« 妙義山2016 | トップページ | ゼロから始めるミニベロ生活その1 »

2016/07/09

第一回電車釣行試験◆国府津でまさかのアレが釣れる◆

B_dsc_0056


7月は娘たちが毎週土日バレエ強化練習に行く季節です。つまり、土日が自由になるってわけ。

それを機に去年、圏央道が茅ヶ崎までつながったのをいいことに、車で平塚やら国府津やらに行って海岸からの投げ釣りをやりはじめたのです。
(いや、正確にいうともともと僕は常磐で釣りをメインにしていたのだが、常磐が地震でダメになってから暫く釣りをやっていなかった。だから復活です)

ところが!

今年からご近所の子供たちがこぞってバレエをやりだした為、ウチの車で送迎することになりました。つまり車がつかえない。そこで考えたのだよ。

せっかく都内までの定期券を持っているのだから、朝マヅメには行けないにしても電車で釣りに行けば良いではないか。

ということで朝4:50川越発の電車に乗り込む。
7時30分。国府津駅到着。国府津は駅からすぐ近くに海があるし、コンビニもあるし、釣り餌屋もある。
内田釣具店さんに寄ってジャリメ1パックを買い、クロックスはいて海岸へ。

B_dsc_0059


ビイイイール!電車ですから。しかし、この時期の釣りで一番釣れる時間帯(朝5時から7時)を過ぎているので海岸は閑散としています。みんな帰った後だわ。


しかし潮の流れが速い。仕掛けがどんどん右から左へ流される。
キス用の細い仕掛けだとどんどん何かに引っかかって無くなる始末。

B_dsc_0060


10投目くらいで誰かの仕掛け(テンビン付き)とキタマクラ。フグの仲間。食ったら即死します。

B_dsc_0064


2時間くらいやってようやく食えるものが釣れた。メゴチ。しかしちっせぇな・・・シロギスはどこ行ったんだろ。

B_dsc_0066


3時間くらいたって、細い仕掛けだとキリがないのでカレイの赤い毛バリが付いた号数の太い仕掛けにチェンジ。

竿が重い。あーまた根がかりしたのかなと思ったら動く。やべー流木でもかけたか?と思って砂地に引き上げるとムニョムニョ動いている・・・うわ・・・タコだ。

昔鹿島の北新堤防で、タコは人が目の前で釣って、締め方を一度だけ教わったことがある。でも自分で釣るの初めてだった。頭をひっくり返して内臓をハサミで切る。そうすると黙るはず・・・いや、ダメだ。吸盤吸い付かれる。頭戻して目の間を千枚通しで突く・・・ようやく沈黙した。

というやりとりを40分くらいやってました。でも嬉しいぞ。地物タコ美味しい。

B_dsc_0069


12時納竿。タコ釣れなかったらメゴチ1匹という悲惨な状態だったかも。

B_dsc_0071


B_dsc_0072


せっかくなので、グリーン車乗って池袋まで。その間に鯵の押し寿司の駅弁を頂きます。

B_dsc_0076

15時帰宅。
家に帰って塩振ってヌメリとり。てかまだ吸盤吸い付くんですけど。凄まじい生命力だな。

B_dsc_0077


お茶、ひとさじの醤油、酢ひと回しを入れた鍋にマグマダイバー

B_dsc_0078

B_dsc_0079


立派なタコ。

B_dsc_0080


端っこをタコぶつにして食ってみた。一口口に入れた瞬間に、あ、違うと思った。めちゃくちゃ甘い!
スーパーのモーリタニア産冷凍タコとはまったく別物の違う何か。

これは釣り人の特権ですね。

その後タコピザにしたり、タコ飯にしたりその後5日くらい楽しめましたよ。

B_dsc_0081


あ、完全にタコに主役もってかれましたけど、メゴチもてんぷらにしました。塩でおいしく頂きました。

てなわけで、第一回電車釣行はまさかのタコ釣りで成功に・・・

あれ、シロギス狙いに行ったんじゃなかったっけ?

いいんです。


また潮の良いタイミング狙って行きますよ。

|

« 妙義山2016 | トップページ | ゼロから始めるミニベロ生活その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41573/63890836

この記事へのトラックバック一覧です: 第一回電車釣行試験◆国府津でまさかのアレが釣れる◆:

« 妙義山2016 | トップページ | ゼロから始めるミニベロ生活その1 »