆ですね。すべてリリースしました。
沖合に投げサビキやってる人がバカスカ鯵を釣ってました。てか持って帰っても食えないからやらなかったけど釣り場としても超一級です。

そのあと、雲見温泉に向かい、民宿とみやさんにお世話になりました。
この夏休みに一泊9,720円です。(大人料金ね)


ちょっと海から離れたところにありますが(と言っても10分以内ですけど)
ここはまさに過食道の極みです。色々泊まってきたけどこの量は自己新記録です。


見たまえこの量を!

B_dsc_3808

船盛と伊勢エビのグラタンとカニとカサゴから揚げ(被った)と・・・

B_dsc_3810

超特大キンメの煮つけ。直径60センチくらいの相撲取りが飲む盃あるでしょ、あれに乗ってる・

ふえーと思って圧倒されてましたが

これだけじゃない。

B_dsc_3814

サザエのつぼ焼き(宿泊デフォルト料理)


B_dsc_3816

鯛しゃぶ(宿泊デフォルト料理)


普通に考えて船盛り4人前だけで6000円くらいしそうだ。イセエビが1匹2500円×4人分 鯛しゃぶで2,000円 
キンメも3,000円くらいしそう。ご飯食べ放題だし。宿泊費なんてあってないようなもんなんじゃないかこれ。

B_dsc_3818

締めに鯛しゃぶ雑炊。

娘たちがなかなか食わないので娘の分も食ってたりしましたが無事撃破しました。背中まで胃で圧迫されるぐらい腹いっぱいになりました)

朝食もすごいのです

B_dsc_3819

地物鯵が刺身と干物と両方楽しめる。そして意外と美味しかったのが、ひじき。ここのひじきは別格ですね。ご飯に乗せると最高です。昨晩あんなに食ったのに食えるのか??と思いましたが案外食えるもんです。

これまた娘が温泉卵とか食わないので僕が丸呑みしました。

過食道ここに極まれりですね。やばい。運動しないと。

と思ったんですがちょっと諸事情あって海水浴はせずにお土産を買いながら帰宅することになりました。
まあ2日目に海水浴できたからOKなのですがもうちょっと寄っていきたかったねぇ。と心残りもありつつ。

B_dsc_3825

ひもの


B_dsc_3826

おおき牛乳のミルクプリンなど


いやホントよく食った伊豆旅行だった。体動かさないとなぁ。山に登ったり自転車乗ったりしないと・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/28

横田基地までチャリで行ってきました

B_dsc_0013

バイクフライデー購入してからというもの、週末は結構横田基地行くんですよね。
アメリカ製のチャリに乗って16号を走ると絵になります。
個人的な趣味として、航空機の写真を撮るというのがあるので。
スーパーギャラクシーがお出迎えです。
スーパーギャラクシーでけぇ。

最近は北朝鮮情勢が緊迫化しているのでいろいろな航空機が見れるようになりました。

B_dsc_0023


B_dsc_0025


今回の目的はA-10サンダーボルトです。
おそらく現代で最強の航空からの陸戦兵器です。そう、この兵器は第二次世界大戦のハンス=ウルリッヒ・ルーデル(ドイツの。。。まあ凄すぎるのでググってください)の監修により制作された航空機。ルーデルはスツーカ乗りです。

これが今の日本で見れるとは・・・北朝鮮待ったなしです。

実はこれ以外にはグローバルホーク(無人偵察機)も見たかったんですがさすが夜討ち朝駆けの偵察機はどうしtも見れませんね。

B_dsc_0035

横田基地といえばC-17ですがこれもタキシングから離陸まで見ることができました。
横田基地までウチから1時間でチャリ走らせれば着くので、いろいろウォッチしていきますよー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チャリ酒部隊発足記念ライド(房総:2日目)

B_dsc_3279


4時32分。日の出。
基本的に自分は早起きなのだよ。釣り人としては目の前の地磯が気になって仕方ない。
昨日のアイドルBBQは完全に片づけが完了していた。でもプロデューサーの方?犬連れてた。は自分が4時32分に起きた時にはすでにゲストハウス前に来ていた。アイドルもすごいけどプロデューサーさんはもっとすごい。

B_dsc_3285

大変きれいな水質。めちゃめちゃクリアです。ロックフィッシュなんか狙って穴釣りとかしたら、追っている姿も見えそうだ。手前側ならタイドプールもいっぱいあるので磯遊びもいいかも。

B_dsc_3288

ルアーマン1名 イシダイ狙い2人 磯竿でコマセ投げながらサラシの浮きを眺めている人2人(のち3人)
足場は結構いいんだけど波高いしライフジャケットとスパイク必須です。
妙義山の天狗のひょうていを思い出す。あんな岩肌。

B_dsc_3293

アイドルたちが7時過ぎに出ていくのをテラスから見送って我々も出発。千倉港でパンとコーヒーを。
千倉港は朝市をやってました。

千倉港はとなりに炭焼きBBQが用意してあり、1皿50円でとなりに売っている食材を焼いて食うことができる。うーん。朝からBBQか・・・って感じなので後にします。


B_dsc_3296


B_dsc_3297


道の駅ローズマリー公園。シェイクスピアの生家を模した香りをコンセプトにした道の駅みたい。そうそう。房総は4キロから5キロおきに道の駅がある。休憩場所には困らない。

勝浦までいくか安房鴨川までにするか。。などいろいろ話あって、結局安房鴨川を目的地とすることに。

B_dsc_3298


B_dsc_3300

このあたりはくじらが有名。
シロナガスクジラの巨大骨格標本や捕鯨砲など。入場無料!

海岸線沿いに走ってみると、いやいるいるサーファーの数。


B_dsc_3302


B_dsc_3308

道の駅鴨川で地元天草で作ったところてん120円。これも美味しかった。

ところてんって進んで買わないけどこれは何とも美味しい。
上に載っている磯海苔もあいまって酢醤油が疲れた身体に効く。


B_dsc_3310

鴨川シーワールド前にあるかんぽの宿鴨川でお風呂。11時40分着。

この時間から風呂入っている人も少ないので写真を撮りましたが、オーシャンビューでよい風呂です。700円。ほかが1200円とかなのでかなりお安くいけます。


B_dsc_3312

その後安房鴨川駅前で自転車を畳みながらビール!お疲れさまでした。
かなり余裕綽綽プランではありましたが、泊まりのそこそこの距離走ったのは初めてだったのでいろいろ課題も見えました。

今まで大洗やら近所やらいろいろ行きましたが、着ていく服をいろいろ考えないとね。どれだけコンフォートにできるかどうかが今後のポイントかな。

サイクルジャージ以外で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チャリ酒部隊発足記念ライド(房総:1日目)

B_dsc_3205


水道橋立ち飲みのukmで密かに進行していたチャリ酒部隊。にも書いたけど、発足から早半年。

そろそろいい時期になってきたのでどこか行くかねーということで房総に発足記念ライドに行ってきました。

ま、つまりやりたいことは輪行です。そして酒。

ただしこのチャリ酒に参加するうえで一つだけ厳しい会則がありますそれは・・・

「飲んだら踏むな 踏むなら飲むな」です。


B_dsc_3208

君津駅で合流し、JR内房線浜金谷駅にて自転車を展開します。


B_dsc_3213

ミニベロ隊
くりさんのKHS P-20と自分のバイクフライデー ポケットロケット


B_dsc_3214

hgsさんのRALEIGH

B_dsc_3219

まずは道の駅保田小学校へ。ここは小学校をリメイクして道の駅にした施設。なんと調理実習室で自炊もできるし泊まれる。安い。温泉もあるという。どうも最近できたばかりのようで、観光バスがひっきりなしに来ていました。


B_dsc_3226


B_dsc_3229


続いて釜新肉店へ。ここは乃木坂の女の子が激推しの店らしく、そこらにサインやらがありました。

てか・・・

ここのイカメンチは史上最高ですね。黒コショウがきいていて。ビール飲みてぇ!!

房総グルメやばいです(言語障害)

B_dsc_3236

内房のルートはけっこうトンネルがあって怖い。ライト必須。
続いて道の駅枇杷倶楽部富浦でびわソフトをいただきました。枇杷の味全面というよりどちらかというとクリーム味のあるソフトクリームですね。これまた美味しいです。


B_dsc_3245


B_dsc_3242

その後福喜庵さんで昼飯

てかナニコレ。刺身定食をいただいたのですが一人で食えるボリュームじゃない。アジの刺身なんかゼイゴ切って半身そのまま刺身にしているし、カツオとかもぶつ切りにしているんだけどかなり厚みがある。
くりさんはこれのことを「千葉切り」と言っておりました。確かに東京方面では見ない厚切りの刺身ですね。

ノンアルで乾杯。さすが「踏むなら飲むな」を徹底。

房総グルメやばいです(2回目)

B_dsc_3252


B_dsc_3258


その後房総フラワーロードを走り、海沿いに千倉まで。宿は千倉のゲストハウス「遊房」

右側がずっと海。しかも白浜のあたりは長い下りで気持ちがいいです。道がもう少しよければさらに良いんですが、こればかりは砂浜の侵食などもあるから仕方ないですね。

B_dsc_3256

とりあえずビィイイイイイル

あー死ぬほど美味い。

宿の1階がカフェテリアみたいになっています。普段は17時までだそうですがこの日は何やら特別来客BBQがあるらしく夜も店をあけるそうです。この特別来客が何なのかはあとで知ることになるんですが。

このゲストハウス一泊3000円で素泊まり。なんですが、近くに温泉があってそこに500円で入れる(もちろん宿風呂も利用可能。こっちは温泉じゃないけどそこそこ広いですよ)
目の前オーシャンビュー。結構でかい地磯があって釣り人が見える。

その向こうには結構な数の船が見える。

お店のマスター(あとでこの辺の居酒屋やら割烹旅館など複数経営している社長だと知る)に聞いたところこの宿の目の前の海は北米に向かう船の航路になっているらしく、大きい船が列をなしているそうです。

そして、ここの究極サービスは・・・

白浜市街地にある居酒屋まで送迎をしていただけます!

予約時間よりちょっと早めですがマスター直々に送迎。

板前料理 きよ都さんへ


B_dsc_3259

板前料理というとなんだか高そうと思いますが普通の居酒屋の価格帯です。


B_dsc_3262

鯵のなめろう。普通なめろうと言うと味噌と生姜とたたいた魚をまぜた料理というイメージがありますが、このなめろうはほとんど味噌を使っていません。しかもお酢でいただくという。
このなめろうに僕は完全にノックアウトされました。鯵の風味をダイレクトに味わえる全く違った料理に見えます。


B_dsc_3263

続いてワラサかま塩焼き。ワラサというといわゆるブリですからね。しつこい感じかと思いきや、意外とさっぱりした味。


B_dsc_3265


そしてキンメダイの煮つけ。これがまたもうね・・・

このトリプルで早々に臨界に達しました。日本酒に移行です。

B_dsc_3266

酒がすすみます。
房総グルメやばいです(3回目)

B_dsc_3269


やたら海女さん推しの店内。半分ヌードカレンダーのようになっている海女さんのポスターが昭和味のある居酒屋さんっぽくって雰囲気良いです。


B_dsc_3274

歌って踊って拾って潜れる社会貢献アイドル「ホワイトビーチ
いわゆる地場アイドル。

帰りの送迎車の中に貼ってあったので、思わず写真を撮ったら
運転手さんから「今日ゲストハウスでBBQやってるのこの子たちです」と。えぇぇマジか。しかも宿泊らしい。

写真撮ってないけど確かにいた。歯磨きしているときにすれ違った。

外ではアイドルがBBQ。我々は何故かパットメセニーを聴きながら部屋飲み。潮騒の音とパットメセニーがなぜかよく合う思い出のサン・ロレンツォ、いやここは房総。外ではアイドル。駄菓子をつまみながら酒を飲む。

B_dsc_3277

てか、いかベーコンってなんだよ。そもそも烏賊はベーコンじゃねぇよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«船橋三番瀬潮干狩り(もはや漁)