« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014/11/24

作品展とキャンドルナイトと勤労感謝

B_trimsakuhintencandle_024


次女の幼稚園の作品展に行ってきました。年少から年長までそのクラスごとにテーマを決めて作品を作るんですが、先生の色が出るなぁと思いました。

B_trim_sakuhintencandle_012


B_sakuhintencandle_009

まあいわゆるワクワクさんです。
家にある材料で作ります。クラスによっては●●というメーカーのサイズが●●のカップを一つ準備してください。
という仕様の指定をするのもあったり色々らしいです。

僕が一番面白いなと思ったのは自由画ですね。

個性っていうのは4歳くらいでも際立って出るもんだなと。

B_sakuhintencandle_014


だそうです。

B_sakuhintencandle_098


夕方は近所の公園で「キャンドルナイト」というイベントがあり、ウチもキャンドルを2個提供したので見に行きました。

B_sakuhintencandle_136


B_sakuhintencandle_149


ウチのキャンドルです。

B_sakuhintencandle_159


別に出店があるとかそういうイベントではないのですが、幻想的な雰囲気が広がってます。山専ボトルにお湯入れて焼酎お湯割りとか飲みたい気分だな。持ってくりゃよかった。

B_sakuhintencandle_161


夜は勤労感謝ということで、チーズフォンデュとボジョレーヌーボーを頂きました。チーズフォンデュ久々に食ったんだけど、うましです。うまし。こないだ作ったベーコンも脂の調味料として使いました。材料は安く手に入るのでまたやろうかな。簡単だし。美味しかった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014/11/23

JALのハンガー見てきたよ

B_dsc_0212


お得意様のお誘いがあり、JALの整備場見学に行ってきました。6か月先まで予約が埋まっている超人気工場見学系ツアーなのですが、実は割と取りやすい方法があるようです。秘訣は聞きましたので教えてほしい人は個人的にどうぞ。

B_dsc_0145


東京モノレールの新整備場駅から徒歩1分のところにJALの整備用ハンガーがあります。

まず入ると左側のレクチャールームにて航空機や地上スタッフなどの仕事内容を聴講します。Powerpoint2013で作ってましたね。プレゼン資料。

あ、ちなみに写真は撮り放題ですが、Webにアップする際に条件があります。1.商売に使わない 2.ツアー参加者の顔が写っていてはいけない。 3.格納庫1階で撮影した写真はアップしてはならない 4.格納庫の内外を問わずJALが整備している他社の飛行機をアップしてはならない

その条件にあったものだけ載せますね。(本当はいい写真がほかにもいっぱいあるんだけど。。。)ね。

B_dsc_0150


B_dsc_0151


まずは展示ブースとショップがあり、JALの歴史や歴代の航空機、CAの服などが展示されています。また、地上スタッフ、パイロット、整備士の仕事内容なども紹介されています。コクピットの模型などもあり、また子供はパイロットやCAの衣装を着て写真撮影などもできます。そういえば若田光一さんってJALの整備士だったんだよね。

B_dsc_0153


展示ブースの裏側にドアがあり、そこが開くと一気に光が入ってきます。太陽がまぶしい!滑走路がすぐそこに見えます。ただし滑走路との境にある黄色い線を超えると捕まるそうです。

B_dsc_0155


(2階から撮ってます)
何より航空機の大きさもさることながら、整備用機材の大きさに驚かされます。T整備からM整備まで4種類の整備タイミングがあり(車検みたいなもんです)、最初に入ったほうは長期点検用ハンガーでした。

B_dsc_0170


途中からヘルメット着用が義務となります。確かに上からなんか落ちてきたらやだよな。


B_dsc_0171


こんな感じでガンガン航空機が降りてきます。かなり近い距離にいますね。

B_dsc_0190

夕焼けに航空機が映えます。

他にも最近のWifi対応のアンテナ改修している航空機やら、エンジン中心のナルトマークぐるぐるの意味とか、窓の形が丸いわけとか、航空機のエンジンは正面から見たら丸くない理由とかふつう知らないことを色々教えていただきました。炭素系複合材の軽さとかも面積の同じ板で重さをくらべて教えてもらい、すごくわかりやすかった。

次はぜひ子供連れて来たいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鍋割山に長女と登頂

B_dsc_0080


鍋割山に長女のトレーニングを兼ねて行ってきました。
・・・ていうか
ものすごい人の数でした。

ウチの娘とせいらますお氏と、せいら氏娘の計4名。
娘の名前からしてリアルヤマノススメです。

B_dsc_0024

しかも芝生公園から途中で右に入らないといけないのに、前の人が進んでいったからそこについて行ったら道を間違えていたという。あとに続いてきていた人も全員道間違えていたという恐ろしい大衆心理。こういう時に事故とか道迷いとか遭難とか起きるんだろうなと思った。怪しいと思ったら引き返す勇気。

B_dsc_0045

鍋割山といえばふもとにペットボトルに入った水道水があって、
それをザックに入れて山頂まで歩荷するのだが、あまりに混んでいるので水が無い!
これはものすごい人数だな。。。

B_dsc_0054


後沢乗越をすぎると紅葉の色が濃くなってきます。

B_dsc_0056

B_dsc_0062


B_dsc_0075


りんどうなど所々に咲いてました。ひっそりと咲く花が良い。

B_dsc_0085


南斗聖拳最後の将

鍋割山山頂は予想通り混んでいて、なんと鍋焼きうどん1時間待ち!行列ができるラーメン店状態です。
待っている間が猛烈に寒いのと、鍋割山荘の中が身動き取れない。山小屋だから導線とかないからね。注文してから出てくるまでが大変なのだ。

鍋割山荘内で熱い鍋持って子供に持たせるのは危険なので大人が焼けた鍋をバケツリレーして外で食べることに。

B_dsc_0089


B_dsc_0091

ようやく鍋焼きうどんにありつけた。子供たちはこれが目標だったから、これを食わないわけにはいかんのだよ。ただ、ウチの娘には量が多かったようで、出てきた瞬間「レベルが高すぎる!」と絶叫してました。それを言うなら「量が多すぎる」だろ。

結局僕が1.7杯食いました。(ゲフゲフです)

B_dsc_0109


さて、てなわけで総合タイムで1時間半ロスした為、下山開始が相当遅れました。早めに下りないと真っ暗になるからとっとと下山します。
長女はこのあたりで相当バテバテで、「下がみえない」「下がみえない」と連呼してました。

B_dsc_0135


登山口の芝生公園についたのは夕方4時半。やはりこの時間になると真っ暗です。路駐だったので「警察にレッカーされてたらどうしよう」とか、娘本気で心配してました。

だいぶバテバテでしたが、無事、下山できました。これで長女は1000メートル以上の山をクリアです。
富士山への強化トレーニングを着々と進めています。

また鍋割山行きたい?と聞いたところ「やだ」と言ってました。相当きつかったみたいね。
まあまた何日かすれば気持ちが変わるかもしれんよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/19

試作ベーコン5号と6号

B_dsc_0011


またベーコン作りました。今回で試作5号と6号です。
これは今までの技がさらに熟練された感あるなかなかの出来栄えでした。

今回は以下としました。

最初の塩ふりは肉500グラムに対して忠実(前回は肉の保存が怖かったのでちょっと多目にした)
参考にしたのはここ
ウイスキーを少な目にした(フタ1杯)
ハーブと塩での熟成期間を5日、塩抜きを約12時間
塩抜き完了後60度前後のお湯で約3分つけておく
冷蔵庫で24時間キッチンペーパーでくるむ
冷蔵庫から出し3時間程度風乾

燻煙時間は3時間
余熱乾燥1時間

で、作りました。ベーコンの燻製時間なんて全工程の中ではほんの一瞬です。

B_dsc_0009


待ってる間は僕が燻された。
本を読んだりしてマターリとした時間を過ごす。なぜか読んでいた本は「永遠のゼロ」

B_dsc_0015


一緒に6pチーズとちくわも燻しました。あとミックスナッツ。ミックスナッツうまいよ。

B_dsc_0016


落ち着かせた後はこんな感じ。
いい脂っぷりです。

B_dsc_0142


カット面はこんな感じ。低温でフライパンであぶると脂がどんどん出てカリカリベーコンができる。
つまみで食ってみたらもうね、噛みしめて飲み込むのがもったいないくらいどんどん味が出てくる感じ。
前も書いたかもしれないけどウイスキーが飲みたくなるねぇ。

スモーカーは段ボールで毎回作ってます。なので、ゼロ円です。ゼロ円。
スモークウッドはホームセンターでさくらのスモークウッドを買ってます。あとはピートスモークパウダーを使っています。アウトドアショップに売ってますよ。ピートスモーク使うと味に奥行きが出る感じがするのでオススメです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/17

ベーコン作りと鍋割山

土曜日にベーコン作り、日曜日に長女連れて鍋割山登山と、充実した土日でした。キーワード羅列して後で纏める。

ベーコン

前回と若干変えてます
熟成中のウィスキー量を少なめ
期間5日
塩抜きを12時間と長め
塩抜き後に60℃のお湯で洗う
風乾


鍋割山

タイムロス
鍋焼うどんにレベル高すぎる
1.7杯
混みすぎ
やっぱ寒い
下が見えない
ヒル恐怖症
橋こわい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/04

入間基地航空祭2014

B_irumakoukuusai_197

ブルーインパルス
タムロン300ミリレンズで撮りました。たぶん今まで撮った写真の中で一番よい。


B_irumakoukuusai_013


恒例の入間基地航空祭に行ってきました。まあ今回はあまり目新しい何かがあったわけではなかったのですが、YS-11で何か書こうと思ったんだけど忘れた。思い出したらまた編集する。


B_irumakoukuusai_037


今年は昨年の30うん万人を警戒してか、入口から厳重な入口規制があって入場までにかなり手惑いました。狭山の滑走路末端(基地外)まで人が並んでるのってオレ34年通ってるけど初めて見たよ。

B_irumakoukuusai_074


今年は強風の影響により陸上自衛隊のC-1からの空挺降下は中止。
輸送機の編隊によるアクロバット飛行は「進撃の巨人」のテーマに乗せて演出されてましたね。
国防の兵站を支えているまさに「巨人達」による変態編隊飛行でした。

B_irumakoukuusai_093


今年は自衛隊60周年。もちろん記念塗装のF-2とか色々目玉はあるのですが、やはり日本の現在の最高の功労者たちはヘリ部隊にあるのではないでしょうか?それを次の演目で見た。

B_irumakoukuusai_107


あー。この光景。御嶽山の救助シーンで見た。

ホバリング限界高度2900メートルという条件のヘリ(空気が薄くて安定しない)が3000メートルを超える御嶽山でホバリングしながら火山灰でローターに灰が詰まる環境でも人を救助する光景をみなさんも見ているはずだ。

なんかこの救助シーン見てるだけで胸が熱くなった。

B_irumakoukuusai_227


ブルーインパルスの頃、天気はあいにく午後から雲が多くなってしまったんですが、合間合間で晴れてたのですべての演目をやりましたね。

Nnt09


T-4ブルーでは初めて見たかも。5輪技。

B_irumakoukuusai_338


B_irumakoukuusai_339


ちなみに真の航空ファンはブルーインパルス後の戦闘機の帰投シーンを目的に来ているのです。F-2の大轟音。腹に響く。期待を裏切らないなぁ。やっぱすげぇ。

F-15とF-2は飛行展示をやらなかっただけにこの1瞬に賭けようとするカメラ野郎がたくさん居ました。

B_irumakoukuusai_375


P-3Cのパイロットが女性パイロットだった。鹿屋の人かな。日本の領海はこの女性によって守られているのですよ。P-3C 女性パイロットでググると結構出てきますね。
魚雷とか爆弾とかハープーンとかソノブイ投下とか色々やっていると思うとこれまた胸が熱くなるな。

ということで一日航空祭満喫しました。去年みたいなDQNもいなかったので結構楽しめましたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »