« 2019年1月 | トップページ | 2019年9月 »

2019/03/09

大洗あんこう鍋ツアー

B_dsc_0025

 

アミニズム
アニミズム(英語: animism)とは、生物・無機物を問わないすべてのものの中に霊魂、もしくは霊が宿っているという考え方。19世紀後半、イギリスの人類学者、E・B・タイラーが著書『原始文化』(1871年)の中で使用し定着させた。日本語では「汎霊説」、「精霊信仰」「地霊信仰」などと訳されている。この語はラテン語のアニマ(anima)に由来し、気息・霊魂・生命といった意味である。 (Wikipediaより)

 

上記写真はガルパンの聖地である。
おわかりいただけるだろうか。
「歴女チームの家」である。

 

2018年9月、とうとう大勘荘に累計174日宿泊するよく鍛えられた大洗おじさんから1通のTwitterダイレクトメッセージを受け取る。

 

「大勘荘で今年もあんこう鍋ツアーやるけど行かない?」

 

 

今年は昨年メンバープラスうたせ、くま夫妻を加えたメンバーで参加。
大洗おじさんは先に大勘荘に入っている為、大洗駅で10:00待ち合わせとする。
大洗駅につくと、背中に「WE NEED ANKIMO」と記されたパーカーを着たよく鍛えられた大洗おじさんの姿が。

 

B_dsc_0019

 

 

まずは大勘荘に荷物をデポ。大勘荘でクルマで来たnaoさんayaタソ、アントンさんと合流。
まずは最初のエイドステーション、ウスヤ肉店を目指す。

 

ちなみにBlog編集用に写真を整理していたんですが、ほとんどガルパンキャラクターのパネルの写真が無かった。なぜか。それはガルパンのキャラクターではなく、逆に大洗の風景にガルパンの風景をトレースしているからだ。拡大するアニミズム。

 

B_dsc_0031
まずは最初のエイドステーション(と呼んでた)ウスヤ肉店さんへ。
去年までテントだったのに今年はなんとプレハブになってました。
B_dsc_0035_1
ハムカツ通常サイズ50円。大100円。ビール含めてワンコインである。
B_dsc_0037
その後丸五水産さんで購入した芋のムースを頂いたんですが、これは大洗の絶品。
だが冷静に考えたら丸五水産さんって魚屋だよなw
B_dsc_0045_2
まるでサスペンスドラマの1シーンのような光景であるが、これも大洗である。

 

 

 

B_dsc_8826

 

おわかりいただけるだろうか
KV-2からの砲撃地点を確認しているのである。

B_dsc_0038

(有)日野屋石油店へ。ここは継続高校大洗分校と書かれているように、

全面的にフィンランド推し。よく鍛えられた大洗おじさんから聞いたんですが

石油店って、普段配達で石油売ってるから、店である必要性ない訳で。

つまりここっていわゆる「グッズ販売店」なのね。

店に入るといきなり1人1個づつサルミアッキ(世界一まずい飴)をいただきました。

 

B_dsc_0039

店の中はグッズショップだが、店内展示は目を見張るものがあります。

触らせてもらいましたが、ペリスコープです。

あれよ、戦車の中から安全に外を確認するヤツ。

実物初めて触らせてもらったよ。これ、なかなか無い機会ですよ!

 

B_dsc_0057

磯前神社に行ったんですが、相変わらずすごい絵馬である。

工夫が凄い。

B_dsc_0066

馬鹿め!二度も騙されるか!の場所だそうです。しかも、推定らしい。(同じ雰囲気の場所がない為)言われないとわからんわ(笑)

B_dsc_0068

形勢逆転ですわ!

上記はローズヒップ縁石(大洗の景勝地)である。GoogleMapでローズヒップ縁石と検索するとこの場所が出てくる。熱烈なガルパニストはこの縁石をまるで某国の壁のように、この縁石に礼拝を欠かさないそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2019年1月 | トップページ | 2019年9月 »