« 表銀座縦走3日目燕岳~大天井岳~西岳 | トップページ | 表銀座縦走5~6日目:ヒュッテ大槍→上高地→松本 »

2018/07/30

表銀座縦走4日目:西岳~槍ヶ岳~ヒュッテ大槍

B_tr_p7180233


ヒュッテ西岳。朝6時。今日も驚くばかりの快晴である。
朝食をすませた我々は東鎌尾根を見つめながら出発を急ぐ。

B_tr_p7180237


東鎌尾根方面に歩みを進めながら、いきなり道が切れ落ちる。

「え?ええ?いったん一番下まで降りるの??」

鹿がいたら滑落しそうなものすごい勾配の坂に申し訳程度に鎖がついている。これ上高地レベルまで降りるよ。んでまた登りなの?まさに一の谷の合戦で馬を背負いながら坂を下り降りた畠山重忠の心境である。

B_tr_p7180272


B_tr_p7180289


一度降りてもさらに痩せ尾根を登ります。途中水俣乗越という上高地からの合流地点を通ります。というか基本的に岩登りです。三点支持できないとここ通れないなぁ。

なんて言ってるときに、東鎌尾根の稜線上で石にけつまずく!
「ぐわっ」
なんて言いながら倒れこんだところはハイマツ生い茂る上高地側。
僕はこれを「北アルプスからの警告」ととらえました。慎重に行けと。

B_tr_p7180295

ものすごい長い梯子なんだが、降りるところが幅1メートル無くて両側が谷底という罰ゲームみたいなところ。慎重に振り返りながら乗り越えていきます。両側落ちるとか考えてる余裕ない。


B_tr_p7180309

途中サルがいた。このサル、人とのかかわりがないのか登山客のマナーがよいのかわかりませんが、まったく逃げない。木の上で木の皮をかじりながら立ちションしてました。サルは群れでいたけど全く威嚇したりしないな。同じシチュエーションで秩父で会ったときはものすごい威嚇だったんだけどな。


B_tr_p7180315


B_tr_p7180316

断続的な岩登りと降下を繰り返し、ヒュッテ大槍に到着。ここでカレーをいただく。これまた安定の燕山荘グループ。食事はレトルトでない。しかもうまい。カレー。あとコーラをいただきました。100円のコーラを300円で売る方法。最高に美味しいコーラでした。ここで荷物をデポします。


B_tr_p7180320

ヒュッテ大槍まで来ると、槍ヶ岳もこの近さですよ。変に近すぎるより、ヒュッテ大槍から見た槍のほうが美しいかなと思います。


B_tr_p7180328


ここからの東鎌尾根がまたきつかった。。足場が安定しない。浮石がたくさんある。それこそさっきみたいに転んだら即死するわ。

B_tr_p7180334


東鎌尾根を抜けると、肩の小屋に到着です。ここから槍ヶ岳ピークアタックです。

B_tr_p7180335

アルプス一万尺小槍の上でアルペン踊りを踊りましょ

の小槍を上から撮ってみました。いや、ここで踊れないでしょ。死ぬでしょ。
ロッククライミングのメッカだそうですよ。

B_tr_p7180336

てか、なんてとこ登るんだろ。
なんて思ってましたら、急に異変に気付く。

「怖くない」

うわ出た!穂高縦走以来のクライマーズハイ。オレ、絶対に落ちないわ。という錯覚。
これが一番怖かったんだよ。だから東鎌尾根~槍のルートはもう行きません。


B_tr_p7180339


なんか途中でホールド探すのが楽しくなっちゃってね。
最後に長い梯子を抜けると・・・


B_tr_p7180345

槍ヶ岳山頂です!広さはそうですね、15人くらいが立てるスペースかな。
ただ、360度切れ落ちてるからね、突風でも吹いて飛ばされたりよろけたりしたら死ぬかな。

自分が来たコースが一望できます。頂上は6人くらいしかいなかった。これも平日のなせる業かと。


B_tr_p7180352


肩の小屋まで降りてきました。たぶん恐怖から解放されて頭がおかしくなっているときかと。

B_dsc_7087

B_dsc_7099

そこから東鎌尾根まで下山。これまた恐怖感ゼロでした。
こういう時こそ警戒しないとですね。慎重に。
で、ヒュッテ大槍名物黒ビールをいただきました。山の中で黒ビールのサーバーが置いてあるなんて珍しいです。

B_dsc_7093


B_dsc_7096

ヒュッテ大槍の名物は、その料理です。料理が旨い山小屋として有名ですが、槍に行こうとするなら東鎌尾根経由になるのでわりと蔵人向けかなと。
今日のパスタはペペロンチーノと洋風スープ、しかもウェルカムドリンクで白ワインといういたれりつくせり。山小屋のレベルじゃない!

どうもせいらますお氏が前に来たときは利き酒セットがあったり、夕食後はカクテルメニューが出たりと居酒屋状態だったらしいのですが、やる人がいなくなったのか、そこまでのメニューではなくなってました。でも黒ビールやら白ワインやらをいただき、ほろ酔いになったあたりで就寝としました。


B_dsc_7098


B_dsc_7120


ヒュッテ大槍の良いところは、携帯電源だったり、リセッシュだったり、細かいけどこういう配慮がうれしいですよね。僕も携帯アプリなんかを結構使ってますが(YAMAPとか)さすがに4日山の中にいると超高レベルバッテリーでも持ちませんからね。

あと、流石に4日たつと体が臭い。風呂一回も入ってないし。
活躍したのはビオレクレンジングシートでした。これで指の股や、間接、首など全身を拭くことでだいぶモチベーションが変わります。

まあ、いずれにしてもヒュッテ大槍は女性にも安心してお勧めできる山小屋です。綺麗。

|

« 表銀座縦走3日目燕岳~大天井岳~西岳 | トップページ | 表銀座縦走5~6日目:ヒュッテ大槍→上高地→松本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41573/67003906

この記事へのトラックバック一覧です: 表銀座縦走4日目:西岳~槍ヶ岳~ヒュッテ大槍:

« 表銀座縦走3日目燕岳~大天井岳~西岳 | トップページ | 表銀座縦走5~6日目:ヒュッテ大槍→上高地→松本 »