« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018/03/21

稚鮎釣りとふきのとう

B_dsc_5326


稚鮎釣りに行ってきました。
茨城では春を告げる釣りの風物詩です。実は稚鮎、漁協によってまったく見解が異なっていて。。

茨城=合法
神奈川=違法

です。でも釣りすぎないという最低限のルールは守らないとね。

B_dsc_5324


朝6時。金丸釣具店。なんか自分3週間前も大洗に居た気がするんだけど。気のせいかしら。
仕掛けは地元で買った方がよく釣れるというのが持論。

B_dsc_5328


超一級の釣り場。場所の詳細は教えられないですが、大洗では稚鮎の沸き場として有名です。ヒントは某工場裏。

B_dsc_5330

群れにあたると一度に5~6匹釣れます。チカという別の魚(けっこうこれも美味しい)交じりでけっこうコンスタント
に釣れるんですが、近くでセイゴが跳ねたんだよね。それと同時に竿がギュンっとしなって仕掛け持ってかれた。そこで納竿。

B_dsc_5345


釣果稚鮎34尾。


B_dsc_5336

せっかくなので丸五水産さんで海鮮丼食ってきました。
おかしいな・・・3週間前もこの辺歩いていたような。デジャヴかしら。

その後昔釣りをした海門橋下のシーバススポットなどを偵察しながら那珂湊へ。

B_dsc_5338


B_dsc_5341


B_dsc_5342

那珂湊はあんこうづくしでした。あんこうの丸干しって初めて見た。てかあんこう1匹まるごと3500円で売ってるのはやっぱ那珂湊だけだなぁ。


B_dsc_5344

今回釣り用の真空パネルクーラーボックスを持ってきていたので、目光の干物とアジの干物を買ってきました。10枚入ってそれぞれ500円という安さ。


B_dsc_5348

釣った稚鮎はから揚げにしていただきました。スナック感覚で食べられる。ほろ苦さが最高です。


ほろ苦いつながりで。。。

B_dsc_5368


深谷の実家でふきのとうを収穫してきたので、そっちは天ぷらでいただきました。

B_dsc_5377

最近は食に対して季節感というのがなくなってきている時代。でもほろ苦い揚げ物とビールというのがどうも自分のDNAには刻まれているようで、そういった感覚は大事にしていきたいと思っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/18

ガルパンおじさんと行く大洗あんこう鍋ツアー(朝編)

B_dsc_5229


朝ハナ。

奇しくもこの大洗Blogは3部作になってしまった。
そのくらい書くことが多すぎて、どれから書いていいのかわからないのだ。
この「師匠のコラム」Blogは2004年から書き続けているが、3部作構成で書いたのは実に
穂高岳縦走以来である。

どれくらいの濃度だかおわかりいただけただろうか。

B_dsc_5226


大勘荘さんの朝食。しらす、納豆、めんたいこ(かねふくさん??)という地のものを生かした朝食。これだけ見れば一般的な分量の朝食だが。。

B_dsc_5227

でーん

朝からあんこう雑炊デース
昨日我々が食ったうち一つの鍋を残してあるのはここに理由がある。


B_dsc_5228


昨日の夜食べたのと比較するとあっさり目。でもこれが朝食にベスト。昨日飲んだ体に染み渡る。

B_dsc_5232

その後、街中へ再度繰り出し、GPOが究極のモブキャラのパネルを紹介。
「農業科」
こんなキャラいたっけ???


B_dsc_5236


ふとGPOがあいさつをすると、イベントスペースらしきところがあって中を見せてもらえることに。
もはや地元で顔の知れた人である。ガルパン麻雀大会なるイベントが行われていたらしい。

B_dsc_5234


B_dsc_5237

牌はちゃんと彫られていてモウパイもできる。
てか指の腹でプラウダの校章が把握できるのか(笑)!!
そして特殊な役があるそう。

「共産圏」
「廃校」

スタッフの方がおっしゃってました。「むしろどんどんツイッターで呟いてください。ここでこういったイベントをやっていることを広めてほしいんです。」

あ、この一言にすべてが凝縮されているなと思いました。

B_dsc_5242

その後大洗まいわい市場で買い物をして帰宅。

今回2回目だったので、ある程度耐性ができていてもう驚かないと思っていましたが、驚きどころか、ここまで大洗にガルパンが浸透しているのを見ると、これは自然なことなんだなと思うようになりました。
ただ、前もGPOが言っていましたが、これは大洗だからこそできる事だと。

美味しい食事と街歩き、実はフェリーも寄港できる大型港だが漁師町としての鄙びた感じ、「あんこう」という観光の目玉、実は東京から特急で1時間半で着ける利便性の良さなどのインフラが整ったうえでアニメと強調したことで、アニメの風景をリアルにトレースしている。そんなことを思いながら帰りました。

実は帰るときにちょっとトラブルがあって、乗ろうとした特急が運休になってしまった。僕らはGPOより先に大洗を後にしたのですが、GPOに電話したところ大混乱の水戸駅の中ですみやかに次の特急を手配していただきました。すさまじい速さのヘルプデスク対応でした。

これはよく鍛えられたGPO、つまりツアーガイドで大洗おじさん無しにはありえないツアーだった。2日間案内をしてくれた「あ●てな氏」に感謝。

またあんきも食いたい。来年も来よう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/10

ガルパンおじさんと行く大洗あんこう鍋ツアー(大勘荘:夜編)

B_dsc_5203


秋の日のヴィオロンのためいきの ひたぶるに身にしみてうら悲し 鐘のおとに胸ふたぎ 色かへて涙ぐむ 過ぎし日のおもひでや げにわれは うらぶれてここかしこ さだめなくとび散らふ落葉かな。

ノルマンディー上陸作戦の折、英BBCでこの「落葉」が3回流れたら開戦の合図とされたらしい。
俺たちが風呂から上がって部屋でまどろんでいるときに、なんか開戦の合図が聞こえたような気がしたんだ。

食堂に向かった我々は驚愕した。
そこにはまるでニミッツ級を彷彿とさせる学園艦船盛りが置いてあった。艦載機何機のってんだよ・・・

てか船首にアジがいるんですが見えない。
そのくらいホウボウとヒラメがでかすぎる。(ちなみにイカも乗ってます)

B_dsc_5204

大勘荘のあん肝。
このあん肝を食べたらもう都内の飲み屋であん肝食えなくなるよと事前に聞いていたが、これは大洗でしか絶対に食べる事ができないと確信しました。常温にさらすとオレンジ色のあんきもの脂の旨味が染み出してくる。これは捌いてすぐのあんこうでないと絶対にない。新鮮なあんこうなんてここでしか食えない。

口の中で溶ける。溶け味はチョコレートのよう。至高。すいません。語彙力がないのでうまく表現できません。
ガルパン的に言うなら
「あんきもはいいぞ」・・・って感じです。

B_dsc_5206

そして茨城の郷土料理「あんこうの共酢」です。いろいろな部位を湯引き?したものをあんきもとみそと酢をちょうどよいバランスで混ぜ合わせた「酢味噌」でいただくものです。ちょっと味噌を焼いてる?かな。余すところなくあんこうをいただけます。これを肴に日本酒だなぁ。なんて思っていたら。

「あるよ」

GPO改め大洗おじさんはさすが用意周到である。この肴にあう日本酒を事前に準備していた!細かくは書けないけどきちんと料理とのマリアージュも考慮している!

B_trdsc_5211


大勘荘マスターと談笑する大洗おじさん
背中には「WE NEED ANKIMO」の文字が。

B_dsc_5208

そして主力「あんこう鍋」の登場です。
そして予想以上に濃さを感じない味付け。優しい味で体が温まります。

だがこのあんこう鍋の真骨頂はこの後にある。

B_dsc_5212

あんきもを一つ残しておいて、それも鍋に。そしてつぶして濃厚な「あんこう雑炊」を作るのだ。
見てくださいこのオレンジ色の脂。


B_dsc_5213

ああ・・・旨いなぁ。
こんなにたくさん食べたのにまだ雑炊が入ってしまう。
ちなみに鍋は二つ出ていて、一つは晩飯の雑炊に。もうひとつは翌日朝食の雑炊に。
素晴らしい宿ですね。昨年行った肴屋本店さんもよかったのですが、
肴屋本店さんは「割烹」大勘荘さんは「漁師メシ」といった感じでしょうか。
これぞ漁師町で食べる料理といえます。本当に美味しかったです。


B_dsc_5215

夕食後、新劇場版で船舶課が集う「DONZOKO」のモデルとなったドルフィンさん(カラオケバー)に行ってみました。というか、GPOは行くべきベストの時間をすでに計算済み。行ったら残1テーブル(一つは予約済み)という。


B_dsc_5218

風紀委員長が閉じ込められていたトイレ。みんなでデッキブラシ持って便所掃除しようぜ。


B_dsc_5223

しかし客層が濃い。当初アニソン縛りかと思った。でも途中からBOOMとか歌いだして安心した。
安心して尾崎豊歌いました。

まさかここでテレビ版スパイダーマの歌を聞くとは。「チェンジ!やっぱうどん」とか言ってしまう自分たちもどうかと思いますが(笑)

まるでアキバに居るようだった。てか、アニヲタってみんな歌うまい。すげーメタル声が出る若者とかいてレベル高ぇ。
いや、ここは大洗だ。大洗。

しかしこれ、地元の人も来るから客層にも気を使いつつ。。

ダメです!ガルパニウム粒子が濃すぎてステージが見えません!

そしてどれくらい飲んだのかよくわからないまま、そしてシステムもよくわからないままドルフィンを出て大勘荘に向かうが、なぜかアントンさんとAyaタソが戻ってこない。
あれ?ということで急きょGPOが救出に向かい、ガソリンスタンド近くで無事保護。

良く鍛えられたGPOはガルパニウム粒子の濃い大洗のルートファインディングも完璧である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/03

ガルパンおじさんと行く大洗あんこう鍋ツアー(昼編)

B_dsc_5144

9月中旬。よく鍛えられたガルパンおじさん(以下GPO)から、1通のツイッターダイレクトメッセージを受け取った。
昨年に引き続き、大洗あんこう鍋ツアーやるから行かない?今度は大勘荘さんで。
2月の予定を9月に決める。そのくらい土日の大洗は厳しいってことか。

前回あまりの衝撃にほぼ1か月くらい脳にガルパニウムが残っていた。
だからさすがに2回目は驚かないと思ったんだ。

馬鹿め!2度も騙されるか!(だましてない)

ちなみに1回目はこれこれを参照。

ガルパンが何なのか、大洗が今どうなっているのかは上記を一度読まれたし。


B_dsc_5119

朝8時。上野駅。まさか早くもオレの脳にランディーローズが降臨し、クレイジートレインを歌い始めるのか!?と近寄ってよくみたら刀剣乱舞だった。

茨城はそっち方面でも魔境になりつつある。

B_dsc_5124

大洗のインフラガルパン化については前回のBlogにも記載したとおりだが、とうとうマンホールまでガルパン化していた。下水道まで進出。


B_dsc_5131

B_dsc_5127

まず我々は宿泊先の大勘荘さんに荷物を置かせていただきました。前回、今回のツアーを企画したよく鍛えられたGPOは2017年なんと60日を大洗で過ごしたとのこと。その約2/3を大勘荘で過ごしており、ゴルフバッグなども倉庫に預けている。もはや移住では?という話もしましたが、東京に仕事で通うのは不可能らしい。(試算済)
受付にガンダムの巨大プラモ(デンドロビウム)が置いてあった。ちなみになんでマジンガーZなのかというのも聞いてみたら大勘荘のマスターがマジンガーZ好きらしいです。

B_dsc_5128

大勘荘の看板犬「ハナちゃん」(女子)
実は僕イッヌ好きです。かわいい。

B_dsc_5136

注)とうふ屋です。外見アニメイトにしか見えない。

B_dsc_5137

海産物屋さんの中央にはねんどで作られた巨大なスーパーギャラクシーが置いてあった。
回りにおいてあるのはジェット燃料のドラム缶ではない。
たいみそと鰹の塩辛である。

B_dsc_5139


B_dsc_5142

昨年も訪問した肉の「ウスヤ」さんは隣の古い家がなくなっていてテントになっていました。そしてなんと、前回はなかったビールが販売されてました。揚げ物にビール。これは夢だね。しかもテントがいい風よけになって、これは長居しちゃうなぁ。
ここのハムカツは絶品です。

ちなみにうちらが居る間にサイクリストが同じようにハムカツを食べていたんですが、前はなかったサイクルラックがウスヤさんの横に据え付けられていました。ガーミンのサイクルコンピュータつけたバリバリのカーボンロード乗りでしたが、持っていたサコッシュに知波単の校章がついていたのを僕は見逃していない。

サイクリストGPOだった。


B_dsc_5156

大洗シーサイドホテルの横にはKV-2が撃った弾の跡がつけられてました。確か2017年春に別件(稚鮎釣り)で来た時にはなかったのでそれからアップデートされたのね。前は偶然ビニールシートがかかっていて云々の話があったけど、つまりホテル側もガルパンに乗ったのね。

B_dsc_5160

大洗のいわゆる一般的な観光地「神磯」まで来てみました。この日は海が穏やかで前回のような東映波ザッパーンという雰囲気ではなかったです。最近転落事故が2件起きているそうで、周囲に立ち入り禁止の看板が出ていました。磯釣りやる人ならわかるんですが、磯って猛烈に滑るんだよね。海苔みたいな海藻が岩の表面にあるから。あーいうところ歩くときはスパイクシューズがホントは必須なんです。


B_dsc_5148

そのあとホテルの中に入り、パネルやらお土産やらトイレやらを済ませているとき、フロントからビシッとスーツを着た若旦那が駆け寄ってきた。そして我々を引率する良く鍛えられたGPOに声をかける。

「あ●てなさん!まだケーキありますよ!」

すげぇぇぇ!名前呼ばれたぁ!!

これには本当に驚いた。まあもっとも本人が一番驚いていたが。
なんとバレンタイン企画で出しているケーキ(実は売り切れ直前だった)を出していただける超VIP待遇。もはやガルパンおじさんを超えた「大洗の名士」である。

昼にホテルでケーキなんてなんと優雅なセレブ時間。

だがBGMはなぜかあんこう踊り

シュールな時間。だがこのアンマッチさが良い。そしてこのケーキめちゃくちゃ美味しかった。

B_dsc_5171


B_dsc_5173

その後、カジマさんに行きズワイガニたっぷりコロッケをいただきました。カニ25g入ってるって。店頭で揚げたて状態でいただけます。タルタルつけ放題。
これはここでしか食べられないなぁ。

そう、いろいろ回っていて思ったんですが大洗の店の人もGPOも礼儀正しい人が多いよね。写真撮ろうとするとよけてくれたり良い写真が撮れるようにしてくれたり。いや、パネルだけの話ではなくて。


B_dsc_5182


B_dsc_5187


また少し歩いてヴィンテージクラブ「むらい」さんへ。ここはいわゆる酒屋さんなんですが横にカウンターがあるいわゆる「角打ち」スタイルのお店です。ギネスをいただきます。半地下にはワインセラーがあり、中を見せていただきました。

安いんだよ。意外と。しかも珍しいというかあんま見たことないワインが。1300円の赤ワインボトルとちょっとしたおつまみ。チーズ生ハム巻きをいただきます。ジャズを聴きながら過ごす優雅な午後。

だがちょっと視線を変えるとガルパンの色紙。横にはMG42機関銃。
アンマッチなのかこれが通常なのかよくわからなくなってきた。いや、きっと慣れたのだ。でもここのワインは美味しかった。


B_dsc_5189

次は普通のガルパンおじさんは行かないところへご案内します。ということで軽く丘を登る我々。動きやすい服装で来てくださいってのはこのことだったのか。


B_dsc_5191

なんと大洗を一望できる。なんという景色。こんな場所があったのか!これは普通のヲタは来ないな。
ガルパンではうさぎさんチームが打合せをしている場所らしいんだがそれはよくわからない。(覚えてない)
とにかくこの景色は歩いてしか来ることができない。知る人ぞ知るスポットというべきか。

その後山を下り、大洗で人気のビワミンを飲んだあとに宿である大勘荘へ。

実に10;00から17:00までの食べ歩き、だったが正直一つ言えるのは

ガルパン云々ではなく大洗観光

ということである。

そしてガルパンおじさんの進化系は

「大洗おじさん」

であることを理解した。きっかけはあくまでガルパンではあるが、大洗の隅から隅まで歩き倒さないとわからない、しかも自分の口にしないとわからない情報までがすべてインプットされているのだ。

そして大勘荘の夜を迎える・・・(夜編へ続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »