« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016/07/20

ゼロからはじめるミニベロ生活(その4)

B_15owi


で、ここに来てバイクフライデーですよ。

誰にも言われない最強のチャリ=自分で一から作る

これしかないと思いました。

パーツの選定、フレーム、長さ、もろもろ自分で作れるよ。
ということで曙橋にあるバイクフライデー正式ディーラーのイークルさんに訪問して色々話を聞きました。
2015年12月ごろだったかな。

その日はあいにく雨で試乗できなかったんですが、絶対に乗ってから決めてください。という姿勢がものすごくて圧倒されるくらいでした。正規ディーラーとしての重みなんでしょうか。

お、おう。

ちなみに一番安い構成で買うとどのくらいなんでしょうか

ブロがオプション混みで普通に買えるくらいですw

とのご回答をいただけました。


ああああ、あと何回営業で表彰されれば買えるんだろうか。
そんな感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/07/18

太陽光発電にしました

B_dsc_0125


うちの電気を太陽光発電システムに切り替えました。
あー。まあ実はこの家を買った当初、数年で切り替えようとは思っていたのですが子供が生まれましてずっと先延ばしになっていたんですよね。

これでウチにセールスは来なくなるな。

というそういう問題ではないのですよ。

だーたか家は築10年で、ガスの給湯器を使っています。やはり10年たつと色々な所にガタがきてまして、これで給湯器を交換するとなるとそれこそ20万円コースです。

ならば、一気にエコキュートに変えちまえ。ということで見積もりを取りました。
昔はイニシャルがかなりかかって、ランニングコストで元取るのがかなり先だったんですが、今の太陽光パネルの発電能力の進化めざましく、慣らすとほぼ年間の電気代と変わらないのですよ。

B_dsc_0127

1:00~5:00の間に超巨大なサーモスの中にお湯を作って一日それを使い続けるという仕組みです。
熱交換なので、逆に夜外に対して冷たい風が出る。
にしてもでけーな。


工事は一日で終わりました。自分が頼んだ業者さんは工事の方と営業の方の連携も取れてるし異常なまでに丁寧なので良かったですよ。
取り付けた日から物理的には売電が可能な状態になっているのですが、東京電力のプラン変更処理が終わるまで太陽光パネルからの線はつながない(入れないで)と言われています。

B_dsc_0128_2


こんなステータス表示が出ます。

いろいろ試したんですが、食洗機、部屋干し乾燥機、白熱球の消費電力凄まじいです。エアコンもすごいかなと思いましたがいやいや、上記3つが突出してます。

いろいろ勉強になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/07/17

ゼロから始めるミニベロ生活(その3)

Image_main_1


ブロンプトン

大英帝国が作った超高性能折り畳みチャリです。

あ、ぶっちゃけ乗り心地サイコーです。
グレームは基本クロモリ。アルミとは違うのだよ。アルミとは。

クロモリと聞いて黒森峰女学園を想起してしまった私ははやくおり畳みどころかカメさんチームとして・・・という話はどうでもいい!

近所を乗り回すんならこれで十分じゃないでしょうか。これがまた畳まれ方も乗り味もこう、某戦車アニメのイギリス勢が語りそうなそれです。

644862

「どんな走りをしようとも、我が校の戦車は一滴たりとも紅茶をこぼしたりはしないわ」

まさにそれ。

ウチの家のお向かいさんもこれをメインに乗ってます(MTBもロードも持ってるけど)

必要にして十分、金額は195000円。

これでいいんじゃねーの。と思った矢先に、お向かいさんとたまたま娘留守番たこ焼きパーティみたいな時があって一緒にハイボール飲みながら

いやほかにも選択肢ありますけど入手ルートが少なくてね・・・的なご意見を頂く。

KHS バイクフライデー ほか

もうここまで来るとよくわかんね。てなわけで水道橋界隈(例の飲み屋や会社)に聞いてみたところBromptonをDisるDisる!!ここまであんたコケにしてるけどなんか恨みあんのか?というくらいdisるわけですよ。

えー。付属品色々出てるけど選べねーよ
専用品があまりにも多すぎ
スピードが出ない。もしスピードを求められたら拡張性がないからダメだろ

という猛烈なダメ出しに合う。

なんか自転車めんどくせーな。自分がいいと思ってもどんだけ外部の意見にこだわりがあるのかね。いや、趣味の世界だから拡張性があるのは十分にわかってる。でもさー、選ぶのは自分じゃね?


よし


わかった。誰にもコケにされないチャリを買ってやろう。ちょっと色々考える。

(つづく)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016/07/16

ゼロからはじめるミニベロ生活(その2)

Birdyclassic15_scotch


という事でミニベロという自転車の領域を調べ始めて、一番先に目に留まったのが、ドイツ製のBD-1だった。いや、当時は日本のミズタニがBD-1という名前で出していましたが、今はミズタニが撤退したのでBirdyというブランド名に変わっています。中身は変わっていないんだけどね。

これがカッコいいんですよ。フロントフォークをズボッとはずしてくるっとたたむ、いや、ドイツの科学力は世界一イィィィって感じで。

たたみ方もWebにアップされてます

入間のアウトレットにあるワイズロードで、BD-1からBirdyに名称変更するタイミングだったというということもあり、10万円そこそこで買える価格帯だったので思わず買っちゃおうかなと思いました。

で、チャリに詳しいご近所さんに話をしたところ


「いやーアルミでしょ、いや、機構はかっこいいのは認めるけど
マウンテンバイクのコンポーネントがそのまま使えるのは魅力的だけどもともと
持っていない人だと恩恵ないよねー。」

的な。

ご近所さん「チャリはやっぱりクロモリですよ。クロモリ。」

なんじゃクロモリって。あーブラックモリブデン鋼か。

ご近所さん「私が使っている「Brompton」をお勧めします。」

ブロンプトンか・・・昔営業カバンを買おうとしたときに、完全防水レザーカバンを買おうとしてブロンプトンのカバンを買おうとしたっけな。結局マンダリナダックの3WAYにしたよなとか色々思い出しましてね。


まあ、よくわからんけどアルミは乗っていて固くて疲れるという情報をゲットしました。確かにそうで、大宮のワイズで乗ったらなんだろう、固い。あーよし、んじゃブロンプトンってのが良いのかな。でも19万5千だよな。小さくたためるのは魅力だな、とかいう理由で色々調べるようになりました。

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/07/12

ゼロから始めるミニベロ生活その1

自転車とは無縁だった。

いや、むしろ何10万円とかかけてんの意味わかんね。

と、どっちかっつーとdisる側の人間でした。


たまたま近所はチャリ乗る人が多くてMTB試乗したり色々していくうちに、長距離を楽に走れる有用性やら、燃料費もいらない移動手段として考え方が変わってきたんですよ。

そうこうしてるうちに山も行くし数万円で手の届く範囲でMTB買おうと思うようになりました。自分が買おうとしてたのは当時最盛期の29erでした。

やれコンポーネントがどうとか色々調べていくうちに、待てよと。山チャリ買っても走れるとこが、あんま無いじゃん。と。

用途が限定されるよりは汎用性を考えるべき。ほとんど舗装路だし別にレース出るわけじゃねーし。と、考えてるうちに輪行というキーワードが出てくる。かつて鉄道というキーワードにどっぷりはまっいた自分にとって、一番しっくり来た何かを感じたのです。

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/07/09

第一回電車釣行試験◆国府津でまさかのアレが釣れる◆

B_dsc_0056


7月は娘たちが毎週土日バレエ強化練習に行く季節です。つまり、土日が自由になるってわけ。

それを機に去年、圏央道が茅ヶ崎までつながったのをいいことに、車で平塚やら国府津やらに行って海岸からの投げ釣りをやりはじめたのです。
(いや、正確にいうともともと僕は常磐で釣りをメインにしていたのだが、常磐が地震でダメになってから暫く釣りをやっていなかった。だから復活です)

ところが!

今年からご近所の子供たちがこぞってバレエをやりだした為、ウチの車で送迎することになりました。つまり車がつかえない。そこで考えたのだよ。

せっかく都内までの定期券を持っているのだから、朝マヅメには行けないにしても電車で釣りに行けば良いではないか。

ということで朝4:50川越発の電車に乗り込む。
7時30分。国府津駅到着。国府津は駅からすぐ近くに海があるし、コンビニもあるし、釣り餌屋もある。
内田釣具店さんに寄ってジャリメ1パックを買い、クロックスはいて海岸へ。

B_dsc_0059


ビイイイール!電車ですから。しかし、この時期の釣りで一番釣れる時間帯(朝5時から7時)を過ぎているので海岸は閑散としています。みんな帰った後だわ。


しかし潮の流れが速い。仕掛けがどんどん右から左へ流される。
キス用の細い仕掛けだとどんどん何かに引っかかって無くなる始末。

B_dsc_0060


10投目くらいで誰かの仕掛け(テンビン付き)とキタマクラ。フグの仲間。食ったら即死します。

B_dsc_0064


2時間くらいやってようやく食えるものが釣れた。メゴチ。しかしちっせぇな・・・シロギスはどこ行ったんだろ。

B_dsc_0066


3時間くらいたって、細い仕掛けだとキリがないのでカレイの赤い毛バリが付いた号数の太い仕掛けにチェンジ。

竿が重い。あーまた根がかりしたのかなと思ったら動く。やべー流木でもかけたか?と思って砂地に引き上げるとムニョムニョ動いている・・・うわ・・・タコだ。

昔鹿島の北新堤防で、タコは人が目の前で釣って、締め方を一度だけ教わったことがある。でも自分で釣るの初めてだった。頭をひっくり返して内臓をハサミで切る。そうすると黙るはず・・・いや、ダメだ。吸盤吸い付かれる。頭戻して目の間を千枚通しで突く・・・ようやく沈黙した。

というやりとりを40分くらいやってました。でも嬉しいぞ。地物タコ美味しい。

B_dsc_0069


12時納竿。タコ釣れなかったらメゴチ1匹という悲惨な状態だったかも。

B_dsc_0071


B_dsc_0072


せっかくなので、グリーン車乗って池袋まで。その間に鯵の押し寿司の駅弁を頂きます。

B_dsc_0076

15時帰宅。
家に帰って塩振ってヌメリとり。てかまだ吸盤吸い付くんですけど。凄まじい生命力だな。

B_dsc_0077


お茶、ひとさじの醤油、酢ひと回しを入れた鍋にマグマダイバー

B_dsc_0078

B_dsc_0079


立派なタコ。

B_dsc_0080


端っこをタコぶつにして食ってみた。一口口に入れた瞬間に、あ、違うと思った。めちゃくちゃ甘い!
スーパーのモーリタニア産冷凍タコとはまったく別物の違う何か。

これは釣り人の特権ですね。

その後タコピザにしたり、タコ飯にしたりその後5日くらい楽しめましたよ。

B_dsc_0081


あ、完全にタコに主役もってかれましたけど、メゴチもてんぷらにしました。塩でおいしく頂きました。

てなわけで、第一回電車釣行はまさかのタコ釣りで成功に・・・

あれ、シロギス狙いに行ったんじゃなかったっけ?

いいんです。


また潮の良いタイミング狙って行きますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »