2017/04/23

高尾山すき焼き会

B_dsc_2937


金曜夜。22時に会社から帰宅。
まず玄関をくぐる前に家の裏に植えてあるネギを収穫。
それから家に入る。

おもむろに天井裏にある収納から38リッターのザックを取り出し、レインウェアを詰める。
白滝をゆでる
ハサミで切ってタッパーにつめる。

朝4時

B_dsc_2938

きっと毎年4月に川越線と中央線でこの恰好を見たら100%僕です。
よく八王子駅で乗り換えをするときに聞かれます。
ザックの大きさから行くと、北アルプスでも行くのかという仕様だ。

「どちらまで行かれるんですか?」

「ハイっ 高尾山です!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/22

もくもく作戦です!

B_dsc_2890


実は川越水上公園釣り場解放デーというのがありましてな。
川越水上公園は冬はプールがルアー専用の釣り堀になっているんですが、4月中旬になるとプールへの変更を余儀なくさせられるため、釣り方は餌釣りだろうとなんでもいいので釣ってくださいという日があるのだ。

12:30から整理券配布。先着100名。自分は86番目だった。

B_dsc_2891

ブドウ虫って20匹しか入っていないでしょ。で、あまりに釣れ過ぎるのでまさかと思ってブドウ虫の巣(段ボール)に針をつけて水に入れると・・・


B_dsc_2892

トップウォーターで食ってきた。そりゃそうだよね。普段ペレットしか食ってないんだから。

じゃぱりまんしか食っていないセカイにカレーを与えるとこうなる(意味深)


B_dsc_2893

釣果120%よ。By蝶野教官
ニジマス31匹・・・さてどうする。

「あとには退けない戦いです!」

そうだ、燻製にしよう。それなら一週間はもつ。

B_dsc_2894


急ぎソミュールを作ります。
ソミュールっていうけど実はそんなに難しくない。1リッターあたり150グラムの塩と半量(だいたい70グラム)の砂糖を入れて煮立たせ、さませばよいのだ。ローリエとシナモン、クローブあたりはあればよいけどウチにある何らかのスパイスやらハーブでよい。なくてもよい。マジックソルトでもいいかも。

B_dsc_2897

冷ましたソミュールに約12時間つける。まあ10時間程度であれば適当でいい。夜寝る前につけて、起きたら仕込みは完了。ここからが重要。

燻製の成否は「塩抜き」にある

本当は流水で2時間、ニジマスに直接水が当たらないように流しっぱなし・・・(マニュアル通り)
なんて出来るか!!水だってタダじゃねーんだから。

ということで、タッパーに水を張り、ニジマスをつけます。30分ごとに水をジャーっと流して新しい水に入れ替える。これを30分ごとに6回繰り返す。3時間塩抜き。このテクニックは昔ベーコンを作ったときに身に着けた。

塩抜きが終わったら乾燥。だがこの日雨。

必殺アイテムがある。それがピチットシート。

B_dsc_2898

これは浸透圧で外に水分だけ排出するという優れものシートなのだ。ちょっと高いのが玉に傷ですが、これにくるんで冷蔵庫に入れておくと水分が抜けて身がしまってくる。
冷蔵庫に4時間。


最後は風乾。まだ雨やまないので風呂場につるして風をあてる

B_dsc_2901


いい絵だ。

風乾2時間。なんでこんなに乾かすのかというと、水分が残っていると燻煙が身につかずに流れてしまうんだよね。水分で。乾かすのも結構重要。

まとめると

ソミュール漬け10時間
塩抜き3時間
ピチットで乾燥4時間
風乾2時間と、計19時間が経過。


お、外が晴れてきた

もくもく用意!


B_dsc_2904

燻製はいぶす時間なんて全体の工程の中でほんの少しなのさ。ナラのスモークウッドで3時間燻煙しました。


B_dsc_2907


B_dsc_2911


もう勝利の予感しかしない。黄金色のオーヴァードライブ。
(それは山吹色)
いっしょにファミリアチーズも燻製しました。

じつは燻してすぐ食えるわけじゃない。木酢液みたいに酸っぱい。
まあ食っちゃうんだけど。

3日後くらいが一番おいしい。

B_dsc_2936

3日後、ほぐしたニジマス燻製をクリームチーズと一緒に。

パーフェクト!!

