« 森林公園で次女の自転車練習 | トップページ | チャリ酒部隊発足記念ライド(房総:1日目) »

2017/05/28

船橋三番瀬潮干狩り(もはや漁)

B_dsc_3168

潮干狩りはスポーツである。

これは断言できる。居そうなところをみつけてしゃがんで掘る。移動してしゃがんで掘る。つまり知らないうちにスクワットをしているのと同じ。翌日の筋肉痛ハンパないです。(穂高岳登山から帰ってきたときと同じくらい)
運動もでき、自然も満喫しながら食材もゲットできるというなんという効率の良いレジャーなんだろう。

ということで今年もやってきました船橋三番瀬。都内で一番安い潮干狩り場だが、潮干狩りというのは当然潮の満ち引きに大きく左右される。
釣りやっている人ならわかると思いますが
ゴールデンウイークはいわゆる若潮~中潮の時期で、潮干狩りには適さなかったんだよね。

で、GW翌週を狙いました。

この日の三番瀬は11時から14時までが営業時間。
だけどすごく混雑するのがわかっていたので、朝6時に家を出て7時ごろには船橋にいました。
この日は7時30分に駐車場開場して8時40分には満車だったそうです。

B_dsc_3169


B_dsc_3172

潮干狩り場は柵で仕切られているんだけど、実はその手前でも結構アサリとかいるんだよね。会場が空く前から実は始めることができます。アサリ、ハマグリ、シオフキなど。会場があく前にこの成果。


B_dsc_3174

天気がそんなに良いわけでもなかったので、意外と寒い。チケット売り場の前に地元漁協がホンビノス屋さんをだしていたので、ホンビノスの味噌汁。

ホンビノスって何?っていう方。

クラムチャウダーの中に入っている貝。日本ではアサリなどで代用していますが海外では正式にはホンビノス貝を使います。
もともと外来種で海外の漁船についてやってきて、最近東京湾で繁殖しているらしい。(ここ船橋の特に河口付近でとれるみたい。ハマグリやアサリと生息域が違うため競合しない。しかもでかい。砂抜きが簡単と良いことばかりのようですよ)


B_dsc_3177

さすがに開場となると混んできました。この日はボーイスカウトの団体やらふなっしーやらが来ていたらしく、バスツアーの人も交じって長混雑となりました。貝より人のほうが多いんじゃね?


B_dsc_3183

貝以外の干潟の生物も観察できて楽しいですよ。カニもいました。(なんてカニだろうか)


B_dsc_3187

1時間半ほど掘って約5キロのアサリとハマグリとシオフキをとりました。
船橋三番瀬は計量で金額を算出するのですが、実は裏技があります。
この船橋三番瀬はネットが1枚800円で売っています。1キロ入るとのふれこみですが、実際は1.5キロくらい入る。
しかもこのネットを持っていると計量をパスできるのです。

このネットにスーパーの詰め放題ばりにアサリを詰め込むのです。3袋で4.5~5キロくらいいけますよ。お試しあれ。

味噌汁、ボンゴレ、リゾットと大活躍食材です。
ハマグリは焼いて醤油でいただきました。

最初ハマグリとシオフキの違いがわからなかったんだけど、
家帰って砂抜きをして、あ、これがシオフキね。というのがわかるようになりました。シオフキは美味しいんだけど砂が抜けなくてね。

そして翌日筋肉痛になりましたとさ。(地下鉄の階段がきつい!)

|

« 森林公園で次女の自転車練習 | トップページ | チャリ酒部隊発足記念ライド(房総:1日目) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41573/65337301

この記事へのトラックバック一覧です: 船橋三番瀬潮干狩り(もはや漁):

« 森林公園で次女の自転車練習 | トップページ | チャリ酒部隊発足記念ライド(房総:1日目) »