« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016/10/29

10月15日、16日雲取山登山

B_dsc_0169


雲取山ってのは自分にとっては父親みたいな山です。

もういろんなことひっくるめて登山の楽しさと厳しさと、そして最後まで今思うとやっぱ雲取山なんだなと教えてもらっている気がします。まあもっとも父親がホームグラウンドとしていた山ですからね。父親は大血川、つまり太陽寺のほうから登っていたそうですが。

そんな雲取山に今回参加の「くま夫妻」が一度登ってみたいということで、何度も行ってる鴨沢ルートでご案内いたしました。便乗3名。今考えてみれば鴨沢から上がることに意味があったのかも。

B_dsc_0003

朝小袖乗越に先発隊として自分が5:40についたらなんじゃこれ。すさまじい車の数だよ。仕方なく端っこ路肩に停めました。(半分駐車場に入っているのだがこれはアリなのか?という駐車)


B_dsc_0020

9:15に奥多摩から来たくま夫妻と合流。あれ?登山口にたどり着かないと思ったらまさかの違う道。いや、気づけばよかったんだけどね。引き返す。集団心理怖ぇ。10分ロス。

鴨沢から堂所、七ツ石小屋まではひたすら樹林帯を上がります。秩父はこの苔むした山道歩きがいいらしいんですが、僕はまだその境地にはたどりついていません。稜線のあの素晴らしい景色目指して歩きますよ。

B_dsc_0051


B_dsc_0059

稜線出ると青空に向かって自分が歩いていく爽快感。これ、これが見たかったんですよ。苦しい道歩いた後に現れるこの道。


B_dsc_0117


くま夫妻は途中で拾った枝をまさに「相棒」として杖にして登ってきました。途中下りですれ違った玄人そうな山男から「最高のトレッキングポールだな!仙人みたいだぜ!」と言われていたのがちょっと羨ましかった。確かにかっこいいかも。

B_dsc_0124


そして無事雲取山荘に到着。テン泊組は流石に重量でかなりつらそうだったけど、それほど時間差なく山荘で合流できました。

B_dsc_0616

B_dsc_0625

夜は更けゆく・・・
外でお湯わかして酒飲んだりしてました。予想はしていましたが寒い。


B_dsc_0177

翌朝も爽快な晴れ。
山頂からの景色。

さて富士山、南アルプス、八ヶ岳を横目に高度を下げていきますよ


B_dsc_0183

僕はこの小雲取から石尾根に下るこの道が本当に好きで、富士山がだんだんと周囲の山が高度を上げるとともに見えなくなっていく儚さというか、山を下りている実感と侘びみたいなのが、これを味わえたので今回の山行は文句ないっす。まあそれも晴れだからこそ、なんですけどね。


途中石尾根のところでおやつ休憩し、下山しました。

しかし長いルートです。何回も来ているけど、体にこたえるねぇ。でもそれもひっくるめて、これこそが登山で、その楽しさとは何なのか?をいろいろ考えさせてくれる(課題をくれる)雲取山は、やっぱり好きな山です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

次女運動会

B_dsc_0077


去る10月8日に次女の運動会でした。

今年の運動会はまきおがこれまた幼稚園の役員の為、ほとんど幼稚園側の仕事をやっていて(マット出しとか)まあ慌ただしい運動会でした。

次女、よく走ってましたよ。
早いか遅いかは別として。


組体操での一生懸命な姿が記憶に焼き付いていますよ。(集団で写っているので写真はアップしないけど)

あとはやっぱりバレエをやっているからなのか、体が小さいわりにはダンスとかだと大きく見えますね。挙動が大きいんだろうな。たぶん。

今年で幼稚園の運動会も終わりかと思うと、ちょっと寂しいですね。

来年は小学生かー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/10/02

BIKE FRIDAY Pocket Rocket 納車と走行して気が付いた事

B_dsc_0529


とうとうポケットロケット(Not PRO)が納車となりました。
これを買うのに1年かかった。実は2015年はそれなりの営業インセンティブをもらっていましたが、それはすべてこれを買うために貯金に回し、消費を大幅に減らすために食費を1日500円以下にしました。1日500円ということはお茶とか含めて500円なので、平均して昼飯は200円から300円でした。
それだけやってとうとう入手したので感激も一入です。

B_dsc_0519


納車にあたってはまず畳み方、これを徹底的にやります。まずは試乗車で。
ベルクロの結ぶ位置、輪行袋への入れ方までやります。

B_dsc_0525

自分で畳んで展開できるようになったら、試乗車ではなく自車で折り畳みと展開方法を反復練習します。
13:00ごろからやり始めて、実に2時間半くらいの講習を受けました。


B_dsc_0527

そして高さやブレーキなどの微調整をして、納車です。イークルさんには本当にお世話になりました。イークルさんはご夫婦でやられている小径車専門店ですよ。まだこれからもお世話になると思いますがよろしくお願いいたします。


B_dsc_0536


防衛省のわきをとおって水道橋某立ち飲み屋前でくり坊さんのKHSと記念撮影です。

ここに「チャリ酒部隊」の設立を宣言します

その後、水道橋から川越まで自走します。45キロくらいかな。

実際に走ってみていろいろと気が付いた事がありました。

1.小径車のハンドルがクイックという意味がよくわかりました
2.ずっとハンドルを握っていないと走れません。手放し走行なんてもってのほかです
3.坂道はこぎ続けていないと止まってしまうという理由がよくわかりました
4.練馬のニトリのところで段差を斜めに入ってしまいコケるところでした。(速度出てなくてよかった)
5.下り坂ですが意外とブレーキがよく効き車体が軽いので浮き上がりそうになります。怖い。
6.気が付いたら原付と同じくらいの速度が出ているので注意。そしてコケたら重大な怪我になるなと思いました。7.ヘルメットは必須。タイヤが細いので側溝にはまりそうになりました。

ということで、ミニベロロードバイクを走らせるにも街の中には危険がいっぱいです。
あとは乗る姿勢かな。これは慣れないとだめですね。

ただ、早いです。軽くて快適極まりないです。ママチャリとは明らかに別世界の乗り物です。
もっといろいろ試してみたい!と思える自転車ですね。

そして・・・何よりカッコいいです。カラーオプション正解だった。
土日がさらに楽しくなります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »