2017/08/16

過食道‐伊豆2泊3日

B_dsc_3747

混むと思って夏休みを少し前に取ったのだよ。(仕事が大変でしたが)
今年も伊豆に向かうことにしました。今までは素泊まりで自炊コースだったんですが、昨年泊まった宿で大量の虫刺されにあってしまい、今年は金にいとめをつけず海近くの比較的綺麗で食事の美味しそうな宿を選択しました。


B_dsc_3749

前々日に台風が来て、中央道大月IC付近で土砂崩れ。普段なら2時間で着くはずの沼津に5時間以上かかって到着。てか圏央道で厚木までウチから夜中なら40分で着くってのに圏央道が渋滞ってありえねぇだろ。

沼津でまずは腹ごしらえ。結構お高かったのでカサゴのから揚げをシェア。これで十分。
二度あげしてるんですが、バリバリに砕ける。揚がり方が最高だった。

ここから伊豆縦貫道をひたすら南に向かう

B_dsc_3755


B_dsc_3758


B_dsc_3761


16:30頃に伊豆松崎に到着。伊東園松崎ホテル。早速海ビイィィィル。
夕焼けに照らされた海っぺりに足湯があり、ゆったりと過ごせる宿でしたよ。


B_dsc_3759

卓球をやろうと思ったんですがあいにく予約ですべて埋まっていて次に空くのが夜10時とか。なのでエアホッケーやりました。どうでもいい話ですが、私だーたかはエアホッケー超得意です。人生過去4敗しかしたことありません。(高校の時毎日やってた)


B_dsc_3765


B_dsc_3767

伊藤園松崎ホテルの何がいいって、アルコール飲み放題、寿司と刺身食べ放題という異常っぷりです。質はまあ確かにファミリ‐向けホテルのバイキング感ありますが、地元名産の塩鰹を使ったうどんや茶漬けなど、やはり地のものを使った料理がふんだんで自由に作ることができます。楽しい。


B_dsc_3774

さんざ食ったら眠くなり、気づいたら朝状態でした。朝5時から恒例の散歩です。てかこの港、世界の中心で愛を叫ぶのロケ地なのね。

着いた瞬間にこの港アオリイカ釣れそうだなーと思ってましたがやっぱりいた。てか子イカだらけじゃないかこの港。これは秋エギ持ってきたら爆釣するんじゃないか。イカ。


B_dsc_3778

朝食もやり放題です。ただ洋食のバイキングは少なめ。お茶漬けが楽しいですよ。漬けが別皿であったので漬けにだし汁をかけてお茶漬け作ってました。


B_dsc_3797

2日目は毎年来ている海、岩地海水浴場に来ました。大型車が絶対入れない海で荒らされていない。西伊豆のコートダジュールと呼ばれているウチにとってはお気に入りの海です。シュノーケリング。イカやら2メートル近いウツボやら、真鯛やらを見ました。
(あんま有名になりすぎると困るんですけどね)


B_dsc_3783

目視で魚が見れるところってじつはあんま無い。沖縄の本島くらいの透明度あるし、ルリスズメダイなんかの南洋系の魚も多くみられます。

B_dsc_3802


B_dsc_3803


B_dsc_3804


自分はサビキ釣りで小物と遊んでました。
ネンブツ鯛 キタマクラ ミツボシクロスズメダイ・・・
「念仏 北枕 黒雀」 縁起でもねぇ・・・さすがお盆ですね。すべてリリースしました。
沖合に投げサビキやってる人がバカスカ鯵を釣ってました。てか持って帰っても食えないからやらなかったけど釣り場としても超一級です。

そのあと、雲見温泉に向かい、民宿とみやさんにお世話になりました。
この夏休みに一泊9,720円です。(大人料金ね)


ちょっと海から離れたところにありますが(と言っても10分以内ですけど)
ここはまさに過食道の極みです。色々泊まってきたけどこの量は自己新記録です。


見たまえこの量を!

B_dsc_3808

船盛と伊勢エビのグラタンとカニとカサゴから揚げ(被った)と・・・

B_dsc_3810

超特大キンメの煮つけ。直径60センチくらいの相撲取りが飲む盃あるでしょ、あれに乗ってる・

ふえーと思って圧倒されてましたが

これだけじゃない。

B_dsc_3814

サザエのつぼ焼き(宿泊デフォルト料理)


B_dsc_3816

鯛しゃぶ(宿泊デフォルト料理)


普通に考えて船盛り4人前だけで6000円くらいしそうだ。イセエビが1匹2500円×4人分 鯛しゃぶで2,000円 
キンメも3,000円くらいしそう。ご飯食べ放題だし。宿泊費なんてあってないようなもんなんじゃないかこれ。

B_dsc_3818

締めに鯛しゃぶ雑炊。

娘たちがなかなか食わないので娘の分も食ってたりしましたが無事撃破しました。背中まで胃で圧迫されるぐらい腹いっぱいになりました)

朝食もすごいのです

B_dsc_3819

地物鯵が刺身と干物と両方楽しめる。そして意外と美味しかったのが、ひじき。ここのひじきは別格ですね。ご飯に乗せると最高です。昨晩あんなに食ったのに食えるのか??と思いましたが案外食えるもんです。

これまた娘が温泉卵とか食わないので僕が丸呑みしました。

過食道ここに極まれりですね。やばい。運動しないと。

と思ったんですがちょっと諸事情あって海水浴はせずにお土産を買いながら帰宅することになりました。
まあ2日目に海水浴できたからOKなのですがもうちょっと寄っていきたかったねぇ。と心残りもありつつ。

B_dsc_3825

ひもの


B_dsc_3826

おおき牛乳のミルクプリンなど


いやホントよく食った伊豆旅行だった。体動かさないとなぁ。山に登ったり自転車乗ったりしないと・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/28

横田基地までチャリで行ってきました

B_dsc_0013

バイクフライデー購入してからというもの、週末は結構横田基地行くんですよね。
アメリカ製のチャリに乗って16号を走ると絵になります。
個人的な趣味として、航空機の写真を撮るというのがあるので。
スーパーギャラクシーがお出迎えです。
スーパーギャラクシーでけぇ。

最近は北朝鮮情勢が緊迫化しているのでいろいろな航空機が見れるようになりました。

B_dsc_0023


B_dsc_0025


今回の目的はA-10サンダーボルトです。
おそらく現代で最強の航空からの陸戦兵器です。そう、この兵器は第二次世界大戦のハンス=ウルリッヒ・ルーデル(ドイツの。。。まあ凄すぎるのでググってください)の監修により制作された航空機。ルーデルはスツーカ乗りです。

これが今の日本で見れるとは・・・北朝鮮待ったなしです。

実はこれ以外にはグローバルホーク(無人偵察機)も見たかったんですがさすが夜討ち朝駆けの偵察機はどうしtも見れませんね。

B_dsc_0035

横田基地といえばC-17ですがこれもタキシングから離陸まで見ることができました。
横田基地までウチから1時間でチャリ走らせれば着くので、いろいろウォッチしていきますよー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チャリ酒部隊発足記念ライド(房総:2日目)

B_dsc_3279


4時32分。日の出。
基本的に自分は早起きなのだよ。釣り人としては目の前の地磯が気になって仕方ない。
昨日のアイドルBBQは完全に片づけが完了していた。でもプロデューサーの方?犬連れてた。は自分が4時32分に起きた時にはすでにゲストハウス前に来ていた。アイドルもすごいけどプロデューサーさんはもっとすごい。

B_dsc_3285

大変きれいな水質。めちゃめちゃクリアです。ロックフィッシュなんか狙って穴釣りとかしたら、追っている姿も見えそうだ。手前側ならタイドプールもいっぱいあるので磯遊びもいいかも。

B_dsc_3288

ルアーマン1名 イシダイ狙い2人 磯竿でコマセ投げながらサラシの浮きを眺めている人2人(のち3人)
足場は結構いいんだけど波高いしライフジャケットとスパイク必須です。
妙義山の天狗のひょうていを思い出す。あんな岩肌。

B_dsc_3293

アイドルたちが7時過ぎに出ていくのをテラスから見送って我々も出発。千倉港でパンとコーヒーを。
千倉港は朝市をやってました。

千倉港はとなりに炭焼きBBQが用意してあり、1皿50円でとなりに売っている食材を焼いて食うことができる。うーん。朝からBBQか・・・って感じなので後にします。


B_dsc_3296


B_dsc_3297


道の駅ローズマリー公園。シェイクスピアの生家を模した香りをコンセプトにした道の駅みたい。そうそう。房総は4キロから5キロおきに道の駅がある。休憩場所には困らない。

勝浦までいくか安房鴨川までにするか。。などいろいろ話あって、結局安房鴨川を目的地とすることに。

B_dsc_3298


B_dsc_3300

このあたりはくじらが有名。
シロナガスクジラの巨大骨格標本や捕鯨砲など。入場無料!

海岸線沿いに走ってみると、いやいるいるサーファーの数。


B_dsc_3302


B_dsc_3308

道の駅鴨川で地元天草で作ったところてん120円。これも美味しかった。

ところてんって進んで買わないけどこれは何とも美味しい。
上に載っている磯海苔もあいまって酢醤油が疲れた身体に効く。


B_dsc_3310

鴨川シーワールド前にあるかんぽの宿鴨川でお風呂。11時40分着。

この時間から風呂入っている人も少ないので写真を撮りましたが、オーシャンビューでよい風呂です。700円。ほかが1200円とかなのでかなりお安くいけます。


B_dsc_3312

その後安房鴨川駅前で自転車を畳みながらビール!お疲れさまでした。
かなり余裕綽綽プランではありましたが、泊まりのそこそこの距離走ったのは初めてだったのでいろいろ課題も見えました。

今まで大洗やら近所やらいろいろ行きましたが、着ていく服をいろいろ考えないとね。どれだけコンフォートにできるかどうかが今後のポイントかな。

サイクルジャージ以外で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チャリ酒部隊発足記念ライド(房総:1日目)

B_dsc_3205


水道橋立ち飲みのukmで密かに進行していたチャリ酒部隊。にも書いたけど、発足から早半年。

そろそろいい時期になってきたのでどこか行くかねーということで房総に発足記念ライドに行ってきました。

ま、つまりやりたいことは輪行です。そして酒。

ただしこのチャリ酒に参加するうえで一つだけ厳しい会則がありますそれは・・・

「飲んだら踏むな 踏むなら飲むな」です。


B_dsc_3208

君津駅で合流し、JR内房線浜金谷駅にて自転車を展開します。


B_dsc_3213

ミニベロ隊
くりさんのKHS P-20と自分のバイクフライデー ポケットロケット


B_dsc_3214

hgsさんのRALEIGH

B_dsc_3219

まずは道の駅保田小学校へ。ここは小学校をリメイクして道の駅にした施設。なんと調理実習室で自炊もできるし泊まれる。安い。温泉もあるという。どうも最近できたばかりのようで、観光バスがひっきりなしに来ていました。


B_dsc_3226


B_dsc_3229


続いて釜新肉店へ。ここは乃木坂の女の子が激推しの店らしく、そこらにサインやらがありました。

てか・・・

ここのイカメンチは史上最高ですね。黒コショウがきいていて。ビール飲みてぇ!!

房総グルメやばいです(言語障害)

B_dsc_3236

内房のルートはけっこうトンネルがあって怖い。ライト必須。
続いて道の駅枇杷倶楽部富浦でびわソフトをいただきました。枇杷の味全面というよりどちらかというとクリーム味のあるソフトクリームですね。これまた美味しいです。


B_dsc_3245


B_dsc_3242

その後福喜庵さんで昼飯

てかナニコレ。刺身定食をいただいたのですが一人で食えるボリュームじゃない。アジの刺身なんかゼイゴ切って半身そのまま刺身にしているし、カツオとかもぶつ切りにしているんだけどかなり厚みがある。
くりさんはこれのことを「千葉切り」と言っておりました。確かに東京方面では見ない厚切りの刺身ですね。

ノンアルで乾杯。さすが「踏むなら飲むな」を徹底。

房総グルメやばいです(2回目)

B_dsc_3252


B_dsc_3258


その後房総フラワーロードを走り、海沿いに千倉まで。宿は千倉のゲストハウス「遊房」

右側がずっと海。しかも白浜のあたりは長い下りで気持ちがいいです。道がもう少しよければさらに良いんですが、こればかりは砂浜の侵食などもあるから仕方ないですね。

B_dsc_3256

とりあえずビィイイイイイル

あー死ぬほど美味い。

宿の1階がカフェテリアみたいになっています。普段は17時までだそうですがこの日は何やら特別来客BBQがあるらしく夜も店をあけるそうです。この特別来客が何なのかはあとで知ることになるんですが。

このゲストハウス一泊3000円で素泊まり。なんですが、近くに温泉があってそこに500円で入れる(もちろん宿風呂も利用可能。こっちは温泉じゃないけどそこそこ広いですよ)
目の前オーシャンビュー。結構でかい地磯があって釣り人が見える。

その向こうには結構な数の船が見える。

お店のマスター(あとでこの辺の居酒屋やら割烹旅館など複数経営している社長だと知る)に聞いたところこの宿の目の前の海は北米に向かう船の航路になっているらしく、大きい船が列をなしているそうです。

そして、ここの究極サービスは・・・

白浜市街地にある居酒屋まで送迎をしていただけます!

予約時間よりちょっと早めですがマスター直々に送迎。

板前料理 きよ都さんへ


B_dsc_3259

板前料理というとなんだか高そうと思いますが普通の居酒屋の価格帯です。


B_dsc_3262

鯵のなめろう。普通なめろうと言うと味噌と生姜とたたいた魚をまぜた料理というイメージがありますが、このなめろうはほとんど味噌を使っていません。しかもお酢でいただくという。
このなめろうに僕は完全にノックアウトされました。鯵の風味をダイレクトに味わえる全く違った料理に見えます。


B_dsc_3263

続いてワラサかま塩焼き。ワラサというといわゆるブリですからね。しつこい感じかと思いきや、意外とさっぱりした味。


B_dsc_3265


そしてキンメダイの煮つけ。これがまたもうね・・・

このトリプルで早々に臨界に達しました。日本酒に移行です。

B_dsc_3266

酒がすすみます。
房総グルメやばいです(3回目)

B_dsc_3269


やたら海女さん推しの店内。半分ヌードカレンダーのようになっている海女さんのポスターが昭和味のある居酒屋さんっぽくって雰囲気良いです。


B_dsc_3274

歌って踊って拾って潜れる社会貢献アイドル「ホワイトビーチ
いわゆる地場アイドル。

帰りの送迎車の中に貼ってあったので、思わず写真を撮ったら
運転手さんから「今日ゲストハウスでBBQやってるのこの子たちです」と。えぇぇマジか。しかも宿泊らしい。

写真撮ってないけど確かにいた。歯磨きしているときにすれ違った。

外ではアイドルがBBQ。我々は何故かパットメセニーを聴きながら部屋飲み。潮騒の音とパットメセニーがなぜかよく合う思い出のサン・ロレンツォ、いやここは房総。外ではアイドル。駄菓子をつまみながら酒を飲む。

B_dsc_3277

てか、いかベーコンってなんだよ。そもそも烏賊はベーコンじゃねぇよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

船橋三番瀬潮干狩り(もはや漁)

B_dsc_3168

潮干狩りはスポーツである。

これは断言できる。居そうなところをみつけてしゃがんで掘る。移動してしゃがんで掘る。つまり知らないうちにスクワットをしているのと同じ。翌日の筋肉痛ハンパないです。(穂高岳登山から帰ってきたときと同じくらい)
運動もでき、自然も満喫しながら食材もゲットできるというなんという効率の良いレジャーなんだろう。

ということで今年もやってきました船橋三番瀬。都内で一番安い潮干狩り場だが、潮干狩りというのは当然潮の満ち引きに大きく左右される。
釣りやっている人ならわかると思いますが
ゴールデンウイークはいわゆる若潮~中潮の時期で、潮干狩りには適さなかったんだよね。

で、GW翌週を狙いました。

この日の三番瀬は11時から14時までが営業時間。
だけどすごく混雑するのがわかっていたので、朝6時に家を出て7時ごろには船橋にいました。
この日は7時30分に駐車場開場して8時40分には満車だったそうです。

B_dsc_3169


B_dsc_3172

潮干狩り場は柵で仕切られているんだけど、実はその手前でも結構アサリとかいるんだよね。会場が空く前から実は始めることができます。アサリ、ハマグリ、シオフキなど。会場があく前にこの成果。


B_dsc_3174

天気がそんなに良いわけでもなかったので、意外と寒い。チケット売り場の前に地元漁協がホンビノス屋さんをだしていたので、ホンビノスの味噌汁。

ホンビノスって何?っていう方。

クラムチャウダーの中に入っている貝。日本ではアサリなどで代用していますが海外では正式にはホンビノス貝を使います。
もともと外来種で海外の漁船についてやってきて、最近東京湾で繁殖しているらしい。(ここ船橋の特に河口付近でとれるみたい。ハマグリやアサリと生息域が違うため競合しない。しかもでかい。砂抜きが簡単と良いことばかりのようですよ)


B_dsc_3177

さすがに開場となると混んできました。この日はボーイスカウトの団体やらふなっしーやらが来ていたらしく、バスツアーの人も交じって長混雑となりました。貝より人のほうが多いんじゃね?


B_dsc_3183

貝以外の干潟の生物も観察できて楽しいですよ。カニもいました。(なんてカニだろうか)


B_dsc_3187

1時間半ほど掘って約5キロのアサリとハマグリとシオフキをとりました。
船橋三番瀬は計量で金額を算出するのですが、実は裏技があります。
この船橋三番瀬はネットが1枚800円で売っています。1キロ入るとのふれこみですが、実際は1.5キロくらい入る。
しかもこのネットを持っていると計量をパスできるのです。

このネットにスーパーの詰め放題ばりにアサリを詰め込むのです。3袋で4.5~5キロくらいいけますよ。お試しあれ。

味噌汁、ボンゴレ、リゾットと大活躍食材です。
ハマグリは焼いて醤油でいただきました。

最初ハマグリとシオフキの違いがわからなかったんだけど、
家帰って砂抜きをして、あ、これがシオフキね。というのがわかるようになりました。シオフキは美味しいんだけど砂が抜けなくてね。

そして翌日筋肉痛になりましたとさ。(地下鉄の階段がきつい!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

森林公園で次女の自転車練習

B_dsc_3102


ゴールデンウイークは森林公園行ってきました。ネモフィラが綺麗です(一部だけどね)
そう、東武東上線の終着駅。

深夜。飲んで帰った時に最も憂慮すべき森林公園行きの列車。
「哲郎、森林公園行きに乗りなさい」 メーテル

それはいいとして・・・

自転車ネタが続きますが、次女補助輪無しで自転車乗れるようになったものの、フラフラしたりブレーキが適切に使えなかったり。
近所乗り回しててもなかなか上達しないし、自動車も多いし危ない。
小学一年生になったわけですから自転車もちゃんと乗れないとね。ということで森林公園に自転車練習に行くのが真の目的です。

ふつーに自転車乗りに行くといってもたぶん頑固な次女は首を縦に振ることはない。
そこで使った餌がこれだ。


B_dsc_3101

リルリルフェアリルスタンプラリー
このイベントを餌にして森林公園に行くことに。

自分はバイクフライデー積んで車で行きました。
自転車乗車中の写真はないけど、さすが自転車専用道路。トンネルもあるし森林地帯を自転車で走るのはかなり気持ち良い。ロードの人も何人かいた。

リルリルフェアリルの力を借りたとはいえ、次女も結局7キロ近く自転車に乗って相当レベルアップしたのが自分でも実感できたみたい。7キロというのはかなり自信になったようです。

B_dsc_3107

この日はものすごい晴天で暑いくらいでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

終着地点はやはり酒だった(奥多摩までサイクリング)

B_dsc_3016

最近土日は車がつかえない。
なぜかというと娘たちのバレエ送迎で車を使うのだよ。
実は自分がバイクフライデー買ったのはそういった事情もあるのです。
かつ、中学生高校生の女子がいるバレエ教室に行くわけにもいかず。
そんな中、急にお向いさんと放置状態が重なったので
どっか行く?という話になった。お向かいさんはいわゆる筋金入りのブロ(ブロンプトン)乗りだ。

青チャリ2台のあてのない旅。

軽く話しあった結果、奥多摩にある沢井ガーデン(おいだーたか何度も行ってるやろ!)にチャリで行くことに。ここは利き酒ができる。もちろん帰りは電車に積んで帰ってくるという。輪行前提。

B_dsc_3017


B_dsc_3018

入間川サイクリングロードから八高線の金子駅周辺を通って青梅に抜ける。

うちから青梅までって1か所だがものすごい激坂があるのだ。
飯能と入間の間。武蔵野音楽大学のあたりなんですがね。これがきつい。小径車は坂が大の苦手です。
ヒーヒー言いながら坂を超えると酒饅頭やさんがあったのでちょっと寄り道。1個食べる。
意外と塩気がきいていて旨い。

青梅って酒饅頭が有名なのね。


B_dsc_3022

東青梅付近でちょうど12時くらいになったので根岸屋さんへ。
ここはカレーうどんが有名みたい。


B_dsc_3019

これは確かにすさまじいボリューム。
TOKYO‐Xのカレーうどん。表面張力でカレーが浮き上がっている。てかうどん見えない。

実はこれ以外にもカレー丼うどんという、うどんを食うと下に米が入っているという狂気のメニューがあるらしい。
カレーうどんはクリーミー感のあるカレーに食べごたえのある強コシのうどんで確かにこれは人気メニューだなと。

しかしさすが青梅。登山客が結構多い。サイクリングの人も何人かいた。

B_dsc_3024

東青梅から沢井ってそんなに大した距離ないのね。しかも青梅線って結構登る印象あったけど実はそんなにアップダウンはきつくない。武蔵野音大の横の坂に比べたら・・・もうね。14:00前には沢井ガーデンに到着しました。


B_dsc_3023

個人的にはここの「蒼天」が好きです。

沢井ガーデンは前にも書いたけど、1回おちょこつきでお酒を頼むと二杯目からは100円引き。そうすると酒の種類によっては1杯100円で飲める究極のせんべろ。帰りは沢井駅にて自転車をたたみ、帰宅しました。

自転車で輪行すると電車賃片道になるのでいろいろ安く行けます。

このパターンは近所のサイクリングでも実践していきたいと思っとります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/23

高尾山すき焼き会

B_dsc_2937


金曜夜。22時に会社から帰宅。
まず玄関をくぐる前に家の裏に植えてあるネギを収穫。
それから家に入る。

おもむろに天井裏にある収納から38リッターのザックを取り出し、レインウェアを詰める。
白滝をゆでる
ハサミで切ってタッパーにつめる。

朝4時

B_dsc_2938

きっと毎年4月に川越線と中央線でこの恰好を見たら100%僕です。
よく八王子駅で乗り換えをするときに聞かれます。
ザックの大きさから行くと、北アルプスでも行くのかという仕様だ。

「どちらまで行かれるんですか?」

「ハイっ 高尾山です!」

B_dsc_2940


午前7時に登り始める。自分は先遣隊で陣地確保。


B_dsc_2943


8時半に一丁平到着。2テーブルを確保しましたが20分もしないうちにテーブルが満席に。
みんな弁当持ってきているね。花見っぽい人もいる。
ほかの登山者の視線が痛い。みんな早く来てー。


B_dsc_2954

こーちゃん、なお氏、ogr氏続々到着。
「いやま゛っ↓てたよぉ!」
なお氏はおもむろにバーテンの服に着替え始める。
何がはじまるんです?

B_dsc_2960

人が来るたびにどんどん酒の量が等加速度的に増えていく。
登山道歩く人がみんな見ていく。すさまじい酒量。


B_dsc_2968

自分が持ってきたネギを焼き始める。
牛脂がないので酒で焼く。てかこれつまみでいいんじゃね?


B_dsc_2971


今回のコンセプトはうけもち登山部とばるきど登山部のセッション。
ばるきどシェフのAyaタソからは大量のつまみを持ってきていただけました。
全備重量22キロというのも頷けます。
毎回Ayaタソにはいろいろ教えてもらうんだけど、今回はとんぶりの使い方をいろいろ教わりました。
そして長芋のゆかり漬け。これが美味しいんだ。

B_dsc_2972

メインのすき焼きが始まります。肉の量2キロ。
ていうか、みなさんよく見てください。
登山用バーナーではありません。ガスコンロです。
担いで持ってきました。

肉2キロでも食っちゃうんだなこれが。
何よりすき焼きの匂いがすごいのだ。
朝9時から14時くらいまで飲んで食って飲んで食って。


B_dsc_2974

要救発見です!

B_dsc_2975

前の週に作ったニジマスの燻製を持参しました。日本酒につるすと絵になります。
もちろんスモークチーズとクリームチーズ、クラッカーも持参しました。


B_dsc_2982

最後はうどんと雑炊に。うどんは食えないかなと思ってましたが、ものすごい食欲ですね。
山という環境がなせる業なのだろうか。

このうどんと雑炊がね、なんとも言えない味。いや、美味しい。何だか知らないけどスパイシー。たぶん同じもの作ってと言われてもできないと思う。和と洋とアジアっぽさが加わった独特なおいしさでした。

15時に完全撤収。

でも飲み足りない人たちは、下山後居酒屋に。みんな本気か。


B_dsc_2985

このザックの量。

ちなみにすき焼きはなんと一人あたりたったの2,000円。
居酒屋は倍額以上でした。(よく覚えていない)

酒場vs酒場

そもそも何を戦っているのかよくわからないが。

みんなバカです。(褒めてる)
大人が本気で遊んでいるのは本当に楽しい。

なおさんのBlogにも細かく書かれているのでこっちもチェック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/22

もくもく作戦です!

B_dsc_2890


実は川越水上公園釣り場解放デーというのがありましてな。
川越水上公園は冬はプールがルアー専用の釣り堀になっているんですが、4月中旬になるとプールへの変更を余儀なくさせられるため、釣り方は餌釣りだろうとなんでもいいので釣ってくださいという日があるのだ。

12:30から整理券配布。先着100名。自分は86番目だった。

B_dsc_2891

ブドウ虫って20匹しか入っていないでしょ。で、あまりに釣れ過ぎるのでまさかと思ってブドウ虫の巣(段ボール)に針をつけて水に入れると・・・


B_dsc_2892

トップウォーターで食ってきた。そりゃそうだよね。普段ペレットしか食ってないんだから。

じゃぱりまんしか食っていないセカイにカレーを与えるとこうなる(意味深)


B_dsc_2893

釣果120%よ。By蝶野教官
ニジマス31匹・・・さてどうする。

「あとには退けない戦いです!」

そうだ、燻製にしよう。それなら一週間はもつ。

B_dsc_2894


急ぎソミュールを作ります。
ソミュールっていうけど実はそんなに難しくない。1リッターあたり150グラムの塩と半量(だいたい70グラム)の砂糖を入れて煮立たせ、さませばよいのだ。ローリエとシナモン、クローブあたりはあればよいけどウチにある何らかのスパイスやらハーブでよい。なくてもよい。マジックソルトでもいいかも。

B_dsc_2897

冷ましたソミュールに約12時間つける。まあ10時間程度であれば適当でいい。夜寝る前につけて、起きたら仕込みは完了。ここからが重要。

燻製の成否は「塩抜き」にある

本当は流水で2時間、ニジマスに直接水が当たらないように流しっぱなし・・・(マニュアル通り)
なんて出来るか!!水だってタダじゃねーんだから。

ということで、タッパーに水を張り、ニジマスをつけます。30分ごとに水をジャーっと流して新しい水に入れ替える。これを30分ごとに6回繰り返す。3時間塩抜き。このテクニックは昔ベーコンを作ったときに身に着けた。

塩抜きが終わったら乾燥。だがこの日雨。

必殺アイテムがある。それがピチットシート。

B_dsc_2898

これは浸透圧で外に水分だけ排出するという優れものシートなのだ。ちょっと高いのが玉に傷ですが、これにくるんで冷蔵庫に入れておくと水分が抜けて身がしまってくる。
冷蔵庫に4時間。


最後は風乾。まだ雨やまないので風呂場につるして風をあてる

B_dsc_2901


いい絵だ。

風乾2時間。なんでこんなに乾かすのかというと、水分が残っていると燻煙が身につかずに流れてしまうんだよね。水分で。乾かすのも結構重要。

まとめると

ソミュール漬け10時間
塩抜き3時間
ピチットで乾燥4時間
風乾2時間と、計19時間が経過。


お、外が晴れてきた

もくもく用意!


B_dsc_2904

燻製はいぶす時間なんて全体の工程の中でほんの少しなのさ。ナラのスモークウッドで3時間燻煙しました。


B_dsc_2907


B_dsc_2911


もう勝利の予感しかしない。黄金色のオーヴァードライブ。
(それは山吹色)
いっしょにファミリアチーズも燻製しました。

じつは燻してすぐ食えるわけじゃない。木酢液みたいに酸っぱい。
まあ食っちゃうんだけど。

3日後くらいが一番おいしい。

B_dsc_2936

3日後、ほぐしたニジマス燻製をクリームチーズと一緒に。

パーフェクト!!

これはパーフェクトアイドルの登場です。


C8uglfyuaaaz20y


パーフェクト!!

まあそれはいいとして、ニジマスムニエルとか塩焼きとかありますが、ぜひ釣れ過ぎたときは皆様も燻製にもチャレンジしてみてください。絶品料理になりますよ!
ただキャンプとかだと1泊だと製造時間が厳しいかな・・・2泊あればなんとか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

次女入学式

B_dsc_0068


さて、だいぶ会社からのアクセスも落ち着いてきたから書き始めるかね。
(みなさん業務内に見ないでね)

さて、去る4月10日に次女の入学式でした。
次女は深谷のばあばに買ってもらったキャメルのランドセルです。

キャメルバッグ

B_dsc_0049

長女のおさがりで申し訳ないのですが、AKBみたいな服着て登校です。

長女の担任の先生はかなりベテランでやり手ですね。(僕より若いと思いますが)幼稚園児からの移行をスムーズに惹きつける、まさに掴みを大事にしていて親も「これなら安心できる」と思いました。

まあ入学式泣き出す子もあり、授業途中で立ち上がってどっかいく子ありと一年の担任って大変だなと。(ごめんなさい他人事みたいで)

B_dsc_0108

恒例の桜の木の下で。ウチの裏の公園はたくさんの桜(いろんな種類)があって綺麗ですよ。どこかは書けませんが。川越の某所です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ばるきど忘年会