これはパーフェクトアイドルの登場です。


C8uglfyuaaaz20y


パーフェクト!!

まあそれはいいとして、ニジマスムニエルとか塩焼きとかありますが、ぜひ釣れ過ぎたときは皆様も燻製にもチャレンジしてみてください。絶品料理になりますよ!
ただキャンプとかだと1泊だと製造時間が厳しいかな・・・2泊あればなんとか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

次女入学式

B_dsc_0068


さて、だいぶ会社からのアクセスも落ち着いてきたから書き始めるかね。
(みなさん業務内に見ないでね)

さて、去る4月10日に次女の入学式でした。
次女は深谷のばあばに買ってもらったキャメルのランドセルです。

キャメルバッグ

B_dsc_0049

長女のおさがりで申し訳ないのですが、AKBみたいな服着て登校です。

長女の担任の先生はかなりベテランでやり手ですね。(僕より若いと思いますが)幼稚園児からの移行をスムーズに惹きつける、まさに掴みを大事にしていて親も「これなら安心できる」と思いました。

まあ入学式泣き出す子もあり、授業途中で立ち上がってどっかいく子ありと一年の担任って大変だなと。(ごめんなさい他人事みたいで)

B_dsc_0108

恒例の桜の木の下で。ウチの裏の公園はたくさんの桜(いろんな種類)があって綺麗ですよ。どこかは書けませんが。川越の某所です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/12/31

ばるきど忘年会

B_dsc_2381


今年も恒例のばるきど忘年会@東神奈川(仲木戸)が行われました。

いや、もともとは某ネットゲームのパイロットたちがリアルで集う飲み会だったんですが
その後ミリ酒部隊という名前になり一夜解散を経て今年に至るという。

さて今年は何飲みなんだ?
「決まってるだろ ●田丸よ!」ドヤッ

B_dsc_2386

というわけで美味いメシと酒を求めてみんな集まりました。基本的には元パイロットの人たちですが今年から参戦の人も。


B_dsc_2394

というのも我々の根城、キッチンばるきどが実は今年で移転となってしまう(ビル解体工事に伴い)とのこと。

移転先は決まったの?と聞いたところ、東神奈川駅から比較的東白楽のほうに行ったところに新しい店を構えるそうです。よかったよかった。


B_dsc_2388

恒例のジャンケン大会ではグランドVSOPを巡って壮絶な戦いが繰り広げられダソ長が獲得。そして全員に振る舞い酒とされました(結局意味ねーじゃん)

スペイン風肉団子(アルボンディガス)がめちゃくちゃ旨かった。秘訣は肉にチョリソーを仕込むことだそうです。なるほどねー。でもあのソースが作れないなぁ。

実はばるきど忘年会に来るたびに私だーたかは
シェフのAyaタソより料理のコツを伝授していただいているのです。
プロの料理は本当に間違いないし、意外と身近な材料で作れるのも流石。

B_dsc_2402

B_dsc_2398_2


B_dsc_2384

B_dsc_2400_2


結局二次会もばるきどで。
ここはなおさんがバーテンダーとなりこれまた珍しい酒とカクテルをいろいろいただきました。
青いカクテルは「アクアリウム」というカクテル。ライムの皮でタツノオトシゴを作る。

ここには書けないけど、あの金額でここまでいただけるなんて、本当にありがとうございました。

来年は移転先で忘年会。の前に移転祝い?かな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016/12/30

長女のピアノ発表会

B_dsc_0017


長女ピアノ発表会が去る12月18日にありました。
曲はほぼ1年かけて練習したのですが、
もう両手を使ってかなりのレベルで弾けるようになってます。
ソロと連弾とやりましたが、もう十分安心できるレベルまでになりました。

特に最後のフォルテッシモで弾く盛り上がりのところとかは緩急をつけた演奏で
なかなかよかったかなと。わが娘ながら。

これ、もう学校で伴奏とかできるんじゃね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガルパンおじさんと行く大洗(2日目)

B_dsc_1054


ガルパンおじさんの朝は早い。

6時30分に全員で起床し、大洗磯前神社に参拝。の前に日の出を見に行く。鳥居が波で洗われるこの風景はザ・大洗といえる観光名所だ。日の出を求めて多くの人が出ていた。ここは普通の観光客が多い。と思ったら油断した。


B_dsc_1058

B_dsc_1057

大洗磯前神社への階段を上っていく。かなり長い階段だ。

途中、レッド・ツェッペリンの「天国の階段」が聞こえた気がした。
There’s a lady who’s sure all that glitters is gold
And she’s buying a stairway to heaven.

太陽に照らされた大洗磯前神社は「黄金の神殿」のようであった。
小高い丘の上にこの神社はある。

ちなみに中には軍艦那珂忠魂の碑などもある。ナカチャソダヨー
そして痛絵馬の数々。
そこになぜかガンダムのマ・クベ大佐が「ガルパンはあと10年は戦える」とドヤ顔している絵馬があった。

それを見た同行していたガルパンおじさんはこう呟いた。。
「新劇場版発表を受けた今ならば、強ち10年戦えるというこの絵馬は間違ってはいない」

深い。深すぎる。

そして大洗磯前神社を後にする。まだ7時前。磯前神社の裏にある坂をランニングする人もいた。

ん??

自分は目を疑った。そのランナーは真っ赤なジャージを着ているのだが、まさか・・・

聖グロリアーナの制服ジャージじゃねぇか!!

よく鍛えられたガルパンおじさんがそこにいた(地元の人なのか?)

B_dsc_0020

レンタサイクルもガルパン仕様

B_dsc_1069

朝食後、肴屋本店を後に。朝食も暖かい豆腐、ひらきなど基本的には地のものを使った食事でおいしかった。せっかく旅行に来ているのに「焼き鮭と卵」みたいな朝食を出すホテルなどが多い中、肴屋さんは本当に地元の食材に対する愛を感じます。ガルパン要素なしにもオススメできる宿だなと思いますよ。ただし予約とれないけど。


B_dsc_1075

朝食後、少し離れた「潮騒の湯」に。

海に面したお風呂はいわゆるオーシャンビューで開放感溢れるつくりになっています。
大洗サンビーチ前。10年前、こんなとこあったかな・・・?

サーファーが多かった。が、ここもお土産コーナーなどはガルパンである。
ガルパン本拠地からは少し離れたところにあるので確かにガルパニウム粒子もしくはミホニウムは薄く感じられるが、ところどころにガルパンに関する解説が貼ってある。

潮騒の湯から歩いてまたガルパン本拠地方面に戻る。

ちなみにガルパンおじさんは結構歩く。
ガルパンおじさんって、魚料理メインだし、かなり歩くし朝早起きだし、これ健康なんじゃないかな。

B_dsc_1082

B_dsc_1081

大洗中心街にあるウスヤ肉店さんでハムカツをいただく。
これが安くて、かなり美味しい!ビールほしい。でもここはビールは売ってないんだな。


B_dsc_1080


※注 肉屋です。
一人で入るのは勇気がいる。なぜか入り口にサルミアッキ(フィンランドの世界で一番まずい飴)が置いてあった。

B_dsc_1083


和菓子「森屋」さんでお土産購入。名物は「栗入りシベリア」美味しいですよ!家にお土産で持っていったらこれが一番人気でした。これを買いにくるだけでも価値あり。

その後、まいわい市場でお土産を購入後、大洗駅でポケットロケットは畳み、鹿嶋りんかい鉄道に乗車。そこで究極のインフラガルパン化を目の当たりにする。

B_dsc_1092

すげぇぇぇ
鹿嶋臨界鉄道。車内も完全にガルパンだった。

気動車なのでギヤ切り替えるたびに「ブロロロロ」というエンジン音が響き渡る。この振動、あ、あれだ。劇場版ガルパンのオープニングで聞こえたチャーチルの車内の音か。いや、何かがおかしい。俺は脳がガルパンに侵食されているのか。車窓からは戦車の田んぼアートが見える。これはまるでディズニーリゾートに向かうミッキーのモノレールか。いや違う。

その時、突然ランディーローズとオジーオズボーンが頭の中に現れた。

そう、これ、これこそがクレイジートレインだ。

All aboard! Ha ha ha ha ha ha ha!
Ay, ay, ay, ay, ay, ay, ay


アイアイアイ
阪口桂利奈じゃねぇ!!(やればできる子)

i'm going off the rails on the crazy train
i'm going off the rails on the crazy train

そして水戸についた。水戸駅で鹿島りんかい鉄道からJRのコンコースに上がった瞬間、ガルパンらしきものは何もなくなっていた。JRと鹿島りんかい鉄道にはきちんとした境界線が引かれているようだ。


すさまじい魔境だった。だが、大洗にはきっとGPO(以下ガルパンおじさん)を惹きつけてやまない何かが出ているのだ。何パンなんだ・・・

でも楽しかった。(それに尽きる)

何より食事がおいしいのだ。きっとこれは、ガルパンにはなんも関係ない。だがそれが無いと大洗は成立しないのだ。ということがよくわかった、

本当に濃い2日間でした。モンベルおじさんVSガルパンおじさんは完全にモンベルおじさんの完敗でした。
何を言ってるのかわからねーと思うが。いや、そもそも何を戦っているのかわからねーと思うが。

最後に
僕はノンナ萌え(隠れダー様)です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/12/10

ガルパンおじさんと行く大洗(1日目)

B_dsc_1016


大洗はかつて僕にとって一番近い海だった。

高校の同級生と毎年インテグラTypeRで見に来た初日の出
那珂湊で巨大ボタンエビの回転ずし
そして、大洗全域でできる「釣り」
ゴールデンウイークから暖かい時期、大洗サンビーチで潮干狩り

今は圏央道ができたから平塚方面に行ってしまいますが、大洗のほうが小学生から通算して圧倒的に訪問回数は多い。だが子供ができてから全く大洗からは足が遠のいてしまっていた。震災の影響というのもある。

そして・・・10年の月日が流れた。


そんな大洗が「大洗ガルパンランド」として奇跡の復活を遂げた。
何を言っているかわからねーと思うが。

まずはガールズアンドパンツァー(通称ガルパン)について説明しよう。
ぶっちゃけて言うと、アニメである。

B_dsc_1039


戦車同士の模擬戦が伝統的な女性向けの武道として競技化され、戦車道と呼ばれて華道や茶道と並ぶ大和撫子の嗜みとして認知されている世界を舞台に、戦車戦の全国大会で優勝を目指す女子高生たちの奮闘を描く。兵器である戦車を女子高生たちが運用するという、男性のアニメファンにアピールするようなミリタリーと萌え要素を併せ持ちつつも、死者の出ない戦闘とスポーツものの約束事を踏襲した物語が描かれ、戦争と死といった背景から切り離された戦車戦を描いている。主人公たちの拠点となる高校は、巨大船舶の上に築かれた海上都市に所在する設定だが、その母港は茨城県東茨城郡大洗町であることが描写されており、サンクスの他、大洗町の店舗や宿泊施設、交通機関、役場や商工会などが協力・応援しており、街並、各種施設、交通機関がほぼ忠実に再現され、一部は実名で登場する。(引用:Wikipediaより)

そして、このガルパンにどっぷりはまってしまった男は通称

「ガルパンおじさん」と呼ばれている。

なお、ガルパンが好きな女性は「ガルパンおじさんのメス」というらしい。これは大洗に行って初めて知った。

ある日、1通のメールを受け取った。6桁のふるさと納税を大洗に施し、50回以上劇場版ガールズ&パンツァーを見にいく筋金入りのガルパンおじさんからだ。

「大洗あんこう鍋ツアー行くけどいかない?」

当初その日は予定があり、都合がつかなかったのだが、急きょ予定が空いた為、便乗することに。大洗ってあまり宿泊する感じの場所ではない(例えていうなら横浜の人が小田原に泊まるようなイメージ)なのでかなり新鮮だった。

なお私だーたかは、ガルパンおじさんではないがテレビ版ガルパンは全て見た。OVAのアンツィオ戦も見た。映画版は立川で見た。と、一通りはクリアしているが細かい描写までは覚えていない。そのレベルである。
ガルパンってプリキュアの声優さんだらけなんだよね。ちなみに主人公、西住殿の中の人はキュアロゼッタである。まあいいや。


B_dsc_1024

ちなみに電車代を浮かせたかったのでBikefriday PocketRocketで輪行しました。笠間から39キロ走って大洗に到着したのだが、上の写真を見てほしい。これを見た瞬間に驚愕した。

この写真は道標である。町道沿いに建設されている。つまり、大洗町が公共工事の発注をする際の仕様書に「大洗女子学園の校章を入れた道標を作る」としたわけだ。驚いたのはこれだけじゃない。郵便局にはガルパンボックスというゆうパック用段ボールが販売され、エネオスの給油口にも校章、自動販売機にはポルシェティーガー、わかめ屋には戦車の模型。

社会インフラがすべてガルパン化している!!

これには本当に驚いた。


B_dsc_1026


なぜか民家の裏にチハが置いてある。実物大。

B_dsc_1061


赤イソメ、青イソメ、ジャリメ、冷凍イワシ、そして、武部沙織!
僕が知っている釣具屋ではなくなっていた。やだもー
横には蝶野教官が「釣果120%よ」と呟くポスターが貼ってあった。きちんとアニメを見ていないと書けないセリフだ。
ということは・・・
この町の、この等身大パネルを置いてある店の人たちはこのアニメを見ているということを証明している。

B_dsc_1012


アウトレットを歩いていても普通の店があると安心する。が、一歩入るとやはりそこにはガルパンなのだ。

と、大洗のガルパン化の片鱗を見たのちに、今日のお宿 肴屋本店へ。

この宿はガルパンでは戦車に突っ込まれて破壊された宿として、ガルパンおじさん(以下GPO)の聖地となっている。12月時点での最短予約はゴールデンウイーク明けと聞いている。

もちろん中はガルパニウム粒子が濃い。小林源文先生のサインなんかもあった。

が、さすが割烹である。

料理がめちゃくちゃ良い!

B_dsc_1041

まずはあんこうを刺身で。ほかにもカレイの焼き物や地の魚を使った刺身など


B_dsc_1043


この刺身がめちゃくちゃ旨かった。

B_dsc_1048

白子をあてに日本酒を・・・この日本酒が梨のような香りでこれまた旨い。お土産に買いました。大洗の地酒。
白子って鮮度で全く味が違うでしょ。ここの白子は絶品ですよ!臭みなんて全くない。

B_bb_dsc_1045


肝心のあんこう鍋がまったく写っていなかったのだが、意外と上品な味だった。味噌鍋だから濃くなりそうなんだけどね。締めは雑炊になりました。

GPOの夜。ジャージは継続高校。
流石である。

その後、なおさんが持ってきた沖縄?のハードリカー部屋飲みとなり、GPOの細かい知識に本当に脱帽した。●●というところにうさぎさんチームが隠れていて・・・うおおわかんねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/11/20

【輪行試走】行田まで行ってきました

B_dsc_0848


自転車(BIKE FRIDAY PocketRocket)で行田まで行ってきました。
片道40キロくらいです。
僕はこの自転車をトラベルバイクとして購入したものなので、いわゆるロングライドの試験をしてみたくて
近所を走ってみました。

B_dsc_0843


食事は現地でゼリーフライとか食ってもよかったんですが、まあ山に持ってくのと同じ感じで、安価に行きます。山専ボトルにお湯を入れて持っていきます。

B_dsc_0845

荒川サイクリングロードって初めて走ってみました。いわゆる田んぼの脇道なので、けっこう泥道もあるのね。あとでよく掃除しないと。


B_dsc_0847

荒川河川敷って飛行場、本田エアポートだけかと思っていたら、いろいろなスカイクラブがあって、そこが保有している滑走路が幾つかあるのね。初めて知った。途中、軽いエンジンを載せたアンリファルマンみたいな飛行機がゆうゆうと飛んでいきました。

あと、かなり猛禽類が飛んでいるのでデカイ双眼鏡もったバードウォッチャーが何人かいました。こういうのは自動車じゃ絶対に見えない景色だなぁ。

B_dsc_0856


二時間半くらいでさきたま古墳公園に到着。石田三成が陣取った丸墓山に登る。ここで食事。

B_dsc_0854


水攻めで作ったといわれる石田堤。丸墓山古墳の真下にあるのね。


B_dsc_0862


のぼうの城で知られる忍城。本当はもっとじっくり見たかったんだけど、なぜかコスプレイヤーの天国になっていたので早々に撤収。

B_dsc_0865


帰りは吹上駅まで戻り、ここで輪行バッグに入れて電車で帰りました。

B_dsc_0869


グリーン車だと、一番前に陣取れば万が一のときも自転車が倒れなくて楽です。
ここだけはちょっとお金出しましたけど、まあ570円ですからね。

ということで、今回の試験では、BikeFRIDAY PocketRocketのトラベルバイクとしての性能を試したんですがこれならどこでも行けるね。ぜんぜん疲れないし。40キロくらいならぜんぜん余裕で走れる。

どこかに最高の相棒になると書いてあったけど、まさにその通りです。特に電車とかバスの便が悪いところには最強の威力を発揮しますね。これはいい。

まるで電人ザボーガーのようだ。(よくわからないけど)

次は大洗に行ってみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/11/09

コート出した

10月末までクールビズでネクタイ不要とか言ってたら、11月8日に朝の気温が4度まで落ちるとか。


さすがに春秋コート出しましたよ。風邪ひくの嫌ですし。

久々にコート出したらボタンの一番上がなくなってた。替えがないから100均で似たようなのを探さないとですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/11/05

入間航空祭2016

B_trimdsc_0344


入間基地航空祭に行ってきました。
これでなんと、1980年から行ってますので36年目となります。実は今年、入間基地所属の航空機が九州で墜落したこともありいろいろ影響あるかなと思いましたが、航空祭は実施。ただ、やはり例年と大きな流れが変わっています。
先にヘリコプター演目(チヌークとUH-60)をやってました。例年のハイテンションのチヌークおじさんとかは無く、救助にかかわる演目をやっている感じでした。

B_dsc_0037


B_trimdsc_0053


今年は飛行点検隊が演目をやらないかわりに、T-4がイキってました。紅白塗装のT-4がかなりぶんまわしてましたね。何気に僕、紅白塗装好きです。一条輝カラー。って言ってもわかんねー人多いだろーな。

B_dsc_0154


B_trimdsc_0166

C-1も細かいんですけどかなり演目変えてきましたね。パラシュート落とした後、まさかの脇スレスレ飛行(後部ハッチ開けながら)とまるでベトナム戦争さながらの光景です。
C-1はツイッターにも書いたけど、大型トラックがドリフトかましてる感じ。この羽と羽の間隔・・・輸送機は戦闘機と違って後部視界が無いから、感覚で飛ぶしかないわけだが、そう考えると凄い技術だよな。


B_dsc_0755


B_dsc_0765


ブルーインパルスも特にアクシデントもなく、演目も快晴だったので映えましたね。上方空中開花(言い方古っ)とかキューピッドなどの垂直系演目はスモークが飛ばされがちでしたが、スタークロスなどの水平演目はスモークも生かされてまさに空のキャンバスって感じでした。

B_dsc_0457


B_dsc_0481


今回陣取ったのがF-15の近くだったんですが、小松基地所属の2機が来てました。帰投は2回フライパスしてくれるというサービスでしたね。今写真整理して気づいたんですが、増槽(燃料タンク)の位置が違うのね。

B_dsc_0718

F-2も来てたんですが、帰投はしませんでした。松島基地所属のF-2Bです。津波から復活したんだねぇ。

来場している航空機は例年と大きく変わりませんが、演目の内容が細かいところで変わっていて、なかなか楽しめた2016年の入間基地航空祭でした。C-1などもそろそろ代替わりだから、来年あたりから新型機材なども見れるかも??しれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«10月15日、16日雲取山登山