« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006/06/30

中島みゆきに涙した。

Mn
んー
今日は某くるまメーカーN産に行ってたんですが
その本社がある銀座から川越に帰ってくる間
色々なドラマがあった。
会社ん中の色々なところで必要としてくれていること
正直驚いた。そういう境遇に僕としては
確かに相当感謝してます。
みんな心配してくれてんだねー。すみません。ホント。
こんなヤツですが。
一日のうちに3方向からのラブコール。
しかも3方向ともマネージャークラスからだよ。
なるほど、ということは
今いるとこが「危ない」事の裏返しか。
「お前のことを思ったらこっち来たほうが正解」
3人とも同じ事を言った。
まあウチ一人は今の「現場の」上司だから
お客さんにはあんま影響ないかな。

問題は他の2つの選択肢よ。
オレは今もってる客が心配なんだよ。
入札とかで取った案件も全部捨てて本社来いって話でしょ?
いや、あんたらが責任とってそれを全て捨てていいってんだったら
構わないよ。きちんとした後任を立ててね。
でも後任立てないんでしょ?

嫁にその話したら、
「おたくの会社の倫理ってそんなもんなの?」
「あの人どこいったの?」「さあ?」でごまかせば
別にいいんだ。
へえ。ずいぶんOT商会さんはいきあたりばったりの商売してるんだね。

あーもっともなコメントだ。

なんかね

色々考えることに疲れてしまったんですよ。
もう今日色々考えることをやめさせてくれ。
そう思いながら車窓に映る暗くなった柳瀬川を見てて
中島みゆきの「ファイト」が聴こえてきた。

暗い水の流れに 打たれながら 魚たち のぼってゆく
光ってるのは 傷ついて はがれかけた鱗が 揺れるから
いっそ 水の流れに身を任せ 流れ落ちてしまえば 楽なのにね
やせこけて そんなにやせこけて 魚たち のぼってゆく

なんかこれ聴いた瞬間に涙が出てきてね
よくわかんないけど。
考えないで。寝ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/28

やべえ!!

やべえよ
マジやばい。

今までオレを守ってきてくれてた
武闘派取締役Yと
僕を直属で面倒見てくれてた
K課長がどっかいっちゃうらしいよ。
これってすごくいろんなところに
影響するんだぜ。
S庁さんとか、公益法人Kさんとか。

大阪夏の陣でいうところの
内堀まで埋められた形だ。しかも今日だぜ。それ聞いたの。
着実にハメられてる気がするなぁ・・・

だが
現状を維持できないのであれば
自爆するよ。オレは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/25

和の追求

和の追求こそ最高のクールビズだと思うんだよね
僕は。

大文字は江戸風鈴をウチに入れたっつーことで
風流だね。すばらしいことだ。
ウチも川越に越してきた5年前に
近所にいぶかしげに見られながらも
南部鉄の風鈴を購入して
扇風機とうちわを手に
エアコンは極力つけずに夏を乗り切ってきた。

普段着は当然甚平。
もうこれ以上のクールビズがあろうか。
だってさ
日本人江戸時代までずっと和服だったわけだよ。
和服。それには意味があるのです。高温多湿の夏を乗り切る工夫
風鈴。それは音で涼感を味わう工夫
生姜を蕎麦と一緒にずるっと。体温を下げる工夫。

連綿として日本人は高温多湿の夏を乗り切る方法を
受け継いできたわけです。変に西洋化する必要はないんです。
ということで今年も夏モードに入ろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

クールビズについて

とうとうウチの会社もクールビズですよ

(株)OT商●が?クールビズ?ですよ?

オレ昔会社に半袖のシャツ着てきて怒られたな・・・
「大手層に行くのにその格好はないだろ?」
「仕事なめてんのか?」
あのときは何だったんだろうな・・・

実際には19日からクールビズスタートってことでした
でも上記のとおりうちの社風から行くと、
「とはいうものの・・みんなネクタイしてくるんだろうな」
と思ってネクタイつけて出社したら
意外とそうじゃなかった。

極めつけは朝礼で武闘派取締役Yの一言
「ネクタイしてるヤツとしてないヤツが混在してると
してないヤツがだらしなく見えるじゃねーか。明日から全員
ノータイで出社しろ」

すごい。
なんなんだこの統率力は。

ということで急遽ボタンダウンとか買わなくてはならず
クールビズ規則に「首から下のシャツが見えてはいけない」
とかあるので
急遽Vネックのシャツとかいろいろ購入を迫られる。

シャツが必要な旨を嫁に話す
家計を圧迫するわけで
そうすると矛先を政府にむけるわけだ。

「小池百合子許せねぇ」
「ふざけんな小池百合子。クールビズとかじゃなくて
猪口さんみたいな少子化対策を優先させろ。」

まあAEONに行ってシャツを買ってきましたよ。
でもまだ足りないんだよね・・・
明日はそれを着ていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猫も杓子もトゥーランドット

朝ガチャガチャテレビをまわしてたら
河村隆一がトゥーランドットを歌っていたのですよ。

荒川静香がイナバウアー

以降色々な機会でトゥーランドットを聴くわけで
ウチは嫁がもともと吹奏楽だったわけで
15年前くらいに演奏したそうです。
だから結構知っていたのですが。

いつもテレビ見ながら思うんですが
この曲のタイトルにちょっと異議ありなんですよ。

よくかかってるこの曲
ホントの名前は
プッチーニの歌劇「トゥーランドット」の中の
「誰も寝てはならぬ」という曲なんだよね

じゃあさー

次は、河村隆一さんで「トゥーランドット」です
じゃなくて
次は河村隆一さんで「誰も寝てはならぬ」です
が正しいじゃねーかコノヤロー(魔邪かよ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

重大発表

Amazonkamen

(写真と本文は関係ありません)

あいかわらずネタにつきない私の周囲なのですが、
まあ普段小ネタが多いのですが

実は重大発表があります。

珍しく
那珂湊や沼津の寿司よりも大ネタです。

そうですね
最近の仮面ライダーじゃないけど
父ちゃんは言っていた
「順番を間違えるな」と。
ものごとには順番というのがあるのです。
世の中に溢れるエラーというものはまず100%
順番の取り違え、ミスによるものだ。

ということでまだ教えません。
そのうちね(@^^)/~~~
女子高生かオレは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/24

ライブレポート:押尾コータロー六弦六夜

ボレロ! Be HAPPY LIVE
今日はですね。
まあここだけの話ですが
会社の先輩(元千葉のひと)と夕方から
青山劇場で「押尾コータロー 六弦六夜ライブ」に
行ってきましたよ。6:30開演だから会社にどーゆー理由つけて
出てこようか迷いましたがね。。。。

ウチの会社6月厳しいから。

押尾コータローのライブは生で見たの2回目だけど
ギターだけだと絶対飽きる気がするでしょ。
そんなこと絶対ないです。
観客のなかに乱入あり、絶妙な関西弁トークあり
面白いですし、音もすごく体にいい感じ(ヘンな表現だが)
な気がする。胎教によさそうだ。

タッピングを主体とした演奏に加えて
サム&プルを多用したもうなんというかそんじょそこらの
ベーシストがやるスラッピングをはるかに凌駕する
スラップを見せてもらって感動。

是非一度見る価値ありですよ。

木星とか戦メリとかやってたね。
ちなみに押尾さん、ちょっと体調悪そうな気がした。
鼻グスグスしてたし
アンコールで2曲まとめてだったし。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/06/21

ジャズ・フュージョン百選Vol.8

マイルス・デイヴィス/カインド・オブ・ブルーMILES DAVIS/KIND OF BLUE

ということで電車の中でipodで聴いた
マイルス・デイヴィスの今回は「カインド・オブ・ブルー」を
紹介します。
マイルスのハードボイルドなジャズはこれまたホントに
大好きなんですが、その一つの偉業として
この「カインド・オブ・ブルー」について語ろうか。
この作品はモード・ジャズの大成と言われておりましてね。
これまでコード進行がメインであったビバップに比較して
あんまコード進行なしにやりましょうって感じかな。

つまり1曲目の「SO WHAT」の中で最初のベースライン
ダララダララララー
これが既にモードジャズです。わかんない人ウチ来たらベースで
弾いてあげますよ。
モードについてはこちら参照。

このアルバムは2時すぎくらいに聴くのがよいね。
客が出て静まり返った酒場に響くジャズの音色って感じよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仕事に対するなんか増大

何か知らないんですが
昨日じっくり休んだからかもしれん
今日は仕事に対するバイオリズム上昇が
猛烈でありまして
なんでこんなに仕事したんだろう?ってくらい
仕事した。はず。

火曜から木曜が僕の仕事面での
バイオリズム上昇期なんだろうね。
月曜と金曜はヨガの眠り。

11時くらいに家に帰ってきたんですが
帰りの埼京線の中で聴いたマイルス・デイヴィスが
心に沁みる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/19

ジャズ・フュージョン百選Vol.7

13th Dimension Live Millennium DEMENSION Live Dimensional -Eighth-
今回紹介するのは、故青木智仁氏の繋がりもあるけど
日本フュージョン界で不動の地位のDIMENSIONです。
DIMENSIONはギター・サックス・キーボードの3人で
リズム隊は毎回ゲスト。
3人ともスタジオミュージシャンで
いやいやかっこいいですよ。

前僕らがやっていたバンドの音楽性はかなりこれに近い。

DIMENSIONも色々出してるけど
やっぱり一番はこの13th。
表現するなら、血沸き肉踊る演奏。
こんときのゲストは神保彰なんですが
神保彰ってホントにマシンだね。
DIMENSIONのものすごくタイトな要求に
余裕を持って答えている感じがするよ。

僕が好きなのはDoubleMarketの近未来映画みたいなオープニングと
Momentのストローク
あとはBreakOutだね。ホントによく弾けるよ。感心する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/18

熱海から沼津へ

Dash2
会社の友人達と熱海Sみやにいってきました。
会社の保有するホテルです。
ここは屋上の露天風呂もいいし、メシもうまいんですよ。
鮑の踊り焼き(レモンとバターで)がくえるぜー。
夜メシはほんとおなかいっぱいうまいもの食えます。
でも社員以外だとけっこう高いんだよね。ここ。
宇都宮支店の後輩夫妻(奥さん妊婦!)も現地で合流。
温泉入って疲れを取らせて頂きました!

Dash1
あいにく雨だったんだけど
降ったりやんだりで虹なんかも見えてしまってラッキー
レインボーマン参上シーンだったですよ。
実はちょっと虹を見ながら考えてたんだ。
つまりだねぇ
雨が降っても、虹が出て楽しめるって
ことですよ。
会社の今の状況、今ホントにみんな涙雨だよな。
でもさ、水戸黄門のテーマ曲じゃないけど
涙の後には虹も出るんだ。

Dash3
まあでも雨だとなかなか観光もできないので
また去年と同じくして、沼津へ行きまして
寿司食いましたよ。超うまいですね。
なんかこの1ヶ月で漁港で寿司2回も食ってるよ
贅沢だな・・・
今回大ヒットはウニとあおさの味噌汁!
特に酒でやられている僕の体には
味噌汁がホントに優しく温かいのです。
とてもおいしかったですよ!

【自分キーワード】
何故かエレベータ閉まる寸前にノック
間接バキバキ(夜中にダッシュ1)
AF(専門じゃねーよ)
温泉マッサージ機でXジャパン状態

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/17

これから

会社の友人と旅行で熱海に行ってきます。
会社の保養施設(といってもけっこうデカいホテルだけど)
があるのですよ。

色々と会社の中で動きがありまして
金曜日にとうとう我々が乗船する泥舟に
ヘルダイバーが突っ込んできて
爆弾落とし始めたので
第一次戦闘の疲れを癒すって意味でも
温泉でも入って保養してきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/16

アクセス解析が

レッドゾーンに入りそうな勢いで
振り切れています。
3日間で1000アクセスを超えそうな勢いです。

だから昨日見れなくなったんだな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は(も?)忙しかったよ・・・

一日で処理できなくて困る。
仕事。
最近タイムラインの管理ができなくなってきた。
老化か?15分刻みのスケジュールでは
対応できなくなってきた。。。

今日は和光のH技研さんに行ってましてね
さすが妥協しない
その一徹なパワーを感じてへとへとになりました。

明日はY取締役の会議ですよ
どーなるんだこのセクションは・・・

なんか毎年言ってる様な気がするなぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/15

世界の車窓から

今目の前にさ〜
茶髪のキャバ嬢みたいなのがいて
うまい棒食ってるのね。
ご出勤か?
やらしいなー。
意識的にそんな時間かけて
食うものじゃないじゃないかー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャズ・フュージョン百選Vol.6~うちの近所の超うまいパン屋で

ウェザー・リポート/ヘヴィ・ウェザーWEATHER REPORT/HEAVY WEATHER
紹介するのはジャズフュージョンの定番と言われたウェザー・リポートの
「Heavy Weather」なんですが
いや改めて何度も聞くと絶句しますね。
ジャコパストリアスの演奏には。

1曲目の「Birdland」はマンハッタン・トランスファーが
歌入りで歌って大ヒットを飛ばした曲ですが
最初の人工ハーモニクス奏法とか、最初ベースの音じゃ
絶対無いと思ってましたよ。
これができるよになるまで数ヶ月かかりました。僕。

あとはすげーなと思うのは「Havona」の正確なピッキングコントロール
ひけねーよこんなの。フレットレスでしょ?

他にも「Teen Town」「A Remark You Made」等名曲揃い。
一生に一度は聴いてみてください。


なんでパン屋なのかというとこないだもちょっとふれましたが
ウチの近所にサンロールという天然酵母のそれはそれは超うまい
パン屋があるのですが。
そこのパン屋で何故かこのアルバムの「Palladium」という曲がかかってて
バードランドとかティーンタウンとか無視した選曲の超マニアックさに
さらにそのパン屋が好きになってしまったというエピソードでした。
それだけなんですけどね。
かなりあそこのパン屋、マニアと見た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャズ・フュージョン百選Vol.5

ト・チ・カ
紹介するのは渡辺香津美のト・チ・カです。
僕は渡辺香津美がホント大好きで
僕はベーシストなのに渡辺香津美のギター教則ビデオ買ってしまった
そのくらい好きですね。(ちなみにそのビデオ現在行方不明・・・)

この、ト・チ・カで珠玉はLiquid FingersとかUNICORNとか
マーカス・ミラー(b)がホントまだ無名の時代の超荒削りの
演奏が聴けます。
LiquidFingersとか耳コピしましたよー。
あとはキング・クリムゾンのトニー・レヴィンとかが参加してますね。
他にもヴァイブとギターのユニットとか、聴いてて飽きない。
なんか沈んだときにこのアルバム聴くと元気になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

営業もいろいろだと

今日(もう昨日か)同行したW係長
本社のT販課っていう
ホントスペシャリスト集団の営業部隊がいるんですが
そこの方なんですがね。

いや、ウチの会社も捨てたもんじゃないですね。
提案もヒアリングもスマートで
俺らより俺らの商材のこと良く知ってるし

常にビジネスチャンスを追求し続ける
そんな高次元の僧侶に出会ったような
そんな営業スタイルで
ガツガツとやるだけが営業ではないのだよ。
かなり感動した。
是非見習いたい営業スタイルだね。これは。

今日はしゃべりすぎて喉が痛い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/14

ジャズ・フュージョン百選Vol.4

ブレッカー・ブラザーズ/ザ・ブレッカー・ブラザーズ
下で書きましたが、青木智仁氏といえば、最も敬愛していたミュージシャンの中に
ブレッカー・ブラザーズが挙げられます。
このブレッカーブラザーズとそのまんまの名前のアルバムは
16ビート、ブラスファンクという
これは一つのジャンルなんじゃないかというくらい
印象的なアルバムですね。衝撃でした。
裏拍でキメキメですよ。やっぱし。ファンク万歳!

すげーなーと思ったのは
サム・スカンク・ファンクとスポンジって曲だね。
ブラスっていうとブラスバンドの堅苦しいイメージ(まあそれはそれで好きなんだが)
から完全解放宣言って感じ。度肝を抜く好き放題。

ブレッカーブラザーズもSMAPとかモーニング娘とか色々日本の歌謡曲に
顔出してますよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【追悼】青木智仁

Beea846bl
ベーシストなら知ってるであろう
日本最高のスタジオミュージシャン。ベーシスト青木智仁氏が
急性心不全で亡くなったそうだ。

心より哀悼の意を。

僕にとっては目標だった人の一人なので
とても残念です。

青木氏は歌謡曲からジャズ、フュージョン、ロックと
何でもこなし、32ビートまで対応できるスラップと指弾きで
もうその感覚自体が目標でした。
技術的なものじゃなくて
音楽というものに対して決して選好みすることなく
どんなジャンルでも自分の「役割」を忘れない。
その姿勢です。

本当にお疲れ様でした。

たぶんみんな知らないだろーけど
みんな知ってる曲を、この人は演奏していたのですよ。

【参加アーティスト】
SMAP
SPEED
B'z
角松敏生
平井堅
谷村有美
栗林誠一郎
To Be Continued
渡辺貞夫
Dimension
杏里
佐藤竹善
小柳ゆき
近藤房之介
NOBU-ZANS
堀井勝美プロジェクト
本田雅人

ちなみに青木氏が「青木智仁バンド」としてよく演奏してたハコで
私もかつて演奏したことがあります。

大塚Welcomeback

いやそれだけなんですけどね。
同じ舞台に立って演奏しただけで鳥肌が立ちましたよ。
そうか、あのアトリエZから繰り広げられる
華麗なスラップは聞けなくなるのか・・・・

あーよく考えてみたらエクイップメント的な好みにしても
ホワイトアッシュのボルトオンのベース
HaretkeSystemのアルミコーンアンプを好む
あたり根本的に似てたんだなこの人とは。

素晴らしきスタジオミュージシャン、ベーシスト、青木氏に総員敬礼!!
かつて音楽を共にし、共に青木智仁氏を知る者がこれを見たら
もし一瞬でもよいから一緒に心の中で手をあわせられればと
そう思います。
ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/11

ベッドを改良した。

低反発三つ折りマットレス【送料無料】

この度、どうもまたヘルニア再発っぽい。
危険な首の痛みがすごい。

あとは
どうも布団生活が長かったから
スプリングコイルのベッドマットになれん。

ということで

テンピュール導入しました!!
ベッドマットがテンピュールです。
まあ偽物テンピュールなんだけれども。
寝てみたけどすげー快適ですよ。
今後の効用に期待。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビールのはかり売りを体験

Hakariuri
川越に酒のマルケイってのが
あるんですが
そこでなんとビールの量り売りをやっています。
もうずっと大学3年くらいん時から気になってたんですが
今回買って見ました。
840円。
味はなんとなくハートランドを思わせる感じ。
でも発泡酒じゃなくてビールだよ。すっきり系ですね。

明日はW杯もあることだし前夜祭っつーことで
ドイツ系でいきますよ。メシは。
サイボクハムでウインナー買って来たから
ぷりぷりのウインナー&イモ焼いて
ビールでガンガンやりましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/10

ジャズ・フュージョン百選Vol.3

【JAZZ】クルセイダーズCrusaders / Those Southern Knights(CD) (Aポイント付)
クルセイダーズ「Those Southern Knights」
これもいいアルバムですね。
ボーカルもあり、クロスオーヴァー全盛期の雰囲気を感じます。
この中で特筆は1曲目、Spiral。
実はこの曲超やりたいー!!
でも管楽器含めてメンバー集めるのが大変だ。

昔、僕の大学の先輩でベースで師匠の
山本ボンジュール(大納言)氏がこの曲やってたのを見て
あまりにかっこよくて
このアルバムをCD屋で全部ひっくり返して探したのを
覚えています。
あ、ちなみに僕の携帯メールアドレスの大納言ってのは
僕がこの人から2世を勝手に襲名したから。
だからdainagon2なんですよ。

この曲みんなでソロ回しをするんですが
そのソロ回しが絶妙。
とかく単調になりやすいこういうコードチェンジがほとんどない曲の中で
バッキングのベースラインも毎回毎回変わっていくところが
すごく参考になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週は飲みすぎだ

今週は月・火・木・金と飲んでばっかで
ホント内臓が限界っす。

今日は牛角に行ってたのだが
どうしてもにんにくハラミが食いたくて
うまいんだよ!これ!

ただ

池袋から東上線乗ってくるじゃないですか
前に超かわいい子が来ても
隣の車両に逃げてしまう
猛烈にくさいんだろーなー
すみません。ホント。

頼みます。肝臓を休ませてください。。。。(-_-)zzz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/09

ジャズ・フュージョン百選Vol.2

エロール・ガーナー/ミスティ
多分ウチの嫁さんと一番繋がりの深い曲が
エロール・ガーナーの「Misty」だね。
昔嫁と出会った頃の話をすると
「私はMistyが一番好き」と言った嫁さんがいたわけで
そういうことなんですよ。

マニアックだなー。でもね。Jazzの世界では枯葉と並ぶくらい
メジャーな曲。ツーファイブね。
一般人わかんないね。

Mistyって実はミュージシャンでは世界共通言語で
もし海外旅行する機会があって
いろんなクラブとか弾き語りとかいたらリクエストする曲として、言ってみ。
「Play Misty」

僕はサイパンでやりましたよ。
そしたらピアニストが「So Good!OK!」

そしたらどっか知らないオヤジが僕の傍に寄ってきて
「ミスティか。。。。渋いな。。。」

いいでしょ?是非是非聞いてみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャズフュージョン百選Vol.1

リターン・トゥ・フォーエヴァー
大文字が連載してるからちょっと僕も連載しますよ。
早速連載するのは得意分野のジャズ研でいきますよ。
僕は独りジャズ研ですから。
第1弾はリターン・トゥ・フォーエヴァー。

これはチック・コリアの最高傑作だと僕は思ってます。
僕が初めてこのCDを手にしたのは高校3年のときですが
衝撃的でした。

かもめのジャケットで知られていますが
音楽とはテクニックではなくスピリチュアルなもの
元々人に対してどう伝えるか?だったはずです。

是非この曲一度朝聞いてみてください。
このアルバムは僕は4時過ぎのサウンドと勝手に解釈してます。
海を見ながらこれを聞くとさらに来ます。
これは現世の音に聞こえない。ある意味考え方によっては
かなり危険ですが、自分が死んだかのような
そんな錯覚さえ感じます。

たたみかけるインプロヴィゼーションの応酬。
単調なリズムがいつのまにか違うビートを刻んでいる
傑作そのものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

古風モダンな街

僕の好きな街

川越
横浜
函館
神戸
浅草

僕は恐らく古風な情緒を残した
何かを求めてるんだろうな。。。。

横浜とか函館好きの人はけっこう好きです。
ていうか相性が合う。と昔から勝手に思ってるんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/05

那珂湊写真

那珂湊写真っすよ。

060604_12430001060604_12580001



那珂湊市場。超入り口混んでたな・・・
市場はウニの浜焼き、味醂干し、牡蠣をレモンで・・・と
食事も気軽に食えるものからバリエーション豊富。
普通に行って市場で買い物しなくても楽しめる。

060604_13320001_1060604_22020001_1

ホントにグルメだよね。
市場の回転寿司はネタがシャリの2倍近くあって
食べ応え十分。
しかも魚は、ホウボウ、クロソイ、アイナメ、ニシンなど
普通の市場では見られないものばかりですよ。
寿司食った後に大洗サンビーチで潮干狩りしたんですが
結局15個海から回収~。もちろん茨城方式で掘りましたよ。

060604_22020002

ウチ帰ってからボタンエビ食ったんだけど
卵もいっぱいあって激うま。
甘いんだ。えびが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

那珂湊

昨日はかなり疲れて速攻寝てしまったのだが、那珂湊に行ってきた。
何気に近いよ。ウチから2時間かからなかった。
ていうか今回は潮干刈リベンジで大洗サンビーチに行ってそのついでに那珂湊って感じか。
写真はまた改めて。戦果はハマグリ15個。でも大洗は波崎とかに比べると型が小さいね。
寿司も食ったよ。ここの寿司は尋常でないネタのでかさと、普通なかなかお目にかからない地物の魚が食える。
ちなみに市場でボタンエビ買って帰ってきたんだけど、このエビも甘かった…
今朝はエビの殻を味噌汁のダシにして食いました。これもまた激うま。
大洗から那珂湊にかけては、他にもキャンプ場やらアウトレットやら温泉やらあるし、釣りもできるしなかなか楽しめる所だねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/03

ヒナノビールが入手できん

最近大宮の成城石井にヒナノビールが入ってこないんだよねぇ。
いつもそこで買ってたんだけど。
川越で仕事帰り(9:00以降)買えるトコ誰か知らないかなー。
ヒナノは前もちょっと書いたけど、すっきり系イチオシです。

そこでヒナノビールの公式サイトでも。
英語orフラ語サイトです。タヒチ行きたくなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テツについて

テツについてせっかくだからコメントしておくと
僕は大学1年までは明らかに「テツ」でしたよ。

これ読んでキモいとか思ったそこの君
テツと言ってもいろいろあるのだよ
ちなみに鉄道愛好は欧州においては紳士的な趣味ですよ。

僕はね

「乗り鉄ジャーナル派の鉄道ファン」
んで気動車を特に愛好。

よくわかんないね。
簡単に解説すると

区分その1として
乗り鉄、撮り鉄、模型鉄、収集鉄
と色々いるわけです。でも共通してみんなカメラ操作に卓越。

区分その2として
鉄道ジャーナル、鉄道ファン、鉄道ピクトリアル
の3誌のうちどれを買ったり読んだりしてたかです。
ピクトリアルは結構マニアックだけど一番歴史が古い。
だが必ず全員交通新聞社かJTBのB5時刻表を手にしたことがあるはずだ。

区分その3として
限りなくA系な鉄ヲタと明確に区分するために
あえてファン。鉄道ファン。
もっと高位の階層には宮脇俊三クラスのライターがいますけどね。
鉄道をとりまく情緒とかその土地柄とかそーゆーのを追求します。

Kiha35Kiha181





気動車ってのは
電車じゃなくて、蒸気機関でもなくて、ディーゼル車両のことですよ
やっぱ鉄道はディーゼルだよねー。
僕が小学生くらいまで川越線も八高線もディーゼルでしたよ
こんなのが走ってたんじゃよー。

と、結論として

鉄道趣味は結構高尚な趣味の一つなのですよ。
決別しといて何言ってんだ。。。。すみません。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

停車場に思う

今テレビ見てて北海道北浜駅の
停車場っていうレストランが映ったんだけど
実はここ、強い思い出がありましてね。

そう、それは大学1年。
小中高といわゆる”テツ”だった自分と決別すべく
最後の鉄道旅行として各駅停車で北海道を目指す。
あれは確か4日目だったか
流氷を見る為だけに北浜で降りる。
別に予定していたわけじゃないんですがね。

オホーツク、流氷の時期、どんな状態かわかりますか?

寒ぃんだよ。マイナス10度とかですから。
風強いし。
しかも電車は3時間に1本とかそういうレベルです。
列車から降りるのはとても勇気のいることです。

しかし、その駅はただの駅じゃなかったんですよ
駅がそのままレストランになっててね。
停車場って名前だった。
駅舎だけで周囲に何もないレストランなんだけど
網走から流氷の時期に猛烈に寒い中
ここのレストランで暖を取りました。

偶然砂漠の中のオアシスを見つけたのかもしれない。
情緒たっぷりのレストランだった。
また行ける事、あるのだろうか。なんか忘れられない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ここから3ヶ月

嫁さんが土日いなかったり
オレが土日いなかったり
がしばらく続くのですよ。

今日は学校の一般公開日とかで
嫁さんが失禁いや出勤。
今日は曇りっすけど何するかねぇ。
レインボーマン(続き)でも見るか
今地底戦車モグラート編。

んがんが出かけようにも出かけられない。
実は午後荷物が届くのじゃよ。来週使うものなんですが
肉が2キロだそーです。時間不明。
嫁さん仕事なので受け取りしとかないと。

来週は会社の旅行で松原湖行って
再来週は熱海(これも会社の旅行)
まあそれはそれとして

なんかやってますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »