« もくもく作戦です! | トップページ | 終着地点はやはり酒だった(奥多摩までサイクリング) »

2017/04/23

高尾山すき焼き会

B_dsc_2937


金曜夜。22時に会社から帰宅。
まず玄関をくぐる前に家の裏に植えてあるネギを収穫。
それから家に入る。

おもむろに天井裏にある収納から38リッターのザックを取り出し、レインウェアを詰める。
白滝をゆでる
ハサミで切ってタッパーにつめる。

朝4時

B_dsc_2938

きっと毎年4月に川越線と中央線でこの恰好を見たら100%僕です。
よく八王子駅で乗り換えをするときに聞かれます。
ザックの大きさから行くと、北アルプスでも行くのかという仕様だ。

「どちらまで行かれるんですか?」

「ハイっ 高尾山です!」

B_dsc_2940


午前7時に登り始める。自分は先遣隊で陣地確保。


B_dsc_2943


8時半に一丁平到着。2テーブルを確保しましたが20分もしないうちにテーブルが満席に。
みんな弁当持ってきているね。花見っぽい人もいる。
ほかの登山者の視線が痛い。みんな早く来てー。


B_dsc_2954

こーちゃん、なお氏、ogr氏続々到着。
「いやま゛っ↓てたよぉ!」
なお氏はおもむろにバーテンの服に着替え始める。
何がはじまるんです?

B_dsc_2960

人が来るたびにどんどん酒の量が等加速度的に増えていく。
登山道歩く人がみんな見ていく。すさまじい酒量。


B_dsc_2968

自分が持ってきたネギを焼き始める。
牛脂がないので酒で焼く。てかこれつまみでいいんじゃね?


B_dsc_2971


今回のコンセプトはうけもち登山部とばるきど登山部のセッション。
ばるきどシェフのAyaタソからは大量のつまみを持ってきていただけました。
全備重量22キロというのも頷けます。
毎回Ayaタソにはいろいろ教えてもらうんだけど、今回はとんぶりの使い方をいろいろ教わりました。
そして長芋のゆかり漬け。これが美味しいんだ。

B_dsc_2972

メインのすき焼きが始まります。肉の量2キロ。
ていうか、みなさんよく見てください。
登山用バーナーではありません。ガスコンロです。
担いで持ってきました。

肉2キロでも食っちゃうんだなこれが。
何よりすき焼きの匂いがすごいのだ。
朝9時から14時くらいまで飲んで食って飲んで食って。


B_dsc_2974

要救発見です!

B_dsc_2975

前の週に作ったニジマスの燻製を持参しました。日本酒につるすと絵になります。
もちろんスモークチーズとクリームチーズ、クラッカーも持参しました。


B_dsc_2982

最後はうどんと雑炊に。うどんは食えないかなと思ってましたが、ものすごい食欲ですね。
山という環境がなせる業なのだろうか。

このうどんと雑炊がね、なんとも言えない味。いや、美味しい。何だか知らないけどスパイシー。たぶん同じもの作ってと言われてもできないと思う。和と洋とアジアっぽさが加わった独特なおいしさでした。

15時に完全撤収。

でも飲み足りない人たちは、下山後居酒屋に。みんな本気か。


B_dsc_2985

このザックの量。

ちなみにすき焼きはなんと一人あたりたったの2,000円。
居酒屋は倍額以上でした。(よく覚えていない)

酒場vs酒場

そもそも何を戦っているのかよくわからないが。

みんなバカです。(褒めてる)
大人が本気で遊んでいるのは本当に楽しい。

なおさんのBlogにも細かく書かれているのでこっちもチェック!

|

« もくもく作戦です! | トップページ | 終着地点はやはり酒だった(奥多摩までサイクリング) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41573/65185637

この記事へのトラックバック一覧です: 高尾山すき焼き会:

« もくもく作戦です! | トップページ | 終着地点はやはり酒だった(奥多摩までサイクリング) »