« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006/08/31

牛角から帰ってきましたよ

牛角から帰ってきましたよ。
なかなか家では焼肉が食えないのでこういうときに
食っとかないと。

明日(ていうか今日)は超一流企業のN社に行って
あんたらの研修をシフトしてきます。

今日はね、トピックとしては昔ゲストで参加していた
バンドのボーカルの女の子と偶然会いましてね
しかも某官公庁に営業に行ったらたまたま。
そこの官公庁で働いているそうだ。
あいかわらず(ていうか全然変わってなくて)

最近仕事で色々な人と遭遇するシーンが多くなったなぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自己満足ベースな映像

須藤満と則竹裕之のデュオ

あー満足。

嫁が言うところのまあいわゆる武藤vs高田

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/29

今注目のパーカッショニスト

今一番気になるすげぇパーカッショニストが
いるんですが。

仙道さおり

まずはこの記事を見てください(動画も見れるよ。QuickTime必須)
カホンという楽器を使うんですが、正直言って
ただの箱に見える?この楽器からこんなにすごい色々な音が出ます。
ドラムセットみたいだ。

今ジャズ屋の世界では最も注目されていまして
葉加瀬太郎小沼ようすけVoyage(野呂一生、和泉宏隆)国府弘子などなどジャズな人と
色々セッションしているようですよ。
実際に見に行った人から聞くと、
他のプレイヤーが彼女の演奏に飲まれていたってかなり話題沸騰してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/28

追悼:メイナード・ファーガソン氏

23日、カナダ出身のトランペット奏者、
メイナード・ファーガソン氏が亡くなられたそうです。
ご冥福をお祈りいたします。

メイナード・ファーガソン氏と聞いてもピンとこない方
「ロッキーのテーマ」
「アメリカ横断ウルトラクイズのテーマ」
と聞けば誰でも一度は耳にしたことがあるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャズ・フュージョン百選Vol.13~リッピントンズその1~

ラス・フリーマン&ザ・リッピントンズ/ブレイヴ・ニュー・ワールド
今日は色々書こうと思ったんだけど、まず僕らがコピーでもやったラス・フリーマン&ザ・リッピントンズから紹介します。
このアルバム、「Brave New World」は昨今の進化するインターネット技術等を賛歌する意味で作ったとライナーノーツに書いてあったな・・・とまあそういう感じなのです。
でも曲調はどことなくラテンのリズム。(アフリカのリズムもラス・フリーマンは敬愛しているのでカリンバの音など、ミックスした感じですが)
僕がやったのはKey to The Forbidden Cityって曲です。
結構ラス・フリーマン節ってのがあって、あ、この曲絶対リッピントンズだ!って思うと大抵当たります。ラス・フリーマンは何でも楽器をこなす、いわゆるマルチプレイヤーで色々なプロデュースにまわることが多いですね。昨日からのスクエア繋がりでラス氏が監修した曲を挙げると代表的なものにControlって曲が挙げられます。(T-Square ナチュラル)に収録。これも近々百選に上げますが。

あとは好きなのはシカーダって曲かな。ベースラインがサンバっぽいリズムに合ってとてもご機嫌な感じっす。是非一度。お薦めです。
この他にもキリマンジャロやカーヴス・アヘッドなど結構リゾートスポーツっぽい音(スキーとかサーフィンとか連想するね)が色々ありますのでそのへんもあたってみて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/27

マハラジャビール

マハラジャ ビール
だーたかさんの家は給料日になると
発泡酒じゃなくてビールが飲めるのね。
そういう嫁さんのルールなのです。
今日はそーゆーわけでカルフールに行って来たよ。
何を買ってきたかというとマハラジャビール(あとクラシックラガーね)
「インドで一番大金持ちは~♪」
飲んでみたけど意外にすっきりでびっくりした。
でもその後クラシックラガー飲んだら
あーやっぱオレは日本人なんだなと感じたよ。

今日は定番モッツァレラトマトとプロヴァンス風ハーブのローストチキンで
一杯やって寝ます。
カルフールのローストチキン結構うまいよ。

嫁が最近肉を買うのが苦じゃなくなってきた。
ようやっと落ち着いてきたんかねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャズ・フュージョン百選Vol.12~CASIOPEA MINT JAMS~

MintMINT JAMS/CASIOPEA
スクエアと並び評される日本を代表するフュージョンと言えば
CASIOPEAですが、CASIOPEAを代表するアルバムと言えば
このMINT JAMSが初期の代表とされていますね。
有名なのはASAYAKEという曲です。
このバンドは色々メンバーが替わっているんですが
それぞれのメンバーごとにだいぶアレンジが違うので
弾いている人ごとに聴き比べるのも面白いですよ。

あとは「ドミノ・ライン」が面白いですよ
コピーしようとした人はわかると思うんですが
中盤に拍子がバカバカ替わるドミノ倒しと言われておる
部分があるのだよ。
みんな絶対ドミノ倒しのリズムがコピーできなくて
困ります。よく合うよなーと不思議に思ったものですよ。

このアルバムは一番最初の「TakeMe」から
明るい感じでテンポよい勢いがあるんで
結構好きですね。

そーいやこんなにジャズとかフュージョン好きで
桜井哲男とかの教則ビデオとかCASIOPEAのアルバムとか
持ってるくせにCASIOPEAのコピーってきちんとバンドとしてやったのって
Dazzlingしかやったことないなー

【参考動画】
ASAYAKE
桜井哲男と神保彰だから結構初期だね。野呂一生が
本当に楽しそうに弾いてます。このころの映像と最近を比較すると
最近はなんか野呂氏は笑顔が減った気がする。

ドミノライン
そうそうこのドミノ倒しのとこね。
でもギターソロにいかないねこれ。しっかしこれ古い映像だなぁ・・・

LOOKING UP
このアルバムじゃないけどLOOKING UP
僕この曲好きなんだよね。リズムはCASIOPEAにしては数少ない
8ビート。でもそんな気がしないメリハリのあるベースライン。
こういうのが一番難しいんだ。
野呂氏ニコニコしながら走ってるよ!神保彰も若い!神保氏のドラムってほんとに背中にMIDIコード繋がってるんじゃないかってくらい正確無比だよね。すごい!
向谷実(今は鉄道シミュレータ開発とかタモリ倶楽部とかで有名か?)もこのバリバリのYAMAHADX-7サウンドね。オレDXの音大好きなんだよね。
ところで桜井氏のこのベース何?
スタインバーガーみたいなヘッドレスなんだけど
ボディとかピックアップとか見るとヤマハBB2000ぽい。
誰かわかる人教えて。んで錯覚かな?ショートスケール?

ギャラクティック・ファンク
うわああ野呂氏と桜井氏が一緒に踊ってるよ!
いやほんとちょっと涙出そうな映像だな。今では考えられん。
JINSAKUバージョンのギャラクティックファンクって
なかなかお目にかかれなかったのでちょい感動。
野呂氏がギターでチョッパーやってますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャズ・フュージョン百選Vol.11~TRUTH~

【Aポイント付】THE SQUARE / TRUTH (CD)
T-SQUAREについてちょっと話すと
僕はこの頃のスクエアがホント大好きで僕はこのアルバムを
高校生の時に買ったんですが、何度聞いたかわからん。
というより僕のきちんとした形でのバンドってのは
スクエアのコピーバンドからスタートしたから。

今気がついた
この頃はT-SQUAREじゃないねTHE SQUAREだね
恐らくTHEとかTとか伊藤たけしとか本田雅人とか
言われても何の事言ってるのかさっぱりだと
思いますが、結構重要なのです。

恐らくこのアルバムのメインテーマ・TRUTHって言ってもピンとこないかもしれませんが
F1のテーマ曲とかパチンコ屋でかかってる曲とか言えば
今の人ならわかるかもしれまへん。
伊藤たけしのTHEの頃の傑作アルバムだと思います。
どうしても8ビートの疾走感溢れるリリコン(ウィンドシンセ)の音を
思い浮かべがちですが、このアルバムはどの曲も良く出来ていて
よいですね。
僕は結婚式んときに「TWIGHLIGHT IN UPPER WEST」という曲を
やりました。よ。しかも3人で!
あとはジャジーな16ビートの「Breeze and You」や
ウチでは通称不倫の曲と呼んでいる「Unexpected Lover」の都会派メローな感じ
「Beat In beat」のホーンセクションとか
「Celebration」のソロ回しとか
いいとこ挙げるのに枚挙に暇がない。

面白い動画みつけた
TRUTH ソプラノサックス版(Truth1991)Saxは本田雅人。ていうか映像がトレンディドラマ時代なんですよ。
本田雅人が肩パットなんですよ。和泉宏隆がハローケイスケみたいなんですよ
須藤満が一歩間違えればふかわりょうみたいなんですよ
須藤満のベースがMoonのウォルナット-ピックアップEMG使ってるから
ホントに本田雅人が入ってきたばっかりの映像だね。

あとは普通に
Breeze And You
伊藤たけしだね。結構最近の映像かな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/08/26

東電排水口

僕が行っている釣りのホームグラウンド
鹿嶋港は今どんどん釣りができるところが減ってるんだよね

そんな中
あまりにも危険で行ってはいけないのが
鹿嶋南堤防東電排水口だ。
でも行く人は後を絶たない。
釣れるとこなんだよね。両方とも

んでね
東電排水口をこないだ偵察したんだけど
東電排水口がすげーのよ

竿出してる人がものすごい引きで竿折れそう
上げるとなんと!すずなりのカンパチ!
一人プロっぽいオヤジがいたんだけど、間違いなくあのオヤジ
50匹は釣ってる。しかも結構大型。
足元のテトラにはイセエビがいるらしく
殻がたくさん落ちている。(夜バーベキューしたんだなきっと)

そういう猛烈な釣り場なんです。

でもあれ、みんな釣ったやつ食ってんのかなぁ?
ちょっとあの排水口のは嫌だね
昔聞いた話なんだけど
鹿嶋港の全工業廃水があそこから流れているという
話を聞いたことがある。
いや、確かにアンモニア埠頭とかも排水施設なんだけど
あっちはどうやらそれ程人体に害はない?らしいんだが
真偽の程はいかに・・・?

あとは流れが速いから落ちたら確実に死ぬところです。
落ちてテトラとテトラの間に足が挟まり
常に波をかぶっている状態なのでそのまま抜けずに
窒息死した話を聞いたことがあります。

なので行く人はあくまで「自己責任」で行って下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

眠い。眠すぎる

やっぱ蛍だよね~
「ほた~」田中邦衛っぽく
「るーるるるる」「るーるるるる」中島朋子っぽく

眠い。眠すぎる。
昨日家ついたのが1:00ちょい前
一昨昨日猛烈に仕事が溜まっておりビルで最後に
出る人になってしまった

しかもさー
寝苦しかったから寝てなかったのね。疲れがここに来て
どっと出てきました。疲れどっとこむ

カニミソどっとこむ
エンガワどっとこむ
中落ちどっとこむ
ママカリどっとこむ
タコブツどっとこむ

・・・
オレは会社でなにやってるんだろ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/23

嫁の歌新バージョン

「ヒズボラヒズボラおじ~いさん
今日はなんじゃろかー♪」
そのあんたの異様なまでのヒズボラに対する執着心は
なんなのら

あとは
プンクックという言葉を大量に発していたので
プンクックって何?と聞いてみたところ
あ?ミミナガハリネズミだよ
と、さも知ってて当たり前のように回答される。

しらんがな

そして今寝ながら口をむしゃむしゃ動かしている
きっと夢の中でうまいもの食ってるに違いない。

・・・・・

うぉぉぉぉ
なんなんだお前の頭の中はぁああ

今日は会社でGとかつるっぱげ(最近ウニ死ぬほど食ったらしいよ)
が出てくる会議があって
しかもその後勉強会とかやって大変疲れておるのじゃ。わし。

寝る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/22

鯛めし作ったのに

Taimesi01Taimesi02



鯛めし作ったのにアップロードしてなかった
日曜日は鹿嶋公共埠頭に単独で釣りに行っていたのだよ
これがさー釣れない釣れない
朝遅かったのもちょっと原因ありなんだけどね。
6:20に埠頭に着いたんだけど
6時過ぎたら釣りの世界ではもう終了の時間だから・・・

7時ちょいすぎかな・・・
2本目のサビキをセットしている最中に1本目のサビキの
ウキがズポっと音を立てて沈んだのだよ

なんかいる

上げてみるとうわあああ!すんごいちっこい鯛

ボウズと言われるのがなかなか悔しいので
持ち帰ることにした。

Taimesi03ちっこい鯛釣ったら鯛めしだよねー
鯛めしは全然難しくなくて
ウロコと内臓を取って酒と塩で30分くらいひたしといたら
両面を軽く焼いて焼いた鯛と
醤油、酒、こんぶを入れて炊くのだよ。

みつばを散らして
超うめぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いやずっと気になっててね

日本の敗戦の原因はイタリアにあるという
僕の同期の言葉がちょいと気になってね

いや朝いろんな人がいるエレベータのとこで
話するのはあまりに危険なので
コメントを避けたんだけど
(最近世の中いろんな人がいるからねー。ウチの会社だって
6000人もいるんだから例外じゃないよ。)


僕はこう思っていたのよ
1.アメリカとは戦うべきでなかった。いや当たり前なんだけど
山本五十六が短期決戦、短期講和を提唱してたけど
全くその通りで。
日本がロシアと戦って勝ったのも
あの当時短期講和に持ち込んだからだ。
戦局が泥沼化し、世界最強とも言われる
ロシアの陸上部隊と当時真っ向から戦争してたら
国ごとなかったかもしれない。

2.技術格差
アメリカが開発したVT信管及び暗号化技術
アメリカは当時日本の暗号を全て読み取っていたと言う
VT信管は近づいただけでも爆発する対航空戦力では
当時まさに夢のような兵器だ。
竹槍で突っ込む精神論では大量の兵器には勝てないという
ことじゃよ

つづきはそのうち書く。眠くなってきた・・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/08/19

アゲハ蝶幼虫の運命

結論

アゲハ蝶はバビロン捕囚しました。
彼ら3匹は不老川のほとりに行っていただきました。
もちろん不老川河川敷に柑橘系の樹木はありません。
お元気で。

バビロン捕囚がわからない人に
世界史論述選択エキスパートクラスだった私が
簡単に解説しよう。

自慢するとエキスパートクラスは当時J西川越高校で
3人のみ選出された本気で世界史を研究するクラスじゃ。
そんなのがあったのだよ!!実は。
でも僕が一番の落ちこぼれ「←やっぱアホなのじゃ」
僕以外の2名は東京大学とICUに行きました。

気を取り直してバビロン捕囚について↓

Michelangelo_david01それはキリストが生まれるずっとずっと前バビロニア(メソポタミア)の王ネブカドネザル2世が
その昔エルサレムという町を攻撃したのじゃよ
それはバベルの塔、旧約聖書など色々な伝説が残る時代。

その時エルサレムにはユダ王国という国があった
(財宝で有名なダビデ王とかソロモン王の子孫じゃ)
ユダ王国の住民は「ユダヤ人」と呼ばれておった

征服者ネブカドネザルはエルサレム攻略後こう言ったのじゃ
「おまえらの国は私が奪ったのだ。お前らに帰るところはない。
お前らはバビロン(バビロニア首都)に来て私の為に働くか、死か、どちらかを選べ」
デスラーみてぇ。
ユダの王ゼデキアは反対した。
ゼデキアは両目をえぐられ、処刑されたと言われておる。

そしてその時1万人とも2万人とも言われている
ユダヤ人がバビロニアに強制連行された。当時のユダ王国の
人口の殆どがバビロンに集められたのだ。

Choghazanbil2彼らはジッグラトというバビロニアの神殿を作る為
死を迎えるまで日夜働かされた。だが彼らは
「いつかバビロニアは滅びる」と心の中で思っていた。

結局ユダヤ人はアケメネス朝ペルシャ王国(王はキュロスと言った)
にバビロニアが滅ぼされるまで働き続けることになる。
この時ユダヤ人は思ったのだ。
「いつかは自分達の国を作ろう」
だが、この夢がかない、イスラエル国として成立するまで
この後、2000年という長い時を
経ることになろうと誰が予測したであろうか・・・・

これがバビロン捕囚。

わかったかコラ
別に僕はシオニストではないけど
ヒズボラとイスラエルの戦争はこの時代からスタートしているのじゃよ

ということでアゲハ蝶から僕は宣戦布告されてもおかしくないのじゃよ

では

| | コメント (0) | トラックバック (0)

庭についた芋虫がなんなのか

昨日レモンバームにくっついていた芋虫がなんなのか
調べてまして
結論→ベニフキノメイガの幼虫
Web調べたけどあまりにもキモいので掲載は不可。

時間があるので色々他にも調べた
アカシアについていたサナギはなんなのか
結論→モンキチョウ
黄色い結構かわいらしい蝶だね。
だから2匹ずっとつがいで
ウチの庭にちょろちょろしてたのか!と納得。

あとはクロアゲハとかアゲハチョウ系幼虫が
3匹柚子にくっついていたので
こいつらをどうするかは現在審議中。
オレに発見されるや否や、威嚇してたよ。
昨日見たときは第1齢幼虫だったけど
今朝見たら次の段階になっていた。
クロアゲハもアゲハチョウもそういえばいたもんなぁ・・・

自然環境に任せるか・・・
カマキリやヤモリなどの天敵を投入するか・・・
バビロン捕囚してここではないどこかへ・・・

などなど

美しい蝶は残すけど大量発生した蛾は殺すってのも
なんか優生保護みたいでナチっぽいぞ。
うむ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

USB焼肉

出社しててアレだったので

USBポートから電源供給して焼肉

すげー。USBポート30個接続すれば
肉が焼けるんだ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/18

明日から一時仕事(んで明後日また休み)

Butamaki
本当は今日、海釣り(漁)に出ようという
目論見だったのだが、
Imocの予想によると波高が5メートル近かった為
断念。あとは嫁さんの体調もあるので
今日は一日自宅にて休息を取ることとする。
釣りは日曜に再度ターゲット練り直し!
実はロフトにメガライト用のガスタンクが2本ばかりあって
使い切らないとそろそろ危険なのだよ。

ちなみに谷川岳の筋肉痛全然ないよ
オレすげー!!
その代わり、実はここ数日なんだが
血痰が出るのだ。。。朝起きると。
あまりに続くようならちょっと医者に行ってくる。
たぶん口が切れてるからだと思うんだけどね。
左上のほう。

Siora
今日は何をしたかっつーと
ヤオコーのキット使って塩ラーメン作りました。
パクチョイがなかったので庭のイタリアンパセリを
代用しようと考えたのだが、固すぎ!
まあそれ以外の部分については相当レベル高かったので
よしとしよう。

あとは今日やったことと言えば
庭のレモンバームに大量についていた芋虫くんを成敗。
すごいのよ。ちっちゃいんだけど、被害が尋常でない。
紫蘇までやられてる。
農薬は使わず、太陽光線を使用して成敗しました。

今日は超ひさびさにピザ取ります。
来れるかな~?地図に住所載ってねーぞ。ウチ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仮面ライダー緑

仮面ライダーガチャピン

日曜朝8:00から8:30までの
あの時間帯をガチャピンを使ってよく表現している。
なんだこれと飽きずに見てね
プリキュアまで。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

読書感想文

読書感想文っつーテーマで検索な人多いね。
幸いにしてウチの嫁は小学校教員、オレは営業なので
一言言わしてもらおうか

「てめぇら自力でやれよ」

おーそうだ追加追加
本を愛する俺からもう一言言わせてくれ
「読んでもいねぇのに感想だぁ?ふざけんな!
作者はどういう思いをして作品を作ったのか解ってんのか?失礼だ。」


んじゃ読書感想文わかんないよーという方に
参考まで

こんなに色々文章書いているくせに
僕は読書感想文というものを
どういう風に書いたらいいのか
小学校5年生まで解りませんでした。
何と小学校3年生の時の読書感想文は20文字前後で
終わっています。400文字原稿用紙の20分の1ですよ。

そんな僕が中学校で評論文を書いて市から
表彰されるまでに至りました。

書くコツを教えてあげよう
即効性を求める親には悪いが、これは3年がかりだ。

【苦悩する1年目】
今年はまず書き方がわからない時点で
君の才能ではムリだ。読書感想文は書けん。
あらすじを書いて原稿用紙をとにかく埋めろ。

本を読めない?読まない?
そんな輩は論外だ。
そういうヤツはこういう訓練をしろ
ドラえもんでもポケモンでも何でもいい。
とりあえず映画を見てきなさい。
そしてその全内容を親に口頭で伝えるのだ。
拙い表現でおおいに結構!
「ピカチュウがねー○○してねーそしたらねーなんとかってのが出てきてねー」
↑これがあらすじだ。
親もこれには聞く努力が必要だぜ。
それが親の教育する義務だと思うけどね


【発展する2年目】
去年と同じではダメだ
あらすじに対して「~と思う」という文章を強制的に加えろ
参考までに・・・小学校4年生の僕の読書感想文はこの1行だけだ。
「対馬丸がしずんだ。かわいそうだと思う」

【開花する3年目】
1.結果からスタートする文体を覚えろ
2.そのあとにあらすじ
3.んで再度結果で締めくくる。

上と同じ例で行くとこんな感じ
1=昭和○○年。対馬丸がしずんだ。とてもかわいそうだと思う
2=ぼくたちのおばあちゃんがちいさかったころ、日本はアメリカと戦争をしていた
→あらすじをつらつらと書く
3=対馬丸にのっていたひとたちはほんとうにかわいそうだ

このレベルだって立派に読書感想文だ。

実はこの書き方は評論文を書いたり
プレゼンテーションをやる上で人に伝える技法
ホール・パート法と呼ばれる手法と全く同じなのだよ。
僕は自分であみだしたんだけど。
歌だってそうじゃん
サビ→ブリッジ→サビ

あとは随所で表現を変えたり、あらすじの途中で
自分の思うところを入れていけば
君自身の読書感想文が完成するはずだ。
たとえば上の例でいけば、最後の一文をこう変える
「対馬丸に乗っていた子供達はぼくと同じ年らしい。
自分がそこに乗っていたらどう思うのだろう?ぼくは悲しい。」

とかね

まあ頑張れ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/17

ジャズ・フュージョン百選vol.10 spainという視点から

B0000046yk01_scmzzzzzzz_
Chick Corea『Light As A Feather』
ひさびさのジャズ・フュージョン百選ですが
以前紹介したリターン・トゥ・フォーエバーの続きで
ほぼ同じパーソネルが演奏したものです。このアルバムの中に
名曲、Spainが収録されています。
アランフェス協奏曲から始まるイントロ
そして情熱的なラテンのリズムとボーカル、ピアノのタッチ
まさに神々しさを感じさせる楽園の演奏と呼ぶに相応しい。
他にも500MilesHigh、CaptainMarvelなど聞いてみてください。
鳥肌が立ちます。

スペインという曲はホント色々なパーソネルで演奏されてますよ。
チック・コリア エレクトリック・バンドのSpain
なるほど。サックスでやる場合はこんな感じか。

アル・ジャロウのSpain
イエスタデイ~♪ジョー・サンプルのピアノソロとスティーブ・ガッドのドラムがすげーよこれ。
何気にフィリップ・セス(Kb。スクエアと昔競演してたね)も出てます。

1980年アルタミラのライブ映像
パーソネルは色々入れ替わってるけど当時の様子が
鮮明に解る映像です。やっぱフルートとボーカルだよね~
ベースラインが参考になる。

パコ・デ・ルシアとジョン・マクラフリンのギターで

パコ・デルシアのオブリガードがすごい!あーなんかサングリア飲みたくなってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

谷川岳天神尾根ルート(動植物編)

谷川岳で出会った動植物について色々撮ってみた。
これも山の醍醐味だよね。

Kisugeこれはニッコウキスゲ
これからがシーズンみたいですね。
谷川岳ロープウェイ駅のすぐ下に咲いていたんですが
スキー場のほうに行くと一面咲いているとのことです。
なかなか背景の緑に映えます。

Nezumi熊穴澤非難小屋の下にいたネズミ。(←クリックして拡大して見てください)
葉っぱを分けて気づかれないように撮るのがホント至難の技で
ウチのカシオのデジカメ君ではこれが限界じゃよ。
ズームで接写で撮れるうまい方法ないかね。
見づらいけど真ん中にネズミがいます。
これ撮ったコンマ何秒後にネズミは逃げました。

Benihikageベニヒカゲという蝶です。
高山特有の蝶で、山によって色々個体が違うらしいですね。
谷川岳のはこんな感じです。
僕の足にとまってます。結構たくさんいた。

あとは羽がないバッタとか結構いましたね。あとは虫除けしてたから
大丈夫だったけどアブとかブヨとか
沢のほうにはヒルとかいるのでちょっと注意してくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

谷川岳天神尾根ルート

Tanigawadake5
今年の夏山登山は谷川岳に行ってきました。
毎年必ず僕はこの時期に山に登ります。去年は富士山だったっすよ。
何故に谷川岳かっつーと、父親が生前登った山だったから。
ただ、ウチの父親は普通の登山もやってましたが、谷川岳に関して言うと
クライミングがメインだったので、もっとハードな登山だったと聞いています。
断崖の途中で岩と岩の間の人一人分のスペースで寝てたとか
色々な話を聞いたことがあります。

今回は最も初心者向けの天神尾根ルート(ロープウェイ使用)を
すっかりワンゲル部化したひよちゃんと
ひよちゃんの今やってるバンドのベース担当の方(小林さん)と登りました
関東は大雨だったけど群馬は超晴れてましたよ。

ベーシストってのは不思議な種族でね
お互いのエクイップメントとか演奏スタイルとか色々気になるけど
お互いを尊敬しあうとこがあって面白いですよ。
ちなみに彼はSSD(ステュアート・スペクター・デザイン)のベースを使ってるそーです。
さすがロック系。弾いてる真似してるだけで解るんですけど
彼はピック弾きっすね。
SSDはちょっと欲しかったり。ロックよりの曲をやる時なんかに
あの太い音が欲しいですね。

ちなみに僕が使ってるのは
MOON JJ-5と、CLIMB-5(FL)というベースなんですが
その話をしたら、「是非見たい」っつーことで是非ウチ来てください。
最早骨董品と化してますけどね(笑)
僕もSSDのヒップショット弾かせてください。

Tanigawadake2
話がそれた。と超盛り上がって
そんな話をしている間に電車は土合の駅に到着。
土合は日本一のモグラ駅ということで、地下にある駅。
谷川岳に登る前にこの階段の洗礼が待っています。
この階段を登りきらなければこの山に登る資格すらないという事なのか
まさにこれから存在する困難に敢えて向かおうとする
無言のクライマーの列は美しくも畏しい、
まさに天国への階段の様相である。

Tanigawadeke3
土合の駅を降りると猛烈な晴れ。しかも暑い!
ロープウェイ駅まで歩くが、もの凄い日照りと蒸し暑さで駅ついた途端
シャツが汗で色が変わっていた。これは山頂まで持つのだろうか?
と心配しながらロープウェイに搭乗。
山頂駅まで10分程度。ロープウェイを使用しないで登る
西黒尾根というルートもあるので、時間がもっと取れれば是非挑戦したい。
山頂につくと、気温が一気に変わり、ちょっと肌寒さすら感じるくらい。
しかも一面のガス。
早速天神峠を木道でトラバースする山道を歩き始める。

Tanigawadake4
最初の目的地熊穴澤非難小屋までおよそ30分。
途中崖横の鎖場なんかもちょろっとあったりして
初心者コースと言えどもなめるとちょっと怖いかもね。
熊穴澤非難小屋を過ぎ、天狗の溜まり場あたりに来ると突然視界が開ける
太平洋側からの気流が強くなるとすぐに霧が晴れる
日本海側からの気流が強くなるとすぐ真っ白になる
その繰り返しでした。

天狗の溜まり場あたりの傾斜は結構キツい。
岩場がずっと続いてね。お年寄りが登ってたけど
相当きつそうだった。

11:40 トマの耳(手前のピーク)到着
12:00 オキの耳(谷川岳山頂)到着

Tanigawadake6
山頂は真っ白で何も見えない。
しかし尾根の線が狭く、しかも右側はあの有名な
一の倉の大岩壁があるわけですよ。なかなか怖いよ。
文章ではなかなか伝えられないけど
東京タワーと同じ高さくらいの岩の崖が右側に垂直にある感じ。
です。

山頂で嫁が作ったメシを食った。
それにしても山頂で食う飯はなんでこんなに旨いんだろう
そして水がこんなに旨いものだという事を
実感するね。

その後、来た道を戻るのですが、こんな所
どうやって登ってきたんだろう?と不思議になるくらい
岩場が多く、降りづらい。
そして一番最初の天神尾根木道まで戻ってきたときに
平らに歩けるっていうことがどれだけ楽かという事を
実感しました。
15:40 ロープウェイ駅到着。
全行程終了後にビール。旨かった(というより酔いがまわった)

Tanigawadake7
やっぱり山に登って色々平地と違う事を体感しないと
普段の生活の便利さが当たり前になってしまいます。
こうやって普通に生活している事に対して感謝しないといけませんね。

ちなみに家帰ってきてびっくりしました。
手が真っ赤!!風呂入ったら痛い。
殆どが雲とガスで覆われていたので
全く日焼けとか考えてなかったんですが、山頂ってのは
曇っていても紫外線がものすごく強いんだね。これも実感。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/15

嫁の実家行ってましたよ

060814_15420001060814_15310001


嫁の実家にいるネコ。再度アップ
クーラーの下でソファの上で寝てるんだから
いいご身分だよなぁ・・・

羽生に行ってきまして、ソバ頂きまして。
大根の辛み具合が最高に旨かったっすよ。
また行きます。
次行くときは嫁さん安定して
普通にメシ食えるようになってからっすね。
なんで10月以降ですかね。

高速は大渋滞してたらしいんだけど羽生→鴻巣→川島→川越ルートは
かなり空いていた。

Koterisyouyu
家帰ってきてからはヤオコーでスープと麺とメンマとチャーシュー買って独自ラーメン作って食った。野菜とかはウチの使ってね。
最近ヤオコーとか行くとスープと各種麺がバラ売りされてるから
面白いよ。今回はこってり醤油系にした。
屯ちんみたいな感じになって結構旨かったかも。

今日はゆっくり、明日アタックの谷川岳登山の準備しています。
4:20に川越を出るんでね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/14

宇宙戦艦ヤマト見てた

Cut_05
あまりにも暑くて夜起きてしまい
3時に1Fにおりてテレビをつけると
デスラーが笑っていた
声は伊武雅刀だよ。

「くだらん飲み物で私の一番楽しい時間を邪魔しないでくれたまえ」

ドメル艦隊がドリルミサイルぶち込んでて
思わずコスモクリーナーDを地球に持ち帰り
沖田艦長が地球直前で息を引き取るまで
見てしまったよ。
「地球か・・何もかも、懐かしい・・・」

その後、朝涼しくなってきたので就寝
起きたら嫁が
「大変なことになってるちょっと来てみ」
ニュースで東京都南部で停電!!

B0244
オレ「うおーガミラスの仕業じゃー」「遊星爆弾キター」
嫁「ばかじゃん」

原因はタグボートのクレーンが送電線に引っ掛かったからだそうでした。
そういえば
入間で自衛隊機が送電線切ったときもそうだけど
東京のインフラは弱いね。1本切るとバックアップが効かない。
やっぱそう考えるとオール電化は怖いな・・
あらゆるエネルギー供給がストップするわけだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/13

実家帰りました

昨日床屋行って心を改めてから
実家行ってきました。
あー僕は実家は深谷なんだけど地元は川越なのね
変でしょ?生まれたから22年間僕はずっと川越にいたんだけど
父母の故郷は深谷だったので
父母は深谷に家を建てて帰ったわけよ。
僕はずっと川越(2年だけ深谷)

今日は珍しく姉も兄もいない感じで、母親だけだったんですが

きたあかり
男爵
メークイン
の3種ジャガイモ(結構多い。ボンダール一箱)

深谷ネギ一束
ゴーヤ
梅らっきょう酢漬け
ミョウガ漬け(梅酢で漬けた)
ホントに梅干


ビール
スイカ
茄子
ピーマン
茗荷
インゲン
水沢うどん

ホント実家農業やっててよかったっすよ
しばらく買わなくていいかも。

明日は嫁さんとこの実家行きます。
先日ウチに贈ってくれました桃
超うまかった。

それでもウチはスイカ食うし、茗荷でうどん食うし
ホント食への探求は尽きないなぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/12

Charはすげーかっこいいわ

俺らはどっちかっつーとジャズ研寄りだったわけだけど
すぐ近くはロック研とかだったわけで
もうこの曲何度きいたかわからん。
その当時、Rock研に同期でH山君っていうすげーベーシストがいて
色々お互い勝手に競ってたんだ。懐かしいなー。
彼はロックだったけどスラップも半端なく巧かった。
そんな彼がやってたのがCharだったよ。確か。

Charの超名曲Smoky

しかも学生時代で終わらないところがミソなんだな
社会人になって、バンドとかやったけど
そん時もホント何度聞いたかわからん。今も会社バンドみんな
やってるみたいね。

あー超かっけえんだけど!!!
ギターでこうは弾けないから、ベースで参戦したいね。また。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/11

ちょっと面白かったので

リー・リトナー見てたら横にマリオギターって書いてあったので
思わず見てしまった。

スーパーマリオをギター1本で演奏する人の映像

コインの音巧すぎ(笑)
しかも演奏詰まるあたりとか音程が微妙に怪しいところとか
たまらん。

いやいや外人の方のコメント通り
too many mistakes but cool!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ベースじゃないけど(ある意味ベースか)

Captain fingers
リーリトナーを代表する難曲を見つけた。
誰もコピーできんと言われておる
キメが裏打ちなんだよね。ほぼ全般にわたって。
しかも僕が敬愛してやまないベースの師匠、アンソニー・ジャクソン師
す・すごい。彼はベースのことをベースとは呼んでいないんだよね
コントラバス・ギターと呼んでいる。
ユニゾンの手が早すぎて見えない!
凄いなぁ。短くかけたフェイザーの音もシビれる。

全員にものすごい緊張感がある映像だね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/10

嫁の歌

ふと思い出した。
こないだ嫁が風呂上がりに
ふらふらしながら変な歌を歌っていた

「ヒズボラヒズボラおとーさん」

奴は時々謎の歌を歌う。

寝言もすごい

突然夜中に
「ん〜…うまいっ!」
とか
「かにかに山っ」
とかね。

大丈夫か

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/07

昨日はたけし君来訪っすよ

Take1
投稿が一日遅れた。
昨日は昔のバンドメンバー(ギタリスト)のたけし君来訪。
ウチで重く飲みまくって
まぁウチでしか出せねーうみゃーモノ食って
楽器軽くセッションして
いやいやなかなか楽しかったっすよ。
オレはPandora(エフェクターね)が
FMのトランスミッター積んでることにびっくりしたよ。
あれがあれば色々遊べるね。
また遊ぼう!
やっぱ楽器持ってるときって、俺にしてもたけし君にしても
そうなんだけどさ
目がいいや。目が。やっぱ好きなんだな、俺らは。

Take2
全然関係ないけどウチの庭にいたアゲハ蝶。
アカシアの葉についてた。美しい。

ちなみに料理はこんな感じだぜー
全部オレが作ったんだよ。
オイオイ食えんの?マジありえねーとか言ってんじゃねーよ
結構うまいよ。

1.モッツァレラトマト(定番?)自家製バジル
2.ドライトマトのダシで作った野菜いっぱいのスープ
3.自家製ローズマリーと鶏の香草焼 with HoneyMaple
4.パルミジャーノの耳で作った餅!
5.ドライトマトのオリーブオイル漬とパリパリチーズ
6.つまみでグリッシーニ
7.手挽きのイタリアンローストコーヒー

他にも出したけど忘れたちょ。
今回のヒットは鶏の香草焼。これは定番メニューに加えてよし。
アカシアの蜂蜜、
EXTバージンオリーブオイル、
みじん切りにしたローズマリーに鶏を漬けておくのがポイントだね。

一緒に飲んだワインはプイ・イ・フュメ。
スモーキーな香りが漂うワインだね。最近白ワインづいてるぜー。

Take3
ちなみに今、梅干つけてます。昨日第一次乾燥まで終わったんだけど
塩気がピッタリでうまい。ウチの家の前って結構スペースがあってね
何かを乾燥させるにはもってこいのスペースだ。
ホントコント系ファーマーだよなぁ

さてさて、こんなウチでしか食えないメシ
食いたい人はどーぞウチにきてみてねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/04

今日は暑かったね・・・

冷やし中華超食いてぇ。
ここんとこ帰り遅かったから全然立ち上がれなくて
おとといなんかソファから立ち上がった瞬間に
倒れてフローリングの上で寝てたよ。
目が覚めたら3:30でやんの。

今日は何と20:00に帰ってきたよ。
まずありえねぇ帰り時間だ。

さてさて、来週は忙しくなるぜ・・・
自分で解ってるんだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/02

カシオペア活動停止!

日本を代表するフュージョングループ、カシオペアが活動停止するらしいと速報で入ってきましたよ。
最近はsynchronized DNAと組んで色々やったり、向屋実は小田急?だったか?の鉄道シミュレーター作ったりタモリ倶楽部出てたりしてたねぇ。

今出先だから詳細わからんけど、最近カシオペアやりたい熱が再燃してた矢先だからすげー気になるね。
フュージョンはやっぱマニアックなのかね…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月を迎える

今日は何と深谷の実家から数メートルのところの
会計事務所で商談

ホント超一流企業のN産様から会計事務所まで
商売のレンジが広すぎだよなぁ・・・

ついでだから実家に寄って
父親の仏壇に手を合わせて
この数年を振り返ってみた。
ちなみに母親も誰もいなかったんだけどね。留守。

8月と12月は僕が精神的に
相当やられる月だ。
これは多分そういうリズムなんだろうね。

15分くらいだけど実家のソファで横になってみた
この場所で色々なことを考えたよね。
ふと思い出した。体の力が抜けた。
手を合わせた。ありがとう。ごめんなさい。

自分を振り返る機会になった。

そして押しボタンでドア開閉の高崎線に乗り、
大宮の事務所へ帰った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/01

刻々の生ビール

Kokukoku1Kokukoku2




刻々の生ビールという商品をご存知だろうか?
酵母とビールの原液?表現これで合ってるのか?
が瓶の中に封入してあり、時間と共に発酵が進み
時々刻々と味が変わっていくというビールだ。

僕はこれを2005年11月に購入。
そして時は経ち賞味期限ギリギリの7月31日を迎える。
すげーな仙波の家からだぜ。

案外忘れてなかった。
飲んでみた。

軽い感じになるんだね!
知らなかったよ。ホップ感が抜けて完全にビールの味になる。
面白いもんだ。

しかしふと気がつく

なんでオレは時期をずらしてもう一瓶、二瓶買わなかったんだろう

これじゃ違いが解らないではないか

だが

味は記憶である。
この味を記憶にして、様々なビールの発酵過程を
研究せよという教訓なのかもしれぬわ。

果てしなく食文化を追求するこてっくす

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »