« あけましておめでとうございます | トップページ | 2016年高尾陣馬縦走 »

2016/01/04

宝登山に猿を見に行く

B_hodosan_008


1月3日に宝登山登ってきました。
近所がみんな帰省してしまって遊ぶ子もいない中、この正月太りを解消するには、そうだ、運動しよう。という結論になり、申年でロープウェイもあってエスケープも可能・・・そうだ秩父行こう。

と朝思い立ち、秩父へ。

関越下り方面はかなり空いてましたよ。

B_hodosan_032


ロープウェイで上がれば5分のところを1時間かけて登ります。
参拝客で神社近くの駐車場は激混みでしたが、駅近くのちょっと離れたところであれば1日500円でかなり空いています。そっちに停めました。
前回の高尾山の時は次女も「疲れた疲れた」言ってなかなか登れなかったのですが、今回の宝登山は次女もあまり疲れた疲れた言わずに着実に登っている感ありました。体力がついているんだなと思いました。

B_hodosan_035


山頂近辺は雪がありましたよ。

B_hodosan_058


8合目くらいのところに動物園があります。そこに猿とか鹿とかいます。
餌やれますよ。

B_hodosan_066


実に昭和感漂う動物園で、わたあめ製造機とかありました。(ちゃんと動いたんだがわた飴が飛び散って頭が蜘蛛の巣張ったみたいになった)

B_hodosan_072


萌えキャラ。これもしばらくしたら過去の遺物となるのだろうか。

B_hodosan_088


B_hodosan_089


かなりゆっくりペースでしたが、無事登頂。山頂は風もなく、むしろ暑い。
ベンチがいくつかあるので山専ボトルで雑炊とチキンラーメンを食いました。(ただちょっと足りなかった)

B_hodosan_090


山頂から見た両神山

B_hodosan_091


山頂付近は蝋梅園になっており、見事に咲いていました。香りがすごく良い。今年は開花が早いみたいです。ていうかつつじや普通の梅が咲いていた。暖冬なんですね・・・

B_hodosan_108


下山はロープウェイに乗って下りました。僕が子供の時から変わっていないこの秩父鉄道色デザイン。懐かしい感じです。子供は怖がっていましたが、僕は別の意味で怖いと思いましたが。(古い)

B_hodosan_111


下山後、温泉に行こうと思って車を走らせていて、ぞうすいとチキンラーメンだけだとお腹空いていた我々は途中でピザ屋をみつけました。入口が怪しい。大丈夫か?と思い恐る恐る入ってみました。

B_hodosan_112

B_hodosan_116

入ってみたら古民家風のピザ屋さんでなんとも癒される空気感が漂っている。なんかゆっくり時間が流れている感じ。


B_hodosan_119


自家製ベーコンのピザとマルゲリータを頂く。クリスピーでとても美味しい。シナモン?ナツメグ?スパイスが練りこんであるのだろうか。とても今まで食べたことのない感覚のピザでした。すごく美味しかった。薪ストーブがくべてあり、わんこが1匹いて色々おもてなしをしてくれる。

B_hodosan_124


わんこを無視してもしゃもしゃピザを食う次女。

ビラパワ

後で色々調べたら結構有名なお店みたいですね。怪しいなんて言ってすみませんでした。

お腹を満たした後は満願の湯へ。
硫化水素泉で、体の芯まで温まりました。(サウナ3回ハシゴしました)

CMじゃないけど秩父のパワーをもらいに行った感じでした。これで1月5日から戦える。かな。
色々元気にさせていただきました。ありがとうございますという感じです。

|

« あけましておめでとうございます | トップページ | 2016年高尾陣馬縦走 »

コメント

宝登山ですかー。長瀞ですね。
長瀞といえばSLですが、鉄道も少子化と人口減少で、いずれは安楽死の道を歩むのでしょうね。

どこの鉄道会社も、猫の手も萌えの財力をある意味あてにしているのが、今の地方鉄道の実態だからね。2014年に三陸鉄道を訪問してそう痛感した。

投稿: 夢こえ | 2016/02/25 20:05

猫も杓子も萌えキャラだよねー。
でも秩父はもっとクローズアップされても良いと思うけどねぇ。いいところいっぱいある。

投稿: だーたか | 2016/02/28 08:20

もっともその秩父も「あの花の名を僕はまだ知らない」というアニメで売り出し中だし、(池袋から)途中の飯能も「ムーミン」と「ヤマノススメ」で売り出し中だけどね(^ ^;;;

最近ふと鉄道ブームに関して疑問に思うことがある。サンライズを除いてはもうななつ星や四季島等クルージングトレインでしか夜行列車の旅を楽しめなくなってしまったけど、そうなる前にしっかり乗っておけばいいのにと。赤字ローカル線もそう(もっとも観光客が1~2人乗ったところで、収支が改善されないけどね)

ちなみに鉄道ファンは、クルージングトレインを評価していないのが現実。我々が求めているのは、ななつ星ではなくて、北斗星やはまなす・八甲田だと。

20年以上前に行った北海道旅行の評価って、一言で言うと大体昭和の鉄道雰囲気を残した旅としての記録と評価なんだよね。
だから友人宅でゲームなんかしないで、周遊券あるんだから、もっと赤字ローカル線乗れよと批判されるし、それが分からない人は、鉄道ばかり乗らないで、すすきのとかスキー場へ行けよと批判する。
ある意味(皮肉な意味で)夢こえを象徴する旅なのかもしれないが

投稿: 夢こえ | 2016/03/20 22:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41573/63000242

この記事へのトラックバック一覧です: 宝登山に猿を見に行く:

« あけましておめでとうございます | トップページ | 2016年高尾陣馬縦走 »