« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011/11/30

疲労

ウチ帰って4時間寝て会社行ってな生活が続いています。
水曜日。月末。体つらくなってきました。

昔の写真と比較するとオレとんでもない痩せっぷりだったね。昔は。まあもっともあの当時58キロとかだったからね。今は64キロ。疲れる訳ですよ。

昨日もウチ帰ってビール1本飲んだら倒れました。まあ事故で東上線が止まったってのもありますが。
今日も忙しいですよ。一日の中でどんな言い訳を探して、頭下げて、走り回って。

そういえば昨日は娘のマラソン大会だったみたいで。まさかの初回ビリから追い抜いて下から10位くらい。

さて飯田橋つきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/28

今朝は早く出てます

今朝はウチを早く出てます。ていうか何なのこの釣り人のような早さは。いわゆる4時半起き。なかなか出れませんでしたが。入札の案件があってなかなかボリュームがあるんですよ。
職場に7時ちょい過ぎに着くためにはウチを6時前に出ないといかんのだよ。

うぇ。なんか逆流性食道炎ぽい。乳製品飲んで中和しないと。

日曜日は実家帰ってました。寿司が余るほどメシ食いましたよ。あとは大量の農産物。
なかでも薩摩大根がすごい。どうやって食うか思案中。

あ。飯田橋ついた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/21

ベスト出しました

今朝の気温は5℃とかでしたので流石にスーツだけでは厳しく、ベストを来ています。春秋コートを出すか迷いましたが。

手袋も勿論先週からデビューです。

駅から徒歩圏内で都内近郊通勤している人にはわかるまい。

しかし土日があっと言う間に過ぎた。

気がついたのは、子供に関わっている時間が長いと過ぎる時間も早いって事だ。先週なんかは登山はほぼ自分一人の責任で動いていたからやることは全て完結してましたが、子供いると遊んでくれ2時間とかになるわけで自分の時間がバリバリ無くなるのだ。当たり前の事なんですがね。

まあてなわけで土日はガスト行ったりウチでゆっくり?させていただきましたよ。ガストはキッズプレート39円ですよ。

今週は水曜日が娘の授業参観、土曜は歯医者と深谷の実家です。

仕事面ではトラブルが続いてまして、解決しなければならない問題が幾つかあります。数字もあんまり上がりませんが適当に生きていきますよ。

さて行ってきますか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/20

女子高生を買った男達 -湯の丸山登頂記録番外編

Blog_ukm_yunomaru_097


写真は岩魚の骨酒。まるでスープのようだった。

先週登ってきた、山登りの飲み会の話。

基本的に飲み屋の集まりですから、酒がないと生きていけないんです。僕ら。

登山を終えた後、山登りして嬬恋のコープで酒を大量に買い込み、宿へ向かう。
コープで買い物しているときはもうあたり構わず酒とつまみがバスケットに投げ込まれていく。

4時前から早速酒宴の始まり。
山行くやつらは、いや、ホント、ゴーカイです。

Blog_ukm_yunomaru_092


ひとしきり飲んだ後、晩飯です。ここは東京都の施設ですが、メシも美味いしなかなかやりますよ。
特に美味かったのは、マスの刺身、上州牛、すだちのお吸い物ですかね。
メシ食って、岩魚の骨酒飲んで、そして部屋に戻ってまた飲みます。部屋に戻ると布団が敷いてあり、就寝するメンバーもあり、飲み続ける輩もあり。

そして部屋に戻り冷蔵庫を開く。
そう。これが禁断の扉だったとは誰が予測しただろうか。

Blog_ukm_yunomaru_089


てゆうか何だよこれ。

女子高生キムチ!!

物理法則に逆らうスカート。瀬尾公治氏の萌えキャラにキムチとは。
極めつけは写真だと見難いが

製造者「北備建設株式会社」!!

うわー建設会社がキムチって何ゆえ??
ここは流石スマホ時代。最若手のK木くんがスマホを使って深堀。なんと他商品に「男子高生キムチ」もあるではないか。社長の名前調べたり、萌えビジネスに至るまでのきっかけなど調べる調べる。
これで1時間。

結論:「萌えビジネス怖ぇー」

味はどうあれ、結局パッケージのインパクトで購買意欲をそそられてしまった、まさに「女子高生」と「萌え」が持つブランドにやられてしまったワケだ。

Blog_ukm_yunomaru_103


そして夜は更け行く。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/17

ねり消しの存在する意味がわからない

まきお(妻)から言われた

まきお「ねり消しの存在する意味がわからない。」

オレ「あーん?フニフニするためじゃね?」

妻「長女がほしいって言ってたんだけど何でフニフニの為に金を使わなければならないのかわからねぇ」

まあ確かにあんなもんで字は消えないしね。

そんな話をしてた夜も一瞬で朝になった。いや、正確にはまだ夜はあけてない時間に起きねばならぬのだ。役員に毎日実績報告を課長がやっているのだが、その実績報告書は紙で朝8時までに出さねばならない。だが課長が通院で朝この作業が出来ない為、僕がやるってワケ。この話をしたらまたまきお先生。

まきお「あんたらITの会社でしょ?どっかに共有しといて役員が見に来るとかメールで出すとか出来ないの?」

一理ある。人にはIT薦めてるけど内情は凄くアナログな会社だ。

つまり、老人はITについていけてないって事ですよ。

さて飯田橋ついた。行ってきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/11/16

読書の秋

そのうち左サイドバーに入れますが。

読書してました。

まあビジネス書なんですが。昨日東松山から営業の帰りに見つけた「僕は君達に武器を送りたい」という、元投資家が行った大学生向けの講義録です。京都大学。

学生向けと云いながらこれこそ我々中堅世代が読むべきものだなと思った。

あまりの同意っぷりに300ページくらいの本を2時間で一気に読んでしまいましたよ。

CMばっかりやってて知名度上げて大量採用の情報機器屋には気をつけろ!

製品差別化が出来ておらず営業力頼り

コモディティ化が進行し価格を下げるしか商品の優位性を出せない

なんかどこかで…聞いた…ような内容がズバズバ出ますよ。

また読書モード入ってます。

今朝は寒かったですね。初手袋でした。

さて和光市で座れたので飯田橋まで寝るかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/14

今日は埼玉県民の日

登山から一夜あけた今日。実は埼玉県民の日です。ホントは夏休み代休をここに持ってこようかと思いましたが。

てなわけで家族は僕以外全員休み。

そういやふと思い出したけど、叔母の葬儀出席休みを任意指定有給にされたのはもしかしたら違うんじゃねぇ?もしそうならもう1日休み貰えると思いますが。


登山から帰ってくると気持ち的に色々なコトがリセットされて優しい気持ちになります。挨拶ひとつ取ってもそうですよ。

今、満員電車でみんな無言で会社へ向かってる。これは自然から見たらとても異常な光景なのかもしれない。まあちょっと肩が触れた位でキレるなよ。偉そうに。当てられたのは僕じゃないけど。都会に向かう東武線の中でも、心荒むってこういう事かと妙に納得します。

そういえば俺を刺した蜂は何だったんだろうと気になったので色々調べてました。

判明:クロスズメバチ

ちょっとゾッとしました。2センチにも満たない蜂だったので。まさかスズメバチじゃないだろうと。今度は医療キット作っときます。まあ今は腫れもなんもありませんが。

帰りに土産で買ってきた舞茸はバターソテーにして美味しくいただきました。まだ残ってるので天ぷらでも頂きます。

さてと今日からまた仕事です。一通り予定されてたイベントが終わるので次の目標が立てづらいですが、スノーシューやろうとか、スキーやろうとか釣り行こうとか潜在ニーズはありますのでそこに向けて適当に頑張るとしますか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/13

湯の丸山登頂ツアー 登山編

Blog_ukm_yunomaru_019


この企画は3ヶ月以上前から始まっていました。
そこは水道橋、仕事も生まれも違えど、なぜかその酒場には同じ思いを共にする人たちが集まるようになりました。「山いきてーなー」

自分はこの酒場に通うようになって、今年から参加するようになりました。
何年も前から山が好きなオレですが、最近では昔一緒に登ってくれた友人達もそれぞれ離れた地に行ったり、結婚したりしてなかなか予定があわなくなる中、「単独行は絶対にしちゃだめ」と妻から強く言われていた自分にとってはこの酒場はまさに、「渡りに船」だったのです。

話をきくと、いつしか集まったメンバーで山を登るようになり、色々な経験を積んできましたが、唯一なしとげていないことがあるそうな。それは、「山頂を極める」ということ。

今回はピークへ到達するという目的ひとつに登山へ。

場所は長野県「湯の丸山

浅間山の西方にある2000メートル級の山だ。標高差は出発地点から400メートルくらいだが、山頂は2000メートル超。11月。雨上がり。油断は禁物。

Blog_ukm_yunomaru_012


最初は湯の丸スキー場沿いに上がっていく。最初入り口がわからなかった。そのくらい小さな登山道。行くのは我々のみ。「ここでいいのか??」不安がよぎる。

着々と山頂を目指していくトレイルランナーチームを見ながらマイペースにジグザグにスキー場を上がっていく。一番右側の雑木林にさしかかった時に、オレの右ほほになんか虫がとまった。うわなんだコイツと思って払いのけようとした瞬間、右頬にチクンという激痛!

なんと、蜂にさされたのだ!

アシナガバチやスズメバチのような大型の蜂ではないが。その場ですぐ殺傷した。
アシナガバチの場合は15分以内に処置しなければならないが、そうではないので登頂を決めました。途中先輩にオロナインをもらったりして消炎。そのうちズキズキしていた腫れも引いてくる。

まったくブロガー狙いのネタ。ようやるよ自然。

Blog_ukm_yunomaru_027


Blog_ukm_yunomaru_029


途中遭難防止の碑とか、まるで藪こぎ同然の道中などもありました。常にまっすぐの登山道ですが、途中から坂も急になってきて、足場も石が多くなったり、はたまた昨日までの雨でぬかるんだ地形だったりと歩きにくい地形が続きます。

Blog_ukm_yunomaru_050


ある程度進むと、森林限界を超え、ガレ場が続きます。そして、すぐそこに山頂が見えてきました。

途中、1歳の子を背負いながら3歳の子と手をつなぎながら降りてくる人も。
そしてご高齢の人も多くすれ違うようになりました。

山頂に登ると急に反対斜面から猛烈な風が吹いてきます。寒い!

Blog_ukm_yunomaru_070


遠くに槍ヶ岳、近くに浅間山の火口を望む山頂。雲が眼下に見える。
全員が「登頂」という思いをひとつにした瞬間だと思います。そして山頂で食うメシって、なんでこんなに美味いんだろう。最高です。

そのあとは別峰の烏帽子岳をめざすメンバーやら色々でしたが、我々は山を下り、山腹をトラバースするコースとしました。後半の山腹トラバースコースは落葉松の葉が深く積もったフカフカの道で気持ちよく、ハイキング同然で帰路につくことができました。誰か言ってたけど、マウンテンバイクのコースになるんじゃないかな。


この後は宿(嬬恋)に向かい、宴会となったわけだが今回は朝早かったのもあり、だいぶ早めに寝てしまった人も、そうでない人もいろいろいました。また番外編でコラム書きますのでそれはお楽しみに。

女子高生とかね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/11/10

品質向上、しましょうか。

今朝フジテレビを見ててこんなコトが。皿に盛られた料理を勧めるシーン。

某アナ「どうぞ頂いてくださーい」

それに対してまきお先生。長女の弁当作りながらボソッと。

まきお「お召し上がりくださいだろ?」

まあ確かに最近のアナウンサーの言葉の乱れは凄いなと。あとは○ざましテレビの姦しさが際だつ。

姦しい…か…

今から4〜5年前、自称世界一の優良企業某自動車会社で研修をやった時のアクシデントを思い出した。

研修講師(女性)が外で待ち合わせをしてたら、「ここは世界一の優良企業Nの研修場だ。入り口で姦しい」「人事に言ってお前らを出入りできなくしてやる」

と全く面識のないヒトに一方的に吐き捨てられたコトを思い出した。

バックナンバー探してやろう。

最近はN社のデザインコンセプトは良いですね。

眠くなってきました。飯田橋まで一眠りするか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/09

オリンパスについて想う

僕が生まれて初めて手にしたカメラはオリンパス-PENだった。

元々深谷の祖母(母方)がウチの父親にくれたものだ。まだ実家にある。

僕が3歳のとき、入間基地で行われた世界航空宇宙ショーの時、初めて使った。

宮崎あおいのペンしか知らない人はその歴史を紐解いてみるのも面白いかもしれません。

いわゆるピント合わせる必要ないカメラの走りで、○カチョンカメラと呼ばれるが、そんな言い方は全く失礼な素晴らしいカメラだった。ズイコーのレンズは非常に優秀で鉄道も飛行機も修学旅行もこれひとつ持って撮影してた。小学生の頃。僕はこのカメラで写真を撮ることの楽しさ、難しさ、一枚一枚大事に撮るコト、フィルムの交換方法やレンズの清掃など全てを学んだと言っても過言ではない。しかもこのカメラは一度も故障していない。

下世話な言い方だが僕にとっては初めての女性みたいな、そんなカメラだった。

今、オリンパスが粉飾決算だとかなんだとかで身売りされそうだとか、株価が落ちてるだとかそんな話になっている。

僕はこのニュースを聞く度に非常に淋しい気持ちになる。

僕はオリンパスはオリンパスであってほしいと思っています。コニカミノルタやペンタックスのように技術継承はしていてもだんだんとその色が褪せていくとしたら、僕はそれを見ていられないかもしれない。

ウチ帰ったら、昔撮った写真を探してみようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆとり世代とか新人類とか

ゆとり世代を作り出したのは我々大人なのだから、当然我々にも責任がある。

まあゆとり世代とか言うけど、絆とかセカイ系とかまあ共通して言えることは「みんなで頑張れば、どんな夢でも希望でも叶いますよ〜」という根底にある考えかなと。私見ですが。

ただ、社会に出るとそう甘くはないのだよ。

そんなゆとり世代と言われる君達に歌います。

筋肉少女帯「暴いておやりよドルバッキー」

さて飯田橋ついた。行ってくるか。嫌だけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/08

孟母三遷

昨日長女つれてダンスレッスンの下見に行ったらしいのだが、その隣にラブホが建っていて、ダンスレッスンの時にこう言ったらしい。

「わーピンク色できれーい。ここでやるのー?」

まきお先生はここのダンスレッスンはやめて別の所でやってるバレエをやらせるコトにしましたとさ。

そもそもあんな所にあんなもん建ってなかった。少なくとも僕が小学生までは。

五年生くらいに「川越ビジネスホテル建築予定」みたいな看板が貼られていたのを記憶している。そしたらみるみるうちに城の形になり、最初に出来たのがホテルシルクロードですよ。そして立て続けに何件も建ち一大ホテル街になってしまったのだ。

まあそういうもんよ。

娘にはあとピアノをやらせねばならぬ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/07

まきお曰わく

昨日の夜の話

まきお「誕生日ってのはこの歳になると、誰かに祝福されるとかではなく、自分を生んでくれた親に感謝する日だと思う。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

37歳。今週から寒くなるというが。

昨日入間アウトレットに行って、アウトレット品のモンベルのダウンジャケットを買ってきました。アウトレット品とはいえそこそこするんですが、まあ金ケチって死んでもつまらんのでね。ダウンジャケットなら普段着でも使えますんで。確かに暖かいし。軽いし。

なんか今週末雨?みたいですね。標高2200メートルで雨はかなり厳しいなぁ。夏場昔、雲取山で雨にバリバリ降られた時あったけどかなり体温を奪われた記憶がある。昔11月に谷川岳行った時も曇りだったけどかなり寒かった覚えがあります。一の倉入り口で引き返してきたけど。かなり冷えた。

ストームクルーザと手袋と持っていこう。

11月は自分の行事もありますが、子供の行事も目白押しです。

もみあげに白髪も生えてきた。

ツイッタとかには書きましたが5日で37歳になりました。

ついこないだまで20代だと思ってたのに。あっという間に37になってしまった。

一昨日はチキン、昨日は鍋(しゃぶしゃぶ)と娘たちが作ってくれたフォンダンショコラを頂きました。あと数年もすれば「パパちゃんの為に作ったの〜」から「○○君の為に作ったの〜」にシフトするんだからせいぜい今のウチに今を楽しむって事で。

さて飯田橋つくので行ってきます。今週どう乗り切るか。37歳の地図。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/06

高坂のこども動物自然公園いってきた

Blog_takasaka2011_073
だらだらレッサーパンダ。

木曜の夜に長女に突然言われましてね。
「土曜日晴れてたら動物園でうさぎさんさわりたいのー」

という事で高坂の埼玉県立こども動物自然公園行ってきました。

本日お誕生日のおともだちがいたら教えてね!と入り口に書いてあったのでオレの免許証見せて「娘にバッヂあげてください」とお願いしたらバッヂ貰えた。
実はこのバッヂがかなりの効力を発揮することになり、お誕生日グッズをたくさんもらうことができたのですよ。

Blog_takasaka2011_061


この動物園の目玉はペンギンとコアラです。
コアラはなんだかよく写真とれなかったですが、ペンギンはかなり人に慣れたようで外に子供がいると寄ってきます。地上からと水中からと両方見れるようになっていて、生態観察の工夫がされていてなかなか面白いです。

Blog_takasaka2011_007


次女は動物見てもぜんぜんビビりませんね。毛ブラシもってヤギにカンチョーしてました。おそるべし。したたか娘。

Blog_takasaka2011_140


弁当食ってアスレチックやって、最後ポニーに乗馬して帰ってきました。ポニー乗馬はかなり楽しみだったみたいです。お誕生日バッヂ効果発動により2周させてもらいましたよ。

Blog_takasaka2011_110


最後にまあお約束ってことで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/03

入間基地航空祭2011

Blog_iruma2011_024

F-2戦闘機。


今年も入間基地航空祭に行ってきました。
今年は震災の慰霊飛行から始まり、震災の色濃い航空祭でした。入間基地は大活躍だったからね。補給基地として。
朝、猛烈な混雑は朝8時から始まり、入念な金属探知とボディチェックを受け、中に入る。
プログラムを見てびっくりです。
F-2の展示飛行があるではないか!

Blog_iruma2011_183


松島基地は津波で流され、支援戦闘機F-2の2/3近くは修復工事が必要な状態となった。そんな中でのF-2フィーチャー。離陸に際し、バリバリとアフターバーナーが空気を切り裂く!毎年ある空挺降下やC-1、T-4、YS-11の演目はもちろんだが、今年は完全にF-2にやられた。

Blog_iruma2011_084


会社の後輩を連れて行ったんですが、正直びびってました。音が凄いからね。

Blog_iruma2011_122


そして今年一番活躍した救助&輸送ヘリの演目。なんか今年は無理やりアメリカナイズしたナレーションでなかなか面白かったですよ。チヌーク!震災のときは3000人以上救助したらしいですよ。原発に放水したシーンも記憶に新しいところです。

Blog_iruma2011_132


もうひとつ。今年活躍したのは航空自衛隊消防車です。これも原発に最初に近接して放水した光景が思い出されます。


Blog_iruma2011_136


ブルーインパルスも当然。無条件の感動をくれました。ブルーインパルスは松島基地がホームですが、震災のときは九州で公演のため、偶然難を逃れたそうです。今年は風がなかったんだけど、雲が多くてねぇ。快晴のときの写真はバックナンバーをどうぞ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